2012.12.14

日ハムの資料

今週月曜のブログに書いた大谷君の英断。

大谷君の心を動かした北海道日本ハムファイターズは、大谷君を日本球界に導くための資料を9月から準備していました。今回の入団に際し、花巻東高校に入団させないように働きかけた球団は、日ハムのような努力を行ったのだろうか?批判をするなら、まずは努力すれ!と言いたい。

さて、若年期における海外進出について客観的にまとめあげられた「夢への道しるべ」が、話題に上がっていますが、他球団からも公表を求められているとのこと。

Photo

           表紙

この資料は、若年層の日本球界離れを防止するためにも非常に有意義なものと考えられます。

資料では、日本球界で基礎を身につけてからの海外移籍の方が、長い期間トップクラスで活躍できることが非常にわかりやすくまとめられています。皆さんも一度ご覧になってはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.10

大谷選手の英断

日ハムの情と理の交渉が実る。
昨日の道新からいただきました。

道新によると、高校に対して日ハムへ入団しないよう働きかけた球団もあるとのこと。それは、ドラフト指名を回避した判断の誤りを逃れる稚拙な行為だ。

もともと、大谷投手は日ハムに好印象を抱いていたことから、彼にとっても最良の選択と断言して良いでしょう。

日ハムは、清潔なチームカラーです。早くファンの心を掴めるように一軍へ上がり、信頼を掴み取って欲しいと思うのは、日ハムぜんいの総意だと思います。
新たなイメージの背番号11を見るのが、とても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.25

パリーグテレビの楽しみ方 その3(最終回)

 前回は、Apple TVを使用したAirPlayでの大型テレビ視聴について紹介しました。

 最終回の今日は、カーナビを利用した楽しみ方について紹介します。

 一番簡単な方法は、カーナビのディスプレイにシリコンケースに入れたiPod touchを載せるスタイルでの視聴です。しかし、これではバックの際のリアカメラの映像が見られませんし、路面の振動により落下する可能性もあります^^;

 

 そこで、試しにパイオニア製楽ナビ(2008年モデル)のiPod用アダプターケーブルにiPod touchを接続してみました。すると、iPod touchの画面が、カーナビ側に切り替わると同時に、パ・リーグテレビが映りました。画質はワンセグ程度ですが、地上波で放映されていない野球中継をカーナビで観られるのは格別な味いです。

  Img_0640
     カーナビにiPod touchの画像を表示

 iPod touchの他、iPhoneでも可能と思われるので、ドライブの片時もファイターズの試合が気になる方には、是非ともおすすめしたい裏ワザです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.19

パリーグテレビの楽しみ方 その2

 前回は、デバイスを使った視聴方法に触れましたが、今日は、大画面テレビ、そう、お茶の間のテレビを使った視聴方法を紹介します。

 Img_2636
iPod touchで視聴の画面(画面キャプチャーによる)

 前回ご紹介したように私の所有しているデバイスは、初代iPadとiPodtouch(2010年モデル)です。

 大画面TVでの視聴には、上記デバイスのほかwifi環境とApple TV(¥8,800)が必要となります。

 大画面TVでの視聴方法は、非常に簡単です。パ・リーグTVの視聴時にデバイスに(Apple TVとwifiが接続されている)表示方法を切り替えアイコンでApple TVを選択するだけ。 これだけで、お茶の間大画面のTVで視聴できます。 いわゆるAirPlayでの視聴です。

 Img_2690
     Apple TV(AirPlay)への切り替え状況

 ただし、圧縮ファイルのため、画像の差分が大きいテレビカメラの切替時は、ブロックノイズが発生しますが、月額980円の格安料金なので、多少は目をつぶりましょう。それよりも、裏番組を録画しながら野球中継を見られる便利さに軍配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.17

パリーグテレビの楽しみ方 その1

 パ・リーグテレビは、パ・リーグ所属チームが主催する全試合を視聴できるインターネットを利用したプロ野球視聴サービスです。

 視聴するためのデバイスは、パソコン、スマートフォン、タブレットとなります。当然ですが、いずれもインターネットと接続できる状態が必要です。

 さて、私の場合、初代iPadとiPodtouchでの視聴が主になります。自宅外では、これらデバイスに4GのpocketWifiを接続しています。4Gといってもほとんどが3MBbps程度の速度しか出ていませんが、ストリーミング速度に支障ありません。

 なお、月額料金は1,500円となっていますが、パリーグチームのファンクラブに加入していれば、な・な・なんと、たったの980円。 スカパーより断然安い!

 さらに、VOD(ビデオ・オン・デマンド)で、過去映像の視聴が可能。自宅での録画忘れも心配不要です。

 さて、次回は、パリーグテレビの一味違った視聴方法をご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

賢介選手

 日ハムの選手会長田中賢介内野手が、二塁スライディングの際に骨折。今シーズン絶望的となりました。

 このさびしい期間、賢介コールをしたくてうずいているファンを慰めてくれるサイトを見つけました。選手の表情特徴も良く描かれていて、ファイターズファンにはたまりません。癒し系のこのサイトオススメですgood

 Heart Beat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.14

一昨日の試合

 札幌ドーム初のジェット風船、最高に楽しかった。そして、落下した風船は、ほとんどのファンが自主回収。 きっと、自宅で楽しむでしょう。

 昨日のジェット試し打ちの結果(テストランを兼ねていると思うんだけど)、ドーム可動席への影響が問題のない範疇なら、年に数回企画してくれれば嬉しいね。

 できれば、風船のカラーは、白や金色の華やかな色がイイかな。

 ということで、オリンパス工事用カメラ「工一郎」で札幌ドームのパノラマ写真を撮影してみました。 このカメラは、カメラ内でパノラマ写真を自動合成できるので、工事の発注者との協議で了解が得られれば、工事現場全景の写真を撮影するのがとても便利なカメラです。 ←オススメgood

 あっ、肝心の試合結果は、豊富力の勝越しHRでハムの勝利でした。

 Tn120467
 オリンパス工事用カメラ「工一郎」パノラマ撮影使用

 Tn120469


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.12

一日限りのジェット風船解禁

 札幌ドームは、バックスクリーンの座席が可動方式になっており、可動部分保護のため、ジェット風船はNGとなっています。

 しかし、本日(6/12)の日ハムVS横浜戦では、一日限りのジェット風船解禁デー。これは、選手考案による企画とのこと。球団では、今宵限りのイベントに向けて、来場者にジェット風船とエアポンプを配布するとのこと。

 今回の一夜限りのジェット風船による可動部への影響が確認されなかった場合、通年ジェットOKとなるかが、ハム党にとって気になるところです。
 どちらかというと、電飾系の演出に乏しい札幌ドームに(私的には、甲子園や千葉マリンのようなオーロラリボンの設置を希望)、ファイターズカラーの風船が舞い上がるのは、視覚的にもファンのお楽しみとしてもアリです。

 私が甲子園球場で目にしたジェット風船の木。これを見れば、札幌ドームがジェット風船禁止なのも十分理解できますが、是非とも通年化できる工夫をしていただければありがたいのですが・・・。

P1020297
甲子園球場に花咲くジェット風船

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.01.25

2011パ・リーグ公式戦の試合時間が発表されました

 来週から春季キャンプのプロ野球。

 今日は、北海道日本ハムファイターズ主催試合を含むパ・リーグの試合時間が発表されました。2月1日のキャンプインまで、5日。大物ルーキーの当たり年となるか?

 非常に楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.10

感動一杯 斎藤祐樹

 昨日の夕方、斎藤祐樹投手の入団発表が行われた。札幌ドームを無料開放しての発表は、小雪舞う中、八千人の道民が押し寄せた。一番乗りのお客さんは午前4時という骨太の日ハムファンと想像できる。

 さて、この模様を帰宅して録画で見ることになったのだが、驚いたのが、冒頭口に出した2006年夏の甲子園の決勝戦のこと。斎藤選手にとっては、北海道を本拠地とする日ハムに入団するにあたり、道民が抱いているかもしれない蟠りを整理したいという気持ちの表れなのは、間違いないだろう。それにしても、挨拶冒頭にこのことを切り出す勇気とハートの熱さを誰もが感じたことだろう。

 「持っている」のキーワードと笑いの中進行した記者会見もいよいよ大詰め。ユニフォームのお披露目である。背中に背負ったエース番号がとてもよくお似合いで、高校野球から縁があった北海道にとって、待ちに待った新星の登場と言えるだろう。なんとなく、目頭が熱くなった道民は私だけではないはず。この感動は、どこから生れたのだろう?まさしく、運命的な出会いである。

 華のある斎藤選手の満面の笑みが、道内179の市町村の隅々まで降り注いだ12月9日は、北海道元気印記念日として記憶に残る日となった。

 ちなみに、気になる昨晩の夕食。
 きっとジンギスカンではないかと勝手に想像している今日のランチタイムでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧