« 大林組2012年版カレンダーが、文部科学大臣賞を受賞 | トップページ | twitter、facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナーの紹介 »

2012.01.16

これは使えるぞ! グーグルマップの渋滞情報

 昨年12月からグーグルマップで全国の渋滞情報が見られる「交通状況」が開始されたのをご存じだろうか?
 これは、PCのWebブラウザ上での利用のほか、iPad、iPodtouch、iPhone、Android上でも利用できる。

iPadで表示した渋滞情報
iPadで表示した「交通情報」東京駅近辺(2011.01.14 20:40頃)

渋滞情報の表示方法

 「交通状況」をONにするための操作方法は、いたって簡単。

PCの場合:グーグルマップに表示される「交通状況」にチェックマークを付ける。

PCでの渋滞情報の表示方法
PCの画面

iPadの場合:グーグルマップの右下をめくり、「渋滞状況」を【オン】にする。

iPadでの渋滞情報の表示方法
iPadでの「交通状況」表示設定

 他のデバイスでも簡単に表示できるので、試してみてはいかがだろうか。

渋滞表示精度

 さて気になる渋滞表示の精度だが、過去のデータに基づいて推定された典型的な交通状況を表示しているようだ。なかでも、PC版では、ユーザーが指定した曜日と時刻の渋滞情報が表示される。従って、渋滞表示精度は、リアルタイム情報に基づくものとは考えられない。

 しかし、筆者がグーグルマップと実際の渋滞状況を比較した結果は、渋滞の先頭の情報の信ぴょう性は高いと感じた。

 さらに感心することは、高速道路の通行止め情報が、渋滞表示に反映されているということ。根拠としては、通行止めによる料金所の渋滞が表示される。このような情報を利用して、一つ手前の料金所で一般道へ降りるという作戦も立てられるのである。

 以上のように、筆者としては、このグーグルマップの渋滞情報は、きめ細かく表示されていることも含めて、かなり使えると判断した。

 オススメですgood

|

« 大林組2012年版カレンダーが、文部科学大臣賞を受賞 | トップページ | twitter、facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナーの紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/53735857

この記事へのトラックバック一覧です: これは使えるぞ! グーグルマップの渋滞情報:

« 大林組2012年版カレンダーが、文部科学大臣賞を受賞 | トップページ | twitter、facebookを活用した土木工事の創意工夫セミナーの紹介 »