« 最近気になる 音楽の話 | トップページ | 室内ジョギングの話 »

2012.01.19

Eye-Fi と Evernoteで写真共有

 今日は、デジタルカメラで撮影した画像をインターネットで共有する方法について書いてみます。

 デジタルカメラで撮影した画像を共有する仕組みは、多種ありますが、その中で、比較的設定しやすくさまざまなシーンで利用可能なEye-fiカードを使った画像共有について解説します。

【最初に。デジカメの互換性確認】
 まずは、大変恐縮ですが、ご所有のデジカメ(SDカードの使用カメラ)とEye-fiカードとの互換性をご確認下さい。    デジカメの互換確認
 メーカー毎にデジカメの互換性が確認できる

 お持ちのデジカメの互換性が確認できたら、ネットショップなどでEye-fiカードをお買い求め下さい。
 私は(下の写真の)Connect X2 4GB を使用していますが、画像共有が主たる目的なら、これで十分だと思います。 

          

【Eye-fiカード到着までに行うこと】
 今回は、Evernoteへの画像送信を解説するので、事前にEvernoteのインストールとアカウントを取得しておくと便利です。
 普通に使う分には無料です(プレミアムサービスは有料)。

 Evernote

 Evernote
 

【Eye-fiカード到着後に最初にすること アプリのダウンロード】
  Eye-fiカードが届いたら、付属のアダプターを使ってパソコンでカードの初期設定を行います。付属のUSBアダプターでEye-fiカードをパソコンに接続して、Eye-fiカードに記録されているアプリケーションをパソコンにインストールしましょう。
 今後、Eye-fiカードの設定は、このアプリケーションを使用して行うことになります。

 Eyefi
 Eye-fiカードとUSBアダプター(カードの設定に必要)

【アプリインストール後の作業 Eye-fiカードの初期設定】

 Eye-fiカードの初期設定は、概ね以下の項目です。

①Eye-fiカードを接続するWifiの設定Eye-fiカードを接続するWifiの設定

            ↓

②デジカメ撮影後の画像を送信するWEBサービスの設定
  (今回は、Evernoteを選択)
デジカメ撮影後の画像を送信するWEBサービスの設定

            ↓

③画像送信後の(メール)通知の設定画像送信後の(メール)通知の設定

            ↓

④その他必要に応じて、ダイレクトモードなどの設定などその他必要に応じて、ダイレクトモードなどの設定など

 とりあえず、①~③は、確実に設定しましょう。

 

【さて、撮影】
 Eye-fiカードの設定が終了したら、早速撮影してみましょう。
 デジカメに挿してあるSDカードを抜いて、代わりにEye-fiを挿入(挿入してもカメラの変化はありません)。

 被写体を2~3枚撮影してみましょう。 撮影後、しばらくデジカメの電源を入れておく必要があります(送信枚数が多いと時間がかかります)。 また、不用意なバッテリー消耗を防ぐため、デジカメの省電力モードを5分ほどに設定しておくとよいでしょう。

【送信画像の確認】
 送信画像の確認は、Evernoteを起動させるだけです。 写真が表示されていないなら、「同期」ボタンをクリックしましょう。また、初期設定時に登録したメルアド(パソコンメルアド、ケータイメルアド)へ、写真転送のメッセージが送信されるので、このメールが届いているとEvernoteへの画像が送信の確認になります。

 写真をアップしたEvernoteの画面
 写真をアップしたEvernoteの画面

 

【屋外での撮影時】
 屋外で撮影した際は、独自にwifi環境を準備する必要があります。 この際は、モバイルルータが必要です。 テレビでAKB48のともチンがCMしているイーモバイルのPocket Wifiなどが非常に有効な手段です。
 月額4千円以下で最大5台のWifi機器を同時接続できるので、iPad(wifi)、ノートパソコン、iPod touchなどのwifi機器を野外で使用することもできます。

【最後に】
 今回は、Eye-fiカードを使用した画像の共有方法を簡単に説明しましたが、Eye-fiカードとwifi環境を使用することで、高画質の画像データを短時間で共有、また、PCを介さずに遠隔地に送信することができ、非常に便利です(画像共有の際は、同一アカウントでEvernoteにログインする必要あり)。

【今後のトレンド】
 2012年3月5日にソニーから発売されるCyber-shot DSC-TX300Vに代表されるように、2012年のデジカメのトレンドは、wifi接続のデジカメです。しかし、Cyber-shot DSC-TX300Vは、インターネットへの接続機能は有してなく、一旦、パソコンやスマホにwifi転送してから、インターネット上にアップする仕様となっています。
 デジカメを選ばず(互換性の確認は必要)、ネット上に写真をアップロードできる魔法のSDカードEye-fiと無料WEBサービスを使った画像共有の仕組みは、工夫次第で用途が広がるはずです。
 是非ともお試しください。

|

« 最近気になる 音楽の話 | トップページ | 室内ジョギングの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/53760429

この記事へのトラックバック一覧です: Eye-Fi と Evernoteで写真共有:

« 最近気になる 音楽の話 | トップページ | 室内ジョギングの話 »