« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

2010年2月7日 - 2010年2月13日

2010.02.13

小樽雪あかりの路

 7日間に渡る雪まつりが閉幕した札幌市内。
 サッポロッコの自分としては、毎年、雪まつり終了が冬の一区切りとなっています。雪まつり終了と同時に、暖かな春への期待感に胸が膨らみます。
 この北国特有の季節感は、冬期間、雪で覆われる北海道ならではの感性と言えるでしょう。

 さて、さっぽろ雪まつりが終了しても、北海道内では、まだ多数の冬のイベントが開催されていています。

 そのひとつが、『小樽雪あかりの路』

 小樽市は、札幌からJRで最短30分、車でも60分と手軽に遊びに行ける港街です。今日紹介する『小樽雪あかりの路』は、今年で12回目の開催。

 雪 夜 心 灯(ユキノ ヨル ココロ トモル)

 P1010583

 「雪」が街を覆い尽くし、「夜」の帳(とばり)が下りる頃、
 「心」を込めたキャンドルに、「灯」が静かにともり出す。

 『小樽雪あかりの路』は、雪夜心灯の言葉の通り、ボランティアを中心とした人のぬくもりとおもてなしを感じます。消えたキャンドルの点検、撮影スポットでの記念撮影のお手伝いなどの全てを市民ボランティアの方々が、支えています。

 P1010575
 記念撮影をお手伝いするボランティアさん

 会場は、北海道の開拓を支えた小樽運河が残る運河会場のほか、日本で3番目の鉄道、旧幌内鉄道・手宮線跡地を利用した手宮線会場などを中心に、天狗山、朝里など市内各所に点在しています。

 P1010566  運河会場

 中でも、印象的だったのが、手宮線会場に残されている線路。雪のトンネル内に顔をのぞかせている線路は、北海道開拓当初の小樽の繁栄ぶりを感じ取ることができます。

 P1010640 手宮線会場では、鉄路を見ることができる

 本日紹介した『小樽雪あかりの路』。 キャンドルの柔らかなゆらぎと人のぬくもりが感じられる素晴らしいイベントということを実感しました。
 なお、今年の会期は、2月14日までとなっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.09

Twitter

 昨年ブレイクしたTwitter

 国会会期中の国会議員もつぶやいているとか・・・。 と、いうニュースが流れたこともあり、その後、国会議員のつぶやきは鳴りを潜めています。(このニュースのあと、休憩時間を利用してつぶやいている旨のコメントが多数発生)

 さて、Twitterと相性が良いとされているi-phoneとiPod touch。 Twitterアプリは、ブラウザーより使い勝手が良いということで、自分もインストールしてみました。 (自分はiPod touchとイーモバのPochet WiFiをセットで使用)

  Ipod_touch
   赤枠がTwitBird

 自分が選択したアプリは、TwitBird(無料版)

 アプリを立ちあげると同時に新規を読みに行ってくれ、ホームにその件数を表示。 mentionは、自分のつぶやきに対してのレスを表示するなど、多数のつぶやきからの仕分けが可能です。

 ん・・・・・・coldsweats01 機能を上手く説明できないけど、結構便利なアプリとなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.07

祝 初Zepp

 今晩は、Zepp Sapporoでライブです。(演奏じゃなくて、観客としてね(笑))

 恥ずかしながら、初Zeppです coldsweats01
 1階席のチケットですが、知合いからの情報だとほぼ立ちっぱとのこと。

 日曜日ということで、開演時刻は17時と超早いです。 こんな早い時間でミュージシャンのテンションが上がるのか気になるところですが、全国Zeppツアー中の彼のサイトを見ると、日曜日17時は、お決まりの時間のようです。

 もしかすると「龍馬伝」までに帰宅できるかもしれない。帰宅後は、エビスビールで明日からの鋭気を養う予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »