2012.12.03

ミシュラン北海道をWEBサイトで見る方法

 先週、仕事で立ち寄った南幌町。人口8千人ほどの農村地域ですが、ここには、「ミシュランガイド北海道2012特別版」のピブグルマンに認定されたラーメン屋さんがあります。

ピブグルマン
お店の玄関にピブグルマンの表記

ピブグルマンとは、
 コストパフォーマンスの高い食事を提供する、星は付かないお店の中でも特に調査員のおすすめのレストランを表します。「ミシュランガイド北海道2012特別版」では、3500円以下で食事のできるお店が121件紹介されています。

 さて、一時、入手困難だった同誌もその後は、入手しやすくなったのか?不明ですが、北海道の旅行ついでに立ち寄りたい方は、WEBで見ることができます。

一つ目は、こちらの公式サイト
http://michelinguide.gnavi.co.jp/home.html
しかし、月額210円の会費が必要です。

Michelin_guide_hokkaido_2012_2


無料なのは、こちら
http://pr.gnavi.co.jp/prt/redguide-hokkaido-2012/en/index.php
但し、英語表記なので敷居が高そうですが、難読な単語は出てこないので大丈夫そうです。

Michelin_guide_hokkaido_2012
MICHELIN GUIDE Hokkaido 2012

北海道へお越しの際は、参考にしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミシュラン北海道をWEBサイトで見る方法

 先週、仕事で立ち寄った南幌町。人口8千人ほどの農村地域ですが、ここには、「ミシュランガイド北海道2012特別版」のピブグルマンに認定されたラーメン屋さんがあります。

ピブグルマン
お店の玄関にピブグルマンの表記

ピブグルマンとは、
 コストパフォーマンスの高い食事を提供する、星は付かないお店の中でも特に調査員のおすすめのレストランを表します。「ミシュランガイド北海道2012特別版」では、3500円以下で食事のできるお店が121件紹介されています。

 さて、一時、入手困難だった同誌もその後は、入手しやすくなったのか?不明ですが、北海道の旅行ついでに立ち寄りたい方は、WEBで見ることができます。

一つ目は、こちらの公式サイト
http://michelinguide.gnavi.co.jp/home.html
しかし、月額210円の会費が必要です。

Michelin_guide_hokkaido_2012_2


無料なのは、こちら
http://pr.gnavi.co.jp/prt/redguide-hokkaido-2012/en/index.php
但し、英語表記なので敷居が高そうですが、難読な単語は出てこないので大丈夫そうです。

Michelin_guide_hokkaido_2012
MICHELIN GUIDE Hokkaido 2012

北海道へお越しの際は、参考にしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.27

BCPセミナーのご紹介

みなさん。ご無沙汰しておりました。

今日は、BCPセミナー(9月28日 開催地:札幌市)の紹介です。

 東日本大震災を境に国内でも事業継続計画(BCP)への関心が急速に高まってきています。

 関東地方整備局を始め国土交通省でもBCPの導入を勧めており、総合評価落札方式の加点ポイントとなる認定制度の動きが全国的で広がってきています。この動向を踏まえ、本セミナーでは地域建設企業の経営戦略として必要なBCPの基礎知識の習得と建設業界ならでは特徴について理解することができます。

 

 セミナーの主催は、NPO法人CALSスクエア北海道。当日は、被災地の建設会社の方を招いての貴重な講演も用意されています。
 多くの方の参加をよろしくお願いします。

申し込み用紙は、こちら

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.19

施工パッケージ型積算方式の情報サイト

 国交省が10月から始める「施工パッケージ型積算方式」(以下、施工パッケージ型)ですが、従来の「ユニットプライス型積算方式」(以下、ユニプラ型)とは似て非なる積算システムです。

 「ユニプラ型」の単価は、直接工事費のほか共通仮設費と現場管理費の一部が計上されているのに比べ、「施工パッケージ型」は直接工事費のみの構成となっています。

 一番の特徴は、「施工パッケージ型」の地方毎の単価決定は、東京の標準単価を基礎単価と定め、運用する地方の機会単価、労務単価、材料単価を基に補正することです。

 「施工パッケージ型」の運用について、JACICのサイトでは掴み部分を、経済調査会では詳しい資料が掲載されているのでそちらで確認されることをお勧めします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.06.14

コンパネ!KensestsuPlazaブログ

お久しぶりです。

先月、一般財団法人 経済調査会 様から私のもとに執筆のオファーがありました。

コンパネ!KensestsuPlazaブログ
http://www.kensetsu-plaza.com/conpane/

経済調査会 コンパネ! TOP
経済調査会 コンパネ! TOP

 再来週頃、掲載される予定です。内容は、総合評価落札方式とぷちITを絡ませた内容です。でも、あまり期待しないでお読みくださいね。

では(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.25

パリーグテレビの楽しみ方 その3(最終回)

 前回は、Apple TVを使用したAirPlayでの大型テレビ視聴について紹介しました。

 最終回の今日は、カーナビを利用した楽しみ方について紹介します。

 一番簡単な方法は、カーナビのディスプレイにシリコンケースに入れたiPod touchを載せるスタイルでの視聴です。しかし、これではバックの際のリアカメラの映像が見られませんし、路面の振動により落下する可能性もあります^^;

 

 そこで、試しにパイオニア製楽ナビ(2008年モデル)のiPod用アダプターケーブルにiPod touchを接続してみました。すると、iPod touchの画面が、カーナビ側に切り替わると同時に、パ・リーグテレビが映りました。画質はワンセグ程度ですが、地上波で放映されていない野球中継をカーナビで観られるのは格別な味いです。

  Img_0640
     カーナビにiPod touchの画像を表示

 iPod touchの他、iPhoneでも可能と思われるので、ドライブの片時もファイターズの試合が気になる方には、是非ともおすすめしたい裏ワザです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.19

パリーグテレビの楽しみ方 その2

 前回は、デバイスを使った視聴方法に触れましたが、今日は、大画面テレビ、そう、お茶の間のテレビを使った視聴方法を紹介します。

 Img_2636
iPod touchで視聴の画面(画面キャプチャーによる)

 前回ご紹介したように私の所有しているデバイスは、初代iPadとiPodtouch(2010年モデル)です。

 大画面TVでの視聴には、上記デバイスのほかwifi環境とApple TV(¥8,800)が必要となります。

 大画面TVでの視聴方法は、非常に簡単です。パ・リーグTVの視聴時にデバイスに(Apple TVとwifiが接続されている)表示方法を切り替えアイコンでApple TVを選択するだけ。 これだけで、お茶の間大画面のTVで視聴できます。 いわゆるAirPlayでの視聴です。

 Img_2690
     Apple TV(AirPlay)への切り替え状況

 ただし、圧縮ファイルのため、画像の差分が大きいテレビカメラの切替時は、ブロックノイズが発生しますが、月額980円の格安料金なので、多少は目をつぶりましょう。それよりも、裏番組を録画しながら野球中継を見られる便利さに軍配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.17

パリーグテレビの楽しみ方 その1

 パ・リーグテレビは、パ・リーグ所属チームが主催する全試合を視聴できるインターネットを利用したプロ野球視聴サービスです。

 視聴するためのデバイスは、パソコン、スマートフォン、タブレットとなります。当然ですが、いずれもインターネットと接続できる状態が必要です。

 さて、私の場合、初代iPadとiPodtouchでの視聴が主になります。自宅外では、これらデバイスに4GのpocketWifiを接続しています。4Gといってもほとんどが3MBbps程度の速度しか出ていませんが、ストリーミング速度に支障ありません。

 なお、月額料金は1,500円となっていますが、パリーグチームのファンクラブに加入していれば、な・な・なんと、たったの980円。 スカパーより断然安い!

 さらに、VOD(ビデオ・オン・デマンド)で、過去映像の視聴が可能。自宅での録画忘れも心配不要です。

 さて、次回は、パリーグテレビの一味違った視聴方法をご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.16

挑戦する建設業を紹介するサイト

 今朝の北海道建設新聞の一面。 北海道建設業協会のホームページで建設業のイメージアップなどの紹介を始めたとの記事に目が止まった。

 具体的には、地方新聞社7社の2011年度の記事24本と道建協と傘下の11地方建協が実施した見学会などのほか、建設業の新規ビジネスなどを紹介している。

 掲載が開始されたばかりなので、まだ建設業のPRには物足りない内容だが、今後様々な取り組みが、一元的(ポータル的)に紹介されるのは、とても良いことだと思う。

 あとは、そこのサイトに誘導する仕組み作りが肝要。 それには、twitterやFacebookを大いに活用すべきではないだろうか。 それでないと、単なる自己満足になりえる恐れもある。 更なる進化に期待したいと思う。

 詳細は、こちらからお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.24

土木系女子を紹介するサイト

 

 土木のなでしこたち

 北海道の建設系業界紙ナンバーワンの北海道建設新聞
 月額購読料8,700円で、建設マンにとっての情報の量・質はピカイチでコスパ高いです。

 さらに、掲載されている特集記事も充実しており、2月に入ってから組まれた「土木のなでしこ」は、毎日楽しみに読ませていただきました。

 実は、私が所属するNPO法人 CALSスクエア北海道でも、一昨年から土木系女子に着目しており、その理由として、男社会の建設業を女性の進出で萌系に変貌させる という、ゆるくも何故か下心が見え隠れするものでした(笑)

 さて、ここからが本題。

 何名もの土木系女子の記事を読ませていただき、ある共通点に気づきました。 それは、幼少期などの身近な体験から、例えば、橋を造る工事現場をミタ、両親が土木系で働いてイタ、モノつくりが好きなどのきっかけが、彼女たちを土木の道へ誘ったのことでした。 

 つまり、彼女たちは、

    土木を目指した志が高い!

 高校を卒業後、自分の学力に見合った大学・学部を選ぶ際、それが土木だったという男子が少なからずいる中で、彼女たちは、最初から土木の道を選んでいる。 当然、土木は男社会なのを承知のことだろうが、男どもに負けない努力を怠っていないことが、記事から拝借できるのです。

 さらに、将来の結婚、出産を経ても復職したい希望が大きい

 この記事を読む読者諸君よ。志高い土木のなでしこが、土木系女子のパイオニアとなり、次に続く土木のなでしこの道を開くことが、NEO土木の日の出に必要なのだよ。

 最後に、北海道建設新聞の購読は、こちらからお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧