2015.03.19

北海道建設新聞社が、 安全標語を募集!

第34回建設安全標語コンクール~安全は私たちの願い~

■〆切 4月3日(金)(3日付消印有効)

■発表 2015年4月中旬を予定

■賞金...
最優秀作 1点 賞金5万円
優秀作 2点 賞金各3万円

2015年4月中旬に紙面とWeb上で最優秀作・優秀作作品、最優秀・優 秀入賞者を発表します。入賞作品は安全ポスターとして印刷し、5月に読者に配布します。

※入選・佳作入賞者の氏名、所属会社名、住所(市町村)を公表します。
※入選・佳作入賞者にはご本人に直接通知します。

●標語の字数は25字以内(厳守)とし、形式は自由ですが、創作であって他に入選した作品でないものに限ります。

●作品は、はがきか電子メール、ファクスで。住所、氏名、所属会社名、会社所在地を記入してください。

【応募方法】(会社名、住所、名前もご記入ください)

●郵便
〒060 ‐8790 
 札幌中央郵便局 郵便私書箱第188号 安全標語係

●専用 FAX
 011( 621) 2913

●メール
 anzen@kensin.jp 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.07

「土木遺産ビデオ上映会」のお知らせ【無料・札幌】

私が活動しているNPO法人主催の映画鑑賞会のお知らせです。
【上映会概要】
日時:平成26年5月10日(土)14:00~16:00
会場:札幌市北区北10条西3丁目(瑞宝社の近くの某所)
料金:無料
CPDS:2UNIT(予定)
主催:NPO法人 建設スクエア北海道

【上映タイトル】
作品1「夕張川」 約45分
作品2「人間力で築いた土木資産」 約60分


【作品の紹介】
「夕張川」 
 江別・長沼など石狩平野の治水事業を行い、後に土木学会選奨土木遺産となる夕張川新水路を造った人達の話です。

「人間力で築いた土木資産」
 中山峠、千歳ー札幌間の弾丸道路、白鳥大橋を紹介しています。技術者魂がよくわかる作品です。

【応募方法】
・当ブログのコメントに参加する旨の記載をお願いします。
・フェイスブックのNPO法人 建設スクエア北海道のページでも申し込み可能です(コメントに記載してください)
・会場等詳細は、ご本人様と直接連絡(メール等で)を取らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.13

第二回目BCPセミナーのご案内

Kensetubcp2013banner01
 私が参画しているNPO主催のセミナーのお知らせです。
 今回で第二回目開催となるBCPセミナーは、前回(2012.9月)より踏み込んだお得情報をご用意しています。
 
■セミナー名:『建設スクエア北海道が考える、一歩先行くBCP ~今、求められる地域建設業の新戦略~』
■日時:平成25年10月18日(金)
13:30 ~ 17:00(13 時受付開始)
■場 所:札幌コンベンションセンター 104-108会議室
(札幌市白石区東札幌6 条1 丁目1-1)
TEL: 011-817-1010
■参加費:5,000 円(税込み)
■定 員:80 名
■CPDS :4 ユニット
■セミナー内容
 大地震、集中豪雨、火山噴火さらには感染症など企業活動がストップするリスクは常に身の回りに存在する。企業が緊急事態に遭遇した場合、いかに被害を最小限にとどめ早期復旧を可能とするには平常時の備え、文書化が必要となる。
 当セミナーでは、BCP(事業継続計画)の重要性や概略を改めて学ぶと同時に、建設業が地域社会の中で復興の中核的存在となって果たさらなければならない役割、具体的方法、そして経営戦略までを提案する。
■講 師:
第一部「建設業のBCP」
 阿部 裕樹 氏
  建設スクエア北海道 副理事長
  戦略経営ネットワーク協同組合理事
  北海道ITコーディネータ協議会会長
第二部「建設スクエア北海道が提案するBCP」
 佐々木 実 氏
  建設スクエア北海道 理事
  建設IT 職人組合クライス主宰
受付方法は、FAXとなっています。たくさんのご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.01

平成25年度公共工事設計労務単価が発表されました

 先週金曜日(平成25年3月29日)、例年より3日遅れで来年度の労務単価が発表されました。
 北海道の設計労務単価は、平成12年度から下落し続けていましたが、ここにきて一気に回復基調です。
 普通作業員で15.5%の大幅増。他の職種も概ね15%以上、土木関係の最大上昇は、ブロック工の20.4%増となっています。

▼平成25年度
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000354.html

 しかし、下落が始まった平成12年度のレベルまで回復していないのが現状です。
▼平成12年度
http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/chojou/tanka.html

労務単価対比表

 今回の労務単価の決定にあたっては、政治判断があったと推測せざるを得ません。今回の単価上昇は景気回復に一定の効果をもたらすでしょうが、建設労働者の生活環境はまだまだ厳しい水準にあります。

 次に願うは、落札率の回復です。
 現在の最低基準価格では、一般管理費を捻出できません(一般管理費の30%が最低基準価格となっている)。今後は、落札率の回復を願い、建設市場の活気が、個人経営を含む市場経済に元気を与えてくれることを切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.24

平成25年度 設計業務委託等技術者単価 が公表されました

 平成25年度 設計業務委託等技術者単価について公表がありましたのでお知らせします。

 平成24年度は、測量技師補・測量助手・整備士の3職種が上昇する一方、設計業務では、全ての職種で減少しました。

 平成25年度は全19職種のうち、10職種で前年度を上回りました。その内、設計業務では、技師(A)、技師(B)、技師(C)の3職種が増額(0.6~1.9%)になりました。

 測量も測量技師を除いて、横ばいか微増。ようやく設計労務単価のデフレも一息ついたようです。これからは、アベノミックスに便乗して、最低2%の労務費上昇を望みたいですね。

 測量業務、航空関係、地質業務を含む単価詳細および平成21年からの単価は、下記のリンク(国交省 技術調査関係)でご確認下さい。

 平成25年度 設計業務委託等技術者単価

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.12

CORINSとTECRISの登録方法が、一部改良されたよ

 11月6日にCORINSとTECRISの登録方法が、一部改良されました。
改良されたのは、以下の4項目。
1.竣工完了登録の催促
2.設計書コードのチェック
3.登録内容確認手順の変更
4.技術者二重登録の防止と解消
図1 改良内容
図1 4項目の改良内容
 今日はこの中から、監督(調査)職員への登録内容確認手順の方法について説明します。

 これまでは、「確認についてのお願い」のPDFをメールソフトなので送信するなどして、監督(調査)職員に知らせていましたが、新たなシステムでは、CORINS・TECRISシステムで直接、監督(調査)職員へのメール送信の有無を選択できるようになりました。

 図2のCORINS・TECRISシステム画面を見ていただきたいが、今回追加されたメール送信の承諾に[有り]にチェックすると、監督(調査)職員へCORINS・TECRISシステムから確認の通知メールを自動送信される仕組みのようです。
図2 CORINSTECRIS改良画面
図2 例 TECRIS改良画面(メール送信 有無)
※筆者が登録画面に赤枠・赤字で変更箇所を明示
図3 登録内容確認の流れ(新旧比較)
図3 登録内容確認の流れ(新旧比較)
 なお、今回改良された内容については、JACICのCORINS・TECRISサイトで確認いただけるとよろしいでしょう。
上記、掲載図1~3は、CORINS・TECRISサイトから出展

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.27

BCPセミナーのご紹介

みなさん。ご無沙汰しておりました。

今日は、BCPセミナー(9月28日 開催地:札幌市)の紹介です。

 東日本大震災を境に国内でも事業継続計画(BCP)への関心が急速に高まってきています。

 関東地方整備局を始め国土交通省でもBCPの導入を勧めており、総合評価落札方式の加点ポイントとなる認定制度の動きが全国的で広がってきています。この動向を踏まえ、本セミナーでは地域建設企業の経営戦略として必要なBCPの基礎知識の習得と建設業界ならでは特徴について理解することができます。

 

 セミナーの主催は、NPO法人CALSスクエア北海道。当日は、被災地の建設会社の方を招いての貴重な講演も用意されています。
 多くの方の参加をよろしくお願いします。

申し込み用紙は、こちら

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.19

施工パッケージ型積算方式の情報サイト

 国交省が10月から始める「施工パッケージ型積算方式」(以下、施工パッケージ型)ですが、従来の「ユニットプライス型積算方式」(以下、ユニプラ型)とは似て非なる積算システムです。

 「ユニプラ型」の単価は、直接工事費のほか共通仮設費と現場管理費の一部が計上されているのに比べ、「施工パッケージ型」は直接工事費のみの構成となっています。

 一番の特徴は、「施工パッケージ型」の地方毎の単価決定は、東京の標準単価を基礎単価と定め、運用する地方の機会単価、労務単価、材料単価を基に補正することです。

 「施工パッケージ型」の運用について、JACICのサイトでは掴み部分を、経済調査会では詳しい資料が掲載されているのでそちらで確認されることをお勧めします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.04.03

情報化施工で従来の締固め密度管理を省略

 今日紹介する記事は、土臭い業界人は興味をそそるでしょうが、一般の方、例えば、デジカメやB級グルメの情報収集が目的で当サイトへお越しの方には、まったくもって面白くない記事なので、その辺ご容赦下さい(笑)

 さて、国交省によると、TSGNSSによる締め固め管理技術とTS出来形管理技術の一般化を図るため、施工管理要領の見直しと監督・検査要領を新たに作成した模様。

 具体的には、TS・GNSSによる締め固め管理技術は、締め固め密度計測を不用とし、これにより施工者の負担を軽減するとのこと。

 一般的な締め固め管理は、砂置換法またはRI法によるところだが、これら従来の品質必管理方法を不用とするとともに、監督・検査職員に提出する書類を明確化。
 また、監督員が実施する工事基準点や測定結果についての「確認」行為を「把握」に変更する。

 詳細は、今後公表される国交省の要領などをしっかりと確認しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.29

平成24年度公共工事設計労務単価が発表されました

 今週月曜日(平成24年3月26日)に来年度の労務単価が発表されました。

 北海道の設計労務単価は、平成12年度から下落し続けていましたが、ここにきて一旦小康状態になったようです。 これは、東日本大震災後の東北の労務単価に引き上げられたと考えられるかもしれません。

 しかし、北海道の普通作業員の単価11,000円は全国最低レベル。 最高値の神奈川県の14,400円と比較すると3,400円の差。 月額(25日)積算すると85,000円の開きがあります。 雇用する企業としては、一定レベルの生活を確保する義務があると考えます。そのためにも労務単価の大幅なアップを期待しますが、なかなか難しいのでしょうね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧