2013.02.23

東京マラソン

みなさん。ご無沙汰しておりました。

5年前に誓った東京マラソンって楽しそうの夢が、叶いました。
その参加宣言の3年後の2011年6月。軽いジョギングから始めたトレーニングは、数度のハーフマラソン完走を重ねて、ついにフルマラソン完走を狙えるほどのパワーを身につけました。この期間の走行距離は、約1600kmに達します。

今回2回目の挑戦となるフルマラソン。初フル参加の2012北海道マラソンでは、27km地点で無念のタイムオーバー。
しかし、今回は完走を狙えます。何よりも気候がよろしい。北海道マラソンは、スタート時の気温が28℃。明日の東京マラソンは5℃を下回る気温が予想されます。

さらに、競争率10倍の難関を一発で当選した勢いをレースに持ち込みます。

F1の貴公子アイルトン・セナは、レース中に神が見えたそうです。私も銀座辺りでマラソンの神が舞い降りる予感がしてなりません(笑)

今日は、東京ビッグサイトで受付後、明日に備えてカーボローディングというガチ食いです。

レースの完走は、後日アップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.16

ソーシャルメディアセミナー 札幌 若干、お席が空いてます

 お知らせです。

 以前にもご紹介いたしましたが、私が理事長を務めるNPO法人CALSスクエア北海道が主催するTwitter、Facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナー「建設業が光るソーシャルメディア活用術!」の開催まで残り8日となりました。

 理事長の鶴の一声で、定員100名と大風呂敷を広げて募集したところ、私が予想した通りの集客状況です(流石、理事長!)。 2月22日ころまで受付を行う予定ですが、このままだと、満員御礼が現実のものとなります。

 そんな中、昨日、理事を務めるnikumaruさんがこの件についてコメントしていました。
 その記事を引用させていただくと、

  「正直、私の予想を上回る「応募」が来ていて驚いています。」

 とのことですが、先見性のある私(理事長)の目に狂いはなかったと、この集客から断言できるでしょう(^^)

 さて、そうは書いても、お席には、まだ若干の余裕があるのも事実です。

 今回のセミナーは、建設業で働く個人が、同じ業界内で仲間を作る機会を設ける、たぶん道内建設業会初の画期的な取り組みだと思われます。

 私と先に紹介したnikumaru氏も7年ほど前、ソーシャルメディアのはしりとも言えるBLOGという情報発信ツールを通じて知り合うことができ、その後、お互いの得意分野を前面に交流を進めてきました。

 今回のセミナーでは、ソーシャルメディアという新たな価値観のインターネットツールを活用し、ご希望に応じてFacebookに登録していただき、参加者同志、水平的なお付き合いが可能な場をご用意しています。

 申込み書をダウンロードし、ソーシャルメディアを利用した仲間づくりの知識を習得しませんか?

 企業内個人、これが厳しい社会を生き抜くキーワードになります。

 皆様のご参加を大風呂敷を広げて、お待ちしております。

 最後に、今日の記事はアンサーブログとなっております(ー_ー)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.31

「今日の現場」で楽しく情報発信^^

 建設現場系のアプリで面白いアプリを見つけたので紹介します。

 今 日 の 現 場

 今日の現場


 ガテン系位置情報共有アプリという謳い文句が気に入りましたぜ。

ここで豆知識

 ガテン系とは、リクルート出版から出ている就職情報誌『ガテン』からきた言葉で、『ガテン』が対象としている土木・建築・ドライバー・メカニック・調理師など技術職や現業職及びそれらに従事する人を意味する(単に肉体労働者という意味で使われる場合もある)。

出典:日本語族語辞書

使い方

 Twitter、Facebook若しくはmixiのIDでログイン後、ハンドルネーム、職種、会社名を設定。

 職種設定画面


 ↑職種設定の画面です。

 作者の笑いの種(菅工事)が仕込んであるのが見受けられます(笑) 作者は、元総理に思い入れがあるのでしょうか? それとも某政党が、ガテン系の仕事を減らしたつらい想いからでしょうか?

 さて、あなたの属性情報を決定した後は、現場名を設定してその日の出来事、仕事を呟くようです。

 興味のあるガテン系の方、現場の生の声を呟いてみて下さい。きっと、菅さんも耳を傾けてくれるはずです(笑)

 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.24

室内ジョギングの話

 冬の北海道でのジョギングは、その練習場所の確保が一番頭を悩ませるところです。

 昨年から(一応)ジョガーとなった私も例外ではありません。一度ジョギングが身についてしまうと、走らずにはいられないのです。まさに、ジョギング中毒状態(笑)

 さて、そのような状況から室内のランニング施設を見つけましたのでここで紹介します。

1.北海きたえーる
 札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1号(地下鉄東豊線豊平公園駅直結)

 

 Img_2134

1週 330m
 昨秋のバレーボールワールドカップ女子大会など、スポーツやコンサートで蚊仕切りが多い施設である。 従って、ランニングコース使用可能日は少ない。
 施設利用と駐車場は、無料。 さらにロッカー無料なのがありがたい。 但し、シャワーはない
 ランニングコース開放日は、混雑することが多いので要注意である。

2.つどーむ
 
 
 札幌市東区栄町885番地1(地下鉄東豊線栄町駅下車 徒歩10分以内)

 P1050534

 1週 400m
 イベントも多いが、ほぼ毎日ランニングコース使用可能である。
 施設利用料は、一般390円、高校230円、中学無料(要 生徒手帳)、高齢者130円。駐車場は、無料。この他、ロッカー100円シャワー100円が必要だが、荷物は、スタンド席などに自己責任で仮置きが可能である。
 なお、ここも北海きたえーる同様、休日は混雑している。また、ランニングコースは、内回りがランニング、外回りがウォーキングに指定されていて、違和感を感じる。

 なお、冬期の使用利用の際は、室温が非常に低いので、手袋と長袖、スパッツで保温する服装が必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.17

twitter、facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナーの紹介

 来る2月24日(金)午後、札幌コンベンションセンターで『建設業が光るソーシャルメディア活用術!』が開催されます。  サブタイトルは、「twitter、facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナー」。

 CPDS 4ユニット付き。 主催は、NPO法人 CALSスクエア北海道

 セミナーは、2本立て。

1.ソーシャルメディアと建設業(工事現場での活用方法)~facebookは建設業でも使える!

2.建設業が光るソーシャルメディア活用術

 各々の講師は、ITコーディネーターの阿部 裕樹氏と北海道建設新聞社 出版部/社内IT指導担当 葛尾 晋氏の両名です。

 両名の講師は、ソーシャルメディアの講師を数々歴任され、今回はターゲットを建設業に絞り、その活用方法と創意工夫について提案されます。

 申込みは、ここからダウンロードするチラシを北海道建設新聞社にFAXするだけ。受付後、FAXにて受付完了と振込先の返信があります。

 北海道内では、恐らく初めてとなる建設業向けのソーシャルメディアセミナー。この貴重な機会を逃すのは、もったいない!ぜひとも受講して下さい。

 建設業が光るソーシャルメディア活用術!』
 画像をクリックすると、PDFのチラシを表示します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.07.26

今年も開催 土木の日フォトコンテスト

 NPO法人 CALSスクエア北海道は、昨年に引き続き「土木の日フォトコンテスト」 を開催することとなりました。

 第2回となる今年度のテーマは、「~暮らしをまもる土木~」。

 3月11日のあの日。大自然の猛威の中、見る姿もなく破壊された社会基盤。しかし、地域によっては、防波堤で九死に一生を得た方、津波の被害から逃れられた方。一概に語れないまでも、先人が築いた災害防御の施設は多少なりとも人命を救うことができました。

 このように、国土の周囲が海洋、活火山、断層に囲まれた日本にあっては、安全安心な社会基盤を再整備することが不可欠です。某女性議員の暴言は、甚だしい限り。あの答弁は、本当に絶句しました。

 

 さて、話題はフォトコンに戻りますが、今年は、全国から写真を募集します。

 応募締め切りは、平成23年10月10日(月)。期間は短いですが、先人が気付いた土木遺産、工事現場、災害現場で働く建設業を写真に収めて御応募下さい。

 詳細は、こちらまで。

 多数の応募をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

Jog Note始めました

 昨年からmixiの招待制が廃止されたり、アメリカからはFacebook入ってきたりと、何かとにぎやかなSNS業界。

 趣味系のSNSもいくつかありますが、つい先日始めたジョギングrun 埼玉の師匠からジョギング系SNS Jog Note を勧められ早速メンバー登録しました。

 このSNSは、日々のトレーニング記録が残せます。さらに、ブログパーツまで用意されている充実振り。

←←←←これです。

 このツールを利用すれば、日々、師匠からの激励とアドバイスを受けられるでしょう。 便利な世の中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.08

創業記念日

本日6月7日は、私の一番弟子の記念日です(今は、師匠を遥かに超えた存在になりましたが・・・・sad

そんな私ですが、平成23年6月7日、節目のこの日についに重い腰を上げました。そんな私の当面の目標は、埼玉の師匠との皇居1週ランデブーです。

がんばれるか、俺!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.11.05

CALSスクエアフォトコンテスト 最優秀賞発表

 私が所属しているNPO法人CALSスクエア北海道は、5月から募集していた第1回フォトコンテスト「コンクリートと人と土」の最優秀作品を発表しました。

 当フォトコンテストは長年にわたって北海道民の生活を支えてきた公共土木工事に対して、ものづくりの魅力や社会的使命を正しく理解してもらおうと企画したもの。

 建設業界だけでなく、学生や主婦、写真愛好家などから247点に及ぶ応募がありました。CSH内での予備審査を経て、外部に委託した審査委員が最終的に19点を選定し、最優秀賞(オリンパスイメージング賞)には、加藤智さん(足寄町)「すごいね」に決定しました。
 保育士の加藤さんが、普段接している幼児たちが道路工事を好奇心一杯で見ている様子を撮影した作品です。

 最優秀賞 「すごいね」 
 最優秀賞 「すごいね」 撮影場所 北海道足寄郡足寄町

 なお、優秀賞、特別賞は、12日付北海道建設新聞紙面の「土木の日特集」内で紹介される賞の内訳は、最優秀賞1点、優秀作品2点(土木の日賞、北海道建設新聞社賞)、特別賞7点(ナイス現場賞=リコー賞、学生部門賞、女性審査委員賞、CALSスクエア北海道賞、審査委員賞3点)、入選作9点となっています。
 これら作品は、12日から18日までが札幌地下街オーロラコーナー(オーロラタウンから北1条西3丁目北海道新聞社への地下通路)に、11月29日から12月3日までが北海道庁、12月13日から17日までが北海道開発局にもそれぞれ展示しますので、札幌にお越しの際は、足をお運び下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.10

建設会社で働いている平凡な会社員

 私たち建設関連の仕事に就いているブロガーの集団「建設ブロガーの会」

 メンバーは十数名に及んでいますが、今日は、最近「建設ブロガーの会」に仲間入りした新米建ブロを紹介します。

 「建設会社で働いている平凡な会社員」 (管理人yasumi-さん)

 彼は、道東が拠点の建設会社に勤務している土木技術者です。主に農業土木に従事しているようで、ブログの記事からもその様子が手に取るように分かります。これからも平凡な記事を欠かさず書き続けるよう応援したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)