2012.06.14

コンパネ!KensestsuPlazaブログ

お久しぶりです。

先月、一般財団法人 経済調査会 様から私のもとに執筆のオファーがありました。

コンパネ!KensestsuPlazaブログ
http://www.kensetsu-plaza.com/conpane/

経済調査会 コンパネ! TOP
経済調査会 コンパネ! TOP

 再来週頃、掲載される予定です。内容は、総合評価落札方式とぷちITを絡ませた内容です。でも、あまり期待しないでお読みくださいね。

では(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.16

「おだづなよ」が届きました

 今シーズンからランニングを始めた私の下へ、一通の荷物が届きました。

 荷物は、衣類。さらに送り主(尊敬する建設ブロガー)から、品物のおおよそ察しがついたはずですが、荷物は想像以上の嬉しく・素晴らしく・心のこもっているものでした。

 手紙には、こう書かれています(少し紹介させていただきます)。

 だいひまじん様

 涼しいと言われている札幌ですが、さすがに暑い日が続いていることと思います。  

 (中略)

 今度の日曜日にこのTシャツを着て、仲間たちを走る予定です。

 (Tシャツの文字の)「おだづ」は「ふざける」という意味です。ですから、「おだずなよ」は「ふざけるなよ」ということです。

 走る仲間の一人に気仙沼出身の方がおり、Tシャツの販売をしております。

 通常は綿の素材ですが、走るということで、機能性素材での特注になりました。そこで、一枚多く注文して、だいひまじんさんに贈る次第です。
 8月のニトリファミリーマラソンでは、二人でこの格好で走ればと思っています。

 では、暑い日が続きますが、お互いに体調に留意して8月末に会いましょう。

  

P1040792
    バックプリント

 

  P1040793


 ということで、感謝感謝です。
 現在、膝痛で走る頻度が減っていますが、無理のないように膝を養生しながら、8月には二人揃ってゴールインしたいです。

 このTシャツにたくさんの汗を染み込ませてゴールインします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.10

建設会社で働いている平凡な会社員

 私たち建設関連の仕事に就いているブロガーの集団「建設ブロガーの会」

 メンバーは十数名に及んでいますが、今日は、最近「建設ブロガーの会」に仲間入りした新米建ブロを紹介します。

 「建設会社で働いている平凡な会社員」 (管理人yasumi-さん)

 彼は、道東が拠点の建設会社に勤務している土木技術者です。主に農業土木に従事しているようで、ブログの記事からもその様子が手に取るように分かります。これからも平凡な記事を欠かさず書き続けるよう応援したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.28

2009年 私の選んだ建設流行語大賞

 今日が、仕事納めという方が多いと思います。
 自分も大そうじは、26日に終わらせているので、今日は溜まっている仕事を年明けに繰り越さないよう、少しでも仕事を終わらせる予定です。

 さて、建設ブロガーの会統一テーマとして設定している今日のタイトルですが、自分が選んだ建設流行語大賞は、

    設計変更仕分け

 12月上旬のある日、北海道開発局の工事を担当している札幌周辺の現場代理人を集めて、ある講座が開催されました。 2時間半程度の講座の主な内容は、設計変更に関すること。 すなわち、「設計変更ガイドライン(案)」に基づき、設計変更で計上できるできないの仕分けについて説明が行われました。

 今回の講座に基づいた設計変更仕分けが、来年1月に、発注事務所で行われます。 予め、発注者が用意した雛形に、設計変更内容と請負者が積算した変更金額をもって、設計変更の可否について協議するものです。
 ただし、設計変更対象の前提となるためには、「打合せ簿」による事前協議結果の提示が不可欠となっています。 つまり、請負者が、監督員の承諾を得ずに勝手に実施した内容は、設計変更対象となりません。

 来年実施される設計変更仕分け協議の効果は未知数ですが、設計変更で見れる見れないが、その理由を含めて明確になることは、意義はあると思います(社長を同行させても良いことになっているらしい)

 落札率が90%を下回る中で、サービス工事は根絶しなければなりません。先般、政府が実施した事業仕分けの会場で鳴り響いた怒声が出ることはないでしょうが(笑)、きちんとしたジャッジが行われることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.12.01

5th Anniversary

 本日12月1日は、「CALS斬りっ!」開設日です。 2004年(平成16年)に産声をあげた当ブログは、企業内個人としてのスタンスで、5年間、情報と戯言を発信してきました。

 「CALS斬りっ!」データ

・いつもご贔屓ありがとうございます アクセス数 約20万3千件

・今まで垂れた戯言(記事)数 718件

・皆さんからいただいたお言葉 コメント数 944件

・冷やかしありがとうございます トラックバック数 167件

 ところで、今回、「CALS斬りっ!」へのリンク元を調べていたところ、思わぬところからのリンクを発見しました。 リンクありがとうございますhappy01

出建協会Blog(出雲市建設業協会のブログ)
 なんと、神の国のお膝元にある建協からのリンクですdelicious お取り上げ頂きありがとうございます。

Photo

建設ITガイド
 昨年、デジカメのレビューを執筆させていただきました。

イエイリ建設ITガイド(日経BP社)
 建設IT系ナンバーワンサイトでも紹介されています。 こちらのサイトでは、幾度となく取り上げていただき感謝です。

It

建設総合案内(JACIC)
 ここからのリンクに気づいたのは、2006年4月です。 前述のイエイリ建設ITガイド(日経BP社)さんのリンクと合わせて、メジャーサイト2冠王に輝きました(笑)

 

 読者の皆さんご存知のとおり、建設業は、淘汰の時代を迎えています。 公共工事の受注にあたっては、総合評価という、品質確保を前提とした篩にかけられています。 品質とコストの両立を図らなければなりません。 自分が勤務している会社も、荒波にもまれています。
 しかし、今こそ、建設業界の良き点、由々しき点を客観的に解釈して、次のステージに向わなければならないと思います。 来年も再来年もこのブログで、戯言が語れるよう、これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.01.02

建ブロの日 【初夢】

 今日は、2009年最初の建ブロの日になります。
 
いつもは、ぞろ目日の建ブロの日ですが、昨日は元旦なので2日(内緒ですが、自分の誕生日です)にスライドしました。
 さて、今月のテーマ【初夢】ですが、皆さんはいい夢を見られましたか?
 初夢に見ると縁起が良いものとしては、「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび)」があげられます。Wikipediaによると、この3つの組み合わせは、江戸時代初期にはすでにあったそうです。
 それら諸説の中には、、徳川家縁の地である駿河国での高いものの順という説があります。富士山、愛山、初物のなすの値段というのが、その理由。
 さて、地元札幌には、激盛で有名なスパゲティー屋さんがあります。
 その名は、『ビバ!スパゲティー富士山(フジヤマ)』
 今日のお題にピッタリの店名です。鷹の爪と茄子が入ったスパがあれば表彰台独占のお店です。
 この日は、偶然にも大感謝祭 全品半額!!。 店に入ると、半額というとこともあり、かなりの混雑具合。
 R0014427
 さて、この日は、ここの看板メニュー?の「サクラ」を注文。同時に入店した男性2名は、いずれもフジヤマサイズを注文。初心者の自分は、少し遠慮して、ジャンボサイズを注文。
スパ麺のグラム量
 ・レギュラー 360g
 ・ジャンボ 480g
 ・フジヤマ 550g
 ・モンブラン 650g
 ・キリマンジャロ 770g
 ・チョモランマ 1,000g 
 R0014425 
 店内のメニューは、フジヤマまでしか書かれていない。チョモランマの値段が気になる。
 R0014421 
 「サクラ」ジャンボサイズ
 上の写真は、自分が注文したジャンボサイズですが、隣の客が注文したフジヤマと大差ないように見えます。でも、スパ麺は、一品毎に秤で計量しているので、それなりの量はあるんでしょうね。
 
 R0014423 
 店内では、コック二人が調理に忙しそう
 さて、ここのお店は、大盛店にありがちな雑さを感じさせません。雑よりも、お客に対する心配りの数々に感動します。 その一例として、店内の壁には、このような社訓が書かれています。



【社 訓】
1.フライパンはプレヒート!! 1.具材は、豪快に!! 1.盛り付けは、大胆に!! 1.極熱極冷でご提供!! ・お気軽にお申し付け下さい!!  お水が欲しい  苦手な具材がある ・割り箸、スプーンが欲しい ・おしぼりが欲しい ・テイクアウトにタバスコを付けて欲しい ・小松菜を抜いて欲しい ・カレーにキムチを乗せないで欲しい ・しいたけを抜いて欲しい ・薄味、濃味にして欲しい
 

店長の心配りがふさわしいフジヤマは、初夢のチャンピオンということを、ここのお店で実感した次第です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008.12.12

建ブロの日 【私が選ぶ投稿大賞】

 2008年師走も半ば。 今年最後の建ブロの日を迎えました。

 12月のテーマは、【私が選ぶ投稿大賞】

 今年一年の投稿を振り返り、自分が一番感銘を受けた投稿大賞を選ぶ企画です。

 さて、今年の出来事として印象深いのは、
・原油価格の暴騰
・中国製ギョーザに農薬混入
・東京・秋葉原で無差別殺傷事件
・リーマン・ブラザーズ破綻と世界同時株安
・北京オリンピックでのなんちゃって花火

が、挙げられます。

 さて、地元北海道に目を移すと、北海道洞爺湖サミットが、今年最大の出来事でしょう。
 5月上旬ころから、日本中の警察官が札幌と洞爺湖周辺に集結。 7月のサミット終了まで、世界で一番安全な地域となりました。

 街中、四方八方警察乱舞的状態は、この時期撮影されたグーグルストリートビューにも克明に記録されていますeye

 初夏の北海道庁付近(パトカーが写っている)
大きな地図で見る

 さて、前書きが長くなりましたが、【私が選ぶ投稿大賞】は、

 「1周年企画 みんなで止めよう温暖化」

 この日(6月6日)の一斉投稿は、建設ブロガー含めてなんと25のサイトが参加!

 多くの方々に賛同を得られました。

 京都議定書第1拘束期間初年の2008年。 建ブロの総合力による正鵠を得たプロジェクトと自負できます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.11.11

【建ブロの日】私の寒さ対策

 今は、もっぱらデスクワークでぬくぬくと仕事をしている自分ですが、この業界に足を突っ込んだ昭和60年代(の若い頃)は、標高800m超の観光地で道路改修工事を担当していました。

 驚くことに、北海道の標高800mの工事現場では、夏でも長袖でOKです。 暑がりの自分には最適の現場でしたが、夏が快適な反面、冬は超極寒になります。 10月上旬の早朝には、すでに路面が微凍結状態!そんな場所ですから、冬期間は、非日常的なことが起こります。

・電卓が表示されない!
 胸ポケットで温めておかないと、液晶が表示されませんng

・シャープペンシルが凍る!
 測量の時に、ついシャープペンシルの芯先を口でくわえることってありませんか?ここではそれは厳禁です。芯先が唾で凍って芯が出なくなりますdash

・鉄に手袋がくっつく!
 軍手または皮手袋でH鋼に触れると、くっついてしまう(冷凍室の金属部分に触れると手がくっつく感覚です)shock

・車の内窓が、息で凍る
 超極冷えの車内では、息でガラスが凍ります。曇るんではなく、凍りつくんです penguinpenguin

 このような極寒現場では、普通の防寒用具は役立ちません。 特に手先を保護する手袋は、厚手の皮手袋やスキー手袋など、いろいろなものを試しましたが、試行錯誤の結果たどり着いたのが、

 ダイローブ手袋

 ダイローブの防寒手袋
 今でも愛用のダイローブの防寒手袋 (昭和63年購入)

 これを買ってからは、手先の寒さとはオサラバ lovely 手に履いたとたん、手袋が温いんですよ。指先は、太いので細かい作業は無理ですが、二重構造で、ホントに暖かい手袋です。

 二重構造
 二重構造が温かさの秘訣 (汚れが愛用品の証拠)

 極寒の地での現場から20年。 今でも愛用しています。 特に冬の洗車には、大変重宝しています。

 寒さ知らずのダイローブ手袋

 千歳市から札幌市内に向かう国道36号沿いにある、ダイローブ手袋の巨大看板も目を引きます。

大きな地図で見る

 工事現場以外にも、除雪などの日常作業にもお勧めの逸品です。
 最後に仕事以外の寒さ対策は、温泉。 これについては、たぶんspaこの方spaが詳しく書かれていると思います(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.10.31

「○○ポコ」で表彰・・・?? その2

 その1を書いてから早くも1週間が過ぎました。 今日は、その続きでが、惜しくも最終回となるのでご容赦ください。

 さて、昨年の講義が好評だったこの方は、今年7月に同大学の臨時講師としてソロデビュー。 今度は、積寒地舗装の講義です。 「建設施工 リアル・プロセス」と銘打った90分の講義は、科目の舗装構造に関する内容はたったの5分ほど。 その他の時間は、土木工事のリアルな楽しさを学生さんに熱く語るひと時となりました。

 土木工事は会社経営のために行う一方、私たちエンジニアは、工事で出来上がった道路や橋を生活の一部として使われるユーザーへの配慮を第一に考えて仕事をしなければなりません。
 つまり、完成後はもとより、工事中にあっても地域との連携は重要なことです。 さらに工事を行う際には、多くの法令を順守しなければなりません。 交通渋滞も最小限になるよう工夫しなければなりません。 また、昨今は環境保護や、二酸化炭素の排出への配慮について、先進国を中心に求められています。

 今回の講義タイトル「建設施工 リアル・プロセス」は、このような難題への克服を、ユーモアな地域密着を方針に実践された内容について、これからの土木エンジニアの使命として熱く語られました。 センスとユニークさとその仕事への情熱は、工事中また工事完了後の住民から大きな感謝を受けました。

 さて今年、この方が担当した工事が、ある発注者から表彰されました。それは、遠くから応援していた自分にも喜ばしいことです。

 ここで、話はその1に戻りますが、先日、自分に臨時講師を依頼された教授に、「〇〇〇さんの工事が表彰された。」ことをお伝えさせていただきました。
 60歳過ぎの教授からレスポンス良く返された言葉が、「「○○ポコで表彰かい!」でした(笑)  自分は整然と受話器に向かって、「そのようです。」と返答させていただきました。 教授も多いに納得されていた様子です。

 実はこの方は、講義の序盤に幼少時の写真をパワーポイントに忍ばせていたのでした。 それが、学生さんとのパイプとなり、講義の最後まで学生さんを惹きつけました。その写真はここでお見せすることはできませんが、なかなかの形状であったことを、最後にご報告させていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.25

ノベルティグッズとは

 贔屓のチームが敗戦したその夜、ある建設ブロガーさんの現場を見学に行きました。

 そこで、いただいたものが、これです↓↓↓

 R0013619

 R0013620

 聞くところによると、なんと自作ノベルティ heart02

 忙しい時間を割いてのまめな手作業に頭が下がります.

 (低入札防止の)お守り代わりに、工事積算ソフトのUSBキーに付けさせていただきます(笑)

 ところで、ノベルティとは、「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指します。

 ただし原義は「珍しい事象や物」ということらしいです。

 非常に珍しいものありがとうございました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧