« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »

2010年1月31日 - 2010年2月6日

2010.02.06

札幌で食べるワンコイン以下のラーメン 其の三

 昨日からさっぽろ雪まつりが開幕。
 2月11日までの会期中、本州や台湾、中国などから札幌を観光される方は数知れず。日本有数のイベントになっています。

 さて、札幌で食べるワンコインラーメンシリーズの第3回目の今日は、国道12号に面したラーメン屋を紹介しましょう。

 「くら吉白石本通店」 札幌市白石区本通13丁目北1

 国道12号を札幌市内から北上(江別市に向かう)途中の右側にあります。比較的広めの駐車場をおかげで、取材に行った日の店内は、座席待ちのお客さんがいたにもかかわらず、駐車可能でした。

 ここの一番のお得メニューは、「中華そば」。ワンコインで百円以上のお釣りがくる超庶民的なお値段は、

   ななななんと、 390円 fuji

P1000669 

 P1000675 中華そば

 これにサイドメニューのチャーシューおにぎり(2個)100円を追加してもワンコイン以下の激安ラーメン

 P1000672 チャーシューおにぎり

 ただ、CALS斬りの情報提供ポリシーとして「安かろうまずかろう」は、論外。「安かろうそれなり」も、これまた論外。そんな中、リピートしたいお店の情報を提供しています。

 時々あるじゃない? ラーメン食べた後に、喉が乾く店って・・・。これって、ちょっと次回から敬遠したいじゃない?

 「くら吉白石本通店」は、心配無用。さっぱり味の中華そば。大食漢のあなたでも、チャーシューおにぎりか半チャーハンを追加すれば、夜中10時までの残業も空腹感なし!

 オススメのお店です。

 最後にフルサイズ(一人前)のチャーハンの写真です。妻と子供とシェアして食べましたが、このチャーハンだけでも満足する量です。

 P1000671

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.02.03

GPS搭載デジカメ市場が活気づいてきた

 当ブログで幾度となく紹介してきたGeotag付きJPEGデータの楽しみ方。

 ここ3年ほどは、SONYGPS「GPS-CS1K」、「GPS-CS3K」を使ってGeotagの後付け加工を行って楽しんでいました。

 そんな中、一昨年(2008年秋)、NIKON専用GPSユニット「GP-1」 と GPS搭載デジカメコンデジの「COOLPIX6000」が発売開始。 おそらくCOOLPIX6000は、初の民生用GPS搭載デジカメだと思います。

 さて、2010年の1月も終わろうとしている中、ここになって俄かにGPS搭載デジカメの発売が目に付くようになってきました。

◎GPS&コンパス機能で撮影した位置と方向まで記録!
  ▼ソニー DSC-HX5V [Cyber-shot(サイバーショット)]

  Dschx5v
 近日発売 実勢価格 約4万円(Amazon調べ)

   

◎撮影した位置情報を自動で管理!旅がもっと楽しくなる!
  ▼パナソニック DMC-TZ10[LUMIX(ルミックス)]

 Dmctz10
 3月5日発売 実勢価格 4万7千円(Amazon調べ)

 以上の2機種が、これから1ヶ月間の間に発売されます。
 これら2機種の共通機能としては、現地時刻への自動時刻補正機能があげられます。 自分には無縁な海外旅行に役立ちます。

 その他、特筆すべき機能がパナソニック DMC-TZ10の撮影した国や地域の自動記録機能。 海外で173ヵ国、約500,000件以上、国内で約30,000件以上のランドマーク(建物の名称など)が登録され撮影場所の近くに登録されている地名情報がある場合に自動で記録されます。 これはとても新しい機能で、GPSに不慣れな女性にも訴求力のあるわかりやすい機能といえます。

 まもなく発売されるGPS搭載のコンパクトデジカメ2機種。 電源ONからの衛星補足時間が、GPS搭載デジカメの使いかっての肝となりますが、その辺の詳細を知りたいところです。

※Geotag 【ジオタグ】
   あるデータに関連づけて付加される位置情報(緯度・経度)。とりわけ写真共有サイトにおいて,個々の写真に付加できる緯度・経度情報をさす。地図サービスと連動した形で,写真の検索や閲覧が可能になる。
[出典:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/235336/m0u/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%82%B0/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.01

雪まつりには、建設機械が大活躍

 今週2月3日から開催される「さっぽろ雪まつり」。 金曜日の夕方、会場となる大通り公園を歩いていると、雪像作りの追い込みが行われていました。
 雪まつりの大雪像は、陸上自衛隊を中心に制作されますが、その舞台裏では、クレーンなどの建設機械や工事で使う足場など多数の建設資材が使われています。

 また、雪まつり終了翌日の早朝から開始される雪像の取り壊し。今では、その見学も大人気とのこと。

 いずれにしろ、工事現場で使用する重機が間近で見られる雪像作りは、子供に取って興味のあるものかもしれません。

 がんばれ建設業!

 P1010387
 氷を吊り上げるクレーン車(ラフタークレーン)

 P1010391
 雪を移動する油圧ショベル(バックホウ)

 P1010392_2
 フリースタイルスキーの斜路に使う足場(枠組足場)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »