« DocuWorksがアップデート | トップページ | iOS4.3がリリースされました »

2011.03.09

総合評価方式におけるオーバースペック事例集

 一昨日(3月7日)、国交省 国土技術政策総合研究所 総合技術政策研究センターから「建設マネジメント技術研究室総合評価方式における技術提案のオーバースペック事例集」が発表されました。

事例集は、こちら

 さて、技術提案のオーバースペックについては、河川への排水の過度な浄化など、提案値により技術点数が多く加点される相互評価においては、技術ダンピングとまで言われています。 今回発表されたオーバースペック事例集で、これまでのオーバースペックの代表事例が公開されたことにより、今後は、品質確保を大義名分に過度な費用を投じる無駄な技術提案に歯止めがかかることを期待します。

 総合評価落札方式は、公共工事の品質確保が大前提で取り組まなければならないことを忘れてはいけないのです。 しかしながら、私が知りえるところでの現状は、発注者が設定したキーワードにより多くの合致した技術提案が、高得点を得るシステムの中で、今まさに原点に立ち戻り、「かゆい所に手が届く」提案が、より高評価を受けるシステムに進化させていく必要があると感じます。

|

« DocuWorksがアップデート | トップページ | iOS4.3がリリースされました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/51070666

この記事へのトラックバック一覧です: 総合評価方式におけるオーバースペック事例集:

« DocuWorksがアップデート | トップページ | iOS4.3がリリースされました »