« 今年の格言 | トップページ | 狸小路に愛らしい熊が出没 »

2010.01.04

「進化論」にみるこれからの建設業界

 今日が、仕事始めの方も多いと思います。
 早速ですが、元旦の業界紙にこれからの建設業の進むべき道を見つけたのでご紹介します。

 「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」(チャールズ・ダーウィン)
 ただ、生き残るだけに目を奪われてはいけない。重要なのは「変わらなければならないこと」と「変えてはいけないこと」を、しっかりと見極めることだ。

 「変わらなければならないこと」と「変えてはいけないこと」を踏みそこなうと、本末転倒になりかねません。 ただし、そのまま指をくわえて、業界の衰退に流れていくのか、時代の変化に対応すべく建設業の進化形への一歩を踏み出すのか?
 いずれにしろ、経営者、社員、現場との協働のもと、足並みをそろえて変化することが肝要のようです。

|

« 今年の格言 | トップページ | 狸小路に愛らしい熊が出没 »

コメント

明日、会社で安全祈願と社長の訓示がありますが、似たような事を話されることを期待して・・・

投稿: dera | 2010.01.04 20:28

>deraさん
期待通りの話は、ありましたか?
たぶん社長さんの口からは、「今年は厳しい。」、「先行き不透明。」、「今年が正念場。」と、どこの会社でもお決まりの言葉が出たのではないでしょうか?

投稿: だいひまじん | 2010.01.05 17:38

明けましておめでとうございます。

良い言葉ですね。早速リンクさせていただきます。ウサギ

投稿: u.yan | 2010.01.06 19:52

> u.yanさん
お久しぶりです&明けましておめでとうございます。
リンク大歓迎です。
業界の護送船団丸ごと、変化しましょう!

投稿: だいひまじん | 2010.01.06 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/47201401

この記事へのトラックバック一覧です: 「進化論」にみるこれからの建設業界:

« 今年の格言 | トップページ | 狸小路に愛らしい熊が出没 »