2013.09.13

第二回目BCPセミナーのご案内

Kensetubcp2013banner01
 私が参画しているNPO主催のセミナーのお知らせです。
 今回で第二回目開催となるBCPセミナーは、前回(2012.9月)より踏み込んだお得情報をご用意しています。
 
■セミナー名:『建設スクエア北海道が考える、一歩先行くBCP ~今、求められる地域建設業の新戦略~』
■日時:平成25年10月18日(金)
13:30 ~ 17:00(13 時受付開始)
■場 所:札幌コンベンションセンター 104-108会議室
(札幌市白石区東札幌6 条1 丁目1-1)
TEL: 011-817-1010
■参加費:5,000 円(税込み)
■定 員:80 名
■CPDS :4 ユニット
■セミナー内容
 大地震、集中豪雨、火山噴火さらには感染症など企業活動がストップするリスクは常に身の回りに存在する。企業が緊急事態に遭遇した場合、いかに被害を最小限にとどめ早期復旧を可能とするには平常時の備え、文書化が必要となる。
 当セミナーでは、BCP(事業継続計画)の重要性や概略を改めて学ぶと同時に、建設業が地域社会の中で復興の中核的存在となって果たさらなければならない役割、具体的方法、そして経営戦略までを提案する。
■講 師:
第一部「建設業のBCP」
 阿部 裕樹 氏
  建設スクエア北海道 副理事長
  戦略経営ネットワーク協同組合理事
  北海道ITコーディネータ協議会会長
第二部「建設スクエア北海道が提案するBCP」
 佐々木 実 氏
  建設スクエア北海道 理事
  建設IT 職人組合クライス主宰
受付方法は、FAXとなっています。たくさんのご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.10

日射量データベースをご存知ですか?

 再生可能エネルギーとして、着々とインフラ整備が進められている太陽光発電施設ですが、建設立地条件として不可欠な日射量(日本国内の837地点・20年間)を公開しているデータベースが存在します。

 この日射量データベースは、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公開しており、先月下旬にこのデータベースが一新されました。

閲覧できるのは、以下のデータベース。

1.年間時別日射量データベース(METPV-11)
2.年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)
3.全国日射量マップ

 いずれもソフトウェアのインストール不要のWEB版で公開です。

 自分の地域の日射量を調べて、工事の創意工夫等にも使用できそうです。是非ともご覧ください。

 

NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)>日射量データベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.31

「今日の現場」で楽しく情報発信^^

 建設現場系のアプリで面白いアプリを見つけたので紹介します。

 今 日 の 現 場

 今日の現場


 ガテン系位置情報共有アプリという謳い文句が気に入りましたぜ。

ここで豆知識

 ガテン系とは、リクルート出版から出ている就職情報誌『ガテン』からきた言葉で、『ガテン』が対象としている土木・建築・ドライバー・メカニック・調理師など技術職や現業職及びそれらに従事する人を意味する(単に肉体労働者という意味で使われる場合もある)。

出典:日本語族語辞書

使い方

 Twitter、Facebook若しくはmixiのIDでログイン後、ハンドルネーム、職種、会社名を設定。

 職種設定画面


 ↑職種設定の画面です。

 作者の笑いの種(菅工事)が仕込んであるのが見受けられます(笑) 作者は、元総理に思い入れがあるのでしょうか? それとも某政党が、ガテン系の仕事を減らしたつらい想いからでしょうか?

 さて、あなたの属性情報を決定した後は、現場名を設定してその日の出来事、仕事を呟くようです。

 興味のあるガテン系の方、現場の生の声を呟いてみて下さい。きっと、菅さんも耳を傾けてくれるはずです(笑)

 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.19

Eye-Fi と Evernoteで写真共有

 今日は、デジタルカメラで撮影した画像をインターネットで共有する方法について書いてみます。

 デジタルカメラで撮影した画像を共有する仕組みは、多種ありますが、その中で、比較的設定しやすくさまざまなシーンで利用可能なEye-fiカードを使った画像共有について解説します。

【最初に。デジカメの互換性確認】
 まずは、大変恐縮ですが、ご所有のデジカメ(SDカードの使用カメラ)とEye-fiカードとの互換性をご確認下さい。    デジカメの互換確認
 メーカー毎にデジカメの互換性が確認できる

 お持ちのデジカメの互換性が確認できたら、ネットショップなどでEye-fiカードをお買い求め下さい。
 私は(下の写真の)Connect X2 4GB を使用していますが、画像共有が主たる目的なら、これで十分だと思います。 

          

【Eye-fiカード到着までに行うこと】
 今回は、Evernoteへの画像送信を解説するので、事前にEvernoteのインストールとアカウントを取得しておくと便利です。
 普通に使う分には無料です(プレミアムサービスは有料)。

 Evernote

 Evernote
 

【Eye-fiカード到着後に最初にすること アプリのダウンロード】
  Eye-fiカードが届いたら、付属のアダプターを使ってパソコンでカードの初期設定を行います。付属のUSBアダプターでEye-fiカードをパソコンに接続して、Eye-fiカードに記録されているアプリケーションをパソコンにインストールしましょう。
 今後、Eye-fiカードの設定は、このアプリケーションを使用して行うことになります。

 Eyefi
 Eye-fiカードとUSBアダプター(カードの設定に必要)

【アプリインストール後の作業 Eye-fiカードの初期設定】

 Eye-fiカードの初期設定は、概ね以下の項目です。

①Eye-fiカードを接続するWifiの設定Eye-fiカードを接続するWifiの設定

            ↓

②デジカメ撮影後の画像を送信するWEBサービスの設定
  (今回は、Evernoteを選択)
デジカメ撮影後の画像を送信するWEBサービスの設定

            ↓

③画像送信後の(メール)通知の設定画像送信後の(メール)通知の設定

            ↓

④その他必要に応じて、ダイレクトモードなどの設定などその他必要に応じて、ダイレクトモードなどの設定など

 とりあえず、①~③は、確実に設定しましょう。

 

【さて、撮影】
 Eye-fiカードの設定が終了したら、早速撮影してみましょう。
 デジカメに挿してあるSDカードを抜いて、代わりにEye-fiを挿入(挿入してもカメラの変化はありません)。

 被写体を2~3枚撮影してみましょう。 撮影後、しばらくデジカメの電源を入れておく必要があります(送信枚数が多いと時間がかかります)。 また、不用意なバッテリー消耗を防ぐため、デジカメの省電力モードを5分ほどに設定しておくとよいでしょう。

【送信画像の確認】
 送信画像の確認は、Evernoteを起動させるだけです。 写真が表示されていないなら、「同期」ボタンをクリックしましょう。また、初期設定時に登録したメルアド(パソコンメルアド、ケータイメルアド)へ、写真転送のメッセージが送信されるので、このメールが届いているとEvernoteへの画像が送信の確認になります。

 写真をアップしたEvernoteの画面
 写真をアップしたEvernoteの画面

 

【屋外での撮影時】
 屋外で撮影した際は、独自にwifi環境を準備する必要があります。 この際は、モバイルルータが必要です。 テレビでAKB48のともチンがCMしているイーモバイルのPocket Wifiなどが非常に有効な手段です。
 月額4千円以下で最大5台のWifi機器を同時接続できるので、iPad(wifi)、ノートパソコン、iPod touchなどのwifi機器を野外で使用することもできます。

【最後に】
 今回は、Eye-fiカードを使用した画像の共有方法を簡単に説明しましたが、Eye-fiカードとwifi環境を使用することで、高画質の画像データを短時間で共有、また、PCを介さずに遠隔地に送信することができ、非常に便利です(画像共有の際は、同一アカウントでEvernoteにログインする必要あり)。

【今後のトレンド】
 2012年3月5日にソニーから発売されるCyber-shot DSC-TX300Vに代表されるように、2012年のデジカメのトレンドは、wifi接続のデジカメです。しかし、Cyber-shot DSC-TX300Vは、インターネットへの接続機能は有してなく、一旦、パソコンやスマホにwifi転送してから、インターネット上にアップする仕様となっています。
 デジカメを選ばず(互換性の確認は必要)、ネット上に写真をアップロードできる魔法のSDカードEye-fiと無料WEBサービスを使った画像共有の仕組みは、工夫次第で用途が広がるはずです。
 是非ともお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.17

twitter、facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナーの紹介

 来る2月24日(金)午後、札幌コンベンションセンターで『建設業が光るソーシャルメディア活用術!』が開催されます。  サブタイトルは、「twitter、facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナー」。

 CPDS 4ユニット付き。 主催は、NPO法人 CALSスクエア北海道

 セミナーは、2本立て。

1.ソーシャルメディアと建設業(工事現場での活用方法)~facebookは建設業でも使える!

2.建設業が光るソーシャルメディア活用術

 各々の講師は、ITコーディネーターの阿部 裕樹氏と北海道建設新聞社 出版部/社内IT指導担当 葛尾 晋氏の両名です。

 両名の講師は、ソーシャルメディアの講師を数々歴任され、今回はターゲットを建設業に絞り、その活用方法と創意工夫について提案されます。

 申込みは、ここからダウンロードするチラシを北海道建設新聞社にFAXするだけ。受付後、FAXにて受付完了と振込先の返信があります。

 北海道内では、恐らく初めてとなる建設業向けのソーシャルメディアセミナー。この貴重な機会を逃すのは、もったいない!ぜひとも受講して下さい。

 建設業が光るソーシャルメディア活用術!』
 画像をクリックすると、PDFのチラシを表示します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.05.20

『総合評価対策 技術提案・創意工夫強化セミナー』開催のお知らせ

 NPO法人・CALSスクエア北海道では、6月25日(金)に、札幌市産業振興センターにて、総合評価入札対策「これからを生きる企業処世術ー技術提案・創意工夫強化セミナー」を開催することにいたしましたのでご案内いたします。

 本セミナーは、発注者が求めている施工計画作成術と、他社より一歩先んずる現場の創意工夫術を指導するもので、CPDS認定講習会です。(6ユニット)

 講師は建設情報化協議会の吉田信雄最高顧問です。吉田氏は日経コンストラクションにて「総合評価実践塾」を執筆する傍ら、全国各地できめ細かな指導方法で評価を得ています。今回も、1000事例を超える添削指導例をもとに、最近の発注者動向に即した技術提案術を伝授します。

 また、より実践的な現場のイメージアップや創意工夫方法を指導するのが建設IT職人組合KREIS(クライス)の佐々木実代表です。北海道内の建設会社で現場監督を長年務めてきた経歴を活かし、現場からの建設業改革を提案します。佐々木氏は、全国に多数の読者を有するインターネットのブログサイト「道路工事中につきご協力を…」の主宰でもあります。

 主催者である「CALSスクエア北海道」(略称・CSH)は、5月中にはNPO法人資格を取得する予定となっており、今後も北海道の建設業活性化に力を尽くしていく予定です。

 なお、セミナーの企画・運営には北海道建設新聞社が全面的に協力してくれることになっております。

 セミナー受付は21日より開始となります。受講希望者は、下記のリンクから電子メールにてお申し込みください。受講料は1万円(テキスト代込み)で、お申し込み受け付け後、テキストと受講票を代金引換郵便で発送いたします。発送は6月10日からの予定です。

 定員100人で先着順です。定員に達し次第締め切らせていただきますので、参加希望者はお早めにお申し込みください。

 

6/3現在 定員となりました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.17

覗き窓

 平成17年から始まった札幌駅前地下歩道工事。 現在は、地下歩道躯体の土木工事もほぼ完成し、来春の開通に向けて電気、機械設備工事が進められています。

 この地下歩道は、昭和40年代前半の札幌市営地下鉄南北線工事に伴って工事が計画されたのですが、地上の商店等との合意が至らず、地下鉄開通後約35年後の歳月を得た後、着工に至ったものです。

 P1010811  大通り駅地上部からさっぽろ駅を望む

 P1010801  地上部では、出入口の工事が進められている
 (撮影場所北3西3)

 Pict5959  地下歩道の模型(2007年3月撮影)

 さて、この地下歩道ですが、地下歩道南端にあたる地下鉄大通り駅に地下歩道の工事状況を覗くことができる「覗き窓」が設けられました。

 P1010813  大通り駅から覗けます

 覗き窓から中を覗くと、地下道のイメージパースを見ることもできます。

 P1010817  覗き窓から見えるイメージパース

 開通当日、大通り駅とさっぽろ駅の地下歩道入り口では、40年越しの夢を祝して祭典が開かれることでしょう。地下鉄さっぽろ駅と大通駅の空気が地下歩道を通じてめぐり合う日まで、あと1年。
 覗き窓からその日が近づくまでの過程を観察しましょう。

 P1010818  この先は、さっぽろ駅へと繋がる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.29

水際作業の安全対策

 水際での作業では、万が一の事故に備える緊急グッズが必要となります。

 通常は、オレンジ色のライフジャケットを着用しますが、動きづらくなるのも事実です。

 従来のライフジャケット

 緊急グッズを選ぶ際は、作業の支障具合も考えなければならず、大柄なライフジャケットよりも普段は小柄だが、いざという時は、役に立つ・・・。 そんな逸品を見つけました。

 自動膨張式ライフジャケットベルト式

 

 自動膨張式ライフジャケットベルト式は、腰に装着。
 いざという時は、水を感知し自動膨張します。 多種多様の土木作業にジャストマッチ。 創意工夫の一品としていかがでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.26

あのケロガードがテレビ初登場!

 先週帰宅すると、妻があるテレビ番組を録画していてくれました。その番組は、「どさんこワイド」という北海道内の情報ローカル番組です。

 建設会社勤務の旦那の欲する情報のポイントをしっかり押さえています。流石です(マジに感激しました)

 さて、番組の内容は、最近工事現場で見かける可愛いカエル(ケロガード)。そのカエルを調査しようというものです。

 R0014404
 どさんこワイド番組冒頭のシーン「ブーム到来?カエルを追え!」

 最初は、カエルをキーワードに街中の喫茶店や整体治療院を調査するが、的外れ。

 R0014407
 調査は、続く

 次にがま記念館という喫茶店に面している道路上にケロガードを発見。販売元や、全国での利用方法が紹介されました。

 R0014409
 販売会社での開発秘話

 さて、番組のオチは、今年は「国際カエル年」で、激減しているカエルなどの両生類に関心を持ってもらおうという世界的キャンペーンの年であるということ。12月のこの時期はすでに冬眠に入ったカエルですが、この機会に水辺の生物について関心を持ってみてはいかがでしょうか。

 R0014406
 国際カエル年のテロップ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008.11.26

便利な筆記具 「ダーマトグラフ」

 ダーマトグラフって、ご存知でしょうか?

 名前は聞いたことあるけど、なんだっけ??と思われる方も多いと思われます。

 ダーマトグラフは、油性の芯を紙で巻いてる鉛筆です。 芯が減ったら、糸で巻紙を切るシンプル構造ですが、今でも立派に現役を務めている筆記具なんですね。

 詳しくは、ここをご覧ください。

 さて、今日紹介するダーマトグラフの語源は、ギリシャ語でdermato=「皮膚の」、graph=「〜を書く(描く、記録する)」。 つまり、「皮膚に書けるもの」という意味だそうです。
 その語源のとおり、皮膚にも書けますし油性の特徴でガラスやプラスチックにも書くことができます。

 さらに、黄色は、マーカーペンとしても利用可能です。 今であれば、蛍光ペンがその役割を果たしていますが、たとえば辞書のような薄い紙。 マーカーペンだと裏写りしてしまいます。 しかしダーマトグラフなら、裏写りは皆無。 非常に便利な筆記具です。

 この機会に、ダーマトグラフでマーキングをしてみませんか? きっとおしゃれに映るはずです。

 R0013792
 ダーマトグラフと辞書

 R0013791
 このようにマーキングに大変重宝します(裏写りなし)

| | コメント (4) | トラックバック (0)