« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月27日 - 2010年1月2日

2010.01.01

今年の格言

 みなさん 明けましておめでとうございます。

 2010年寅年を迎えました。

 2010年寅年の経済格言を調べると、
 「 丑  つまずき、 寅  千里を走り、 卯  跳ねる」と、書かれています。
 この言葉の意は、寅は一日千里を走るが、1年終わってみれば株価的には、貸し借りなしとなるそうです。 つまり高値がついても下落しても、1年終わってみれば、元に戻るそうです。 この格言からすると、ブレイクするのは、卯年になりそうです。

 さて、元旦早々から、来年のことを書くと鬼に笑われてしまうので、今年も北海道民に夢を与えてくれる(であろう)ファイターズの話題に触れましょう。

 早速ですが、今年のファイターズのキャッチフレーズを考えました。

 「虎視眈々と線力新出 狙う獲物は○○軍」

 このキャッチを叶えるため、2010年のファイターズ打線は、2009年に大ブレイクした糸井選手のような新戦力が台頭し、昨年以上の強力打線を形成することでしょう。 狙う獲物の○○軍の戦力は、想像以上の厚みがあり、それを撃破するためには、ファイターズの選手全体の底上げが必要不可欠です。
 選手育成を旗印に上げるファイターズにとっては、この底上げこそ、パ・リーグの常勝軍団として君臨する唯一の手段であり方法なのです。

 昨年の日本シリーズの悔しさを晴らすべく、今年も北海道民は、ファイターズを熱烈応援するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.31

今年もお世話になりました

 年末年始休暇も3日目の今日。
 札幌市内は、昼前から雪模様snowsnowsnow 明日、明後日と大荒れの天気になるようなので、これから帰省する方、また年明けにUターンされる方の足が、乱れそうです。

 さて、大晦日の今日は、昼から恒例の蕎麦打ち。その後、実家に蕎麦と少しばかりのおせち料理などを届けた後、帰宅途中にある神社で、今年の家内安全のお礼の参拝を済ませてきました。
 午前0時過ぎには、初詣の客でごった返す境内は、この時間、しんしんと降り積もる雪が、周囲の雑踏を打ち消し、凛としていました。

 P1000561

 毎日新聞WEBサイト(2008.12月)に、丑年の経済格言が載せられていました。
 ◇相場格言でみれば、丑年は下がりやすい。
 ◇過去の丑年は戦後経済史に残る出来事が多かった。

 今年の丑年は、遠からずこの格言に言われる年だったのではないでしょうか。

 あと8時間足らずで、新年を迎えるとともに、年末年始休暇も折り返し地点を迎えます。 今年一年間、CALS斬りっ!をご愛顧いただきありがとうございました。 みなさん、良いお年をお迎え下さい。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.12.28

2009年 私の選んだ建設流行語大賞

 今日が、仕事納めという方が多いと思います。
 自分も大そうじは、26日に終わらせているので、今日は溜まっている仕事を年明けに繰り越さないよう、少しでも仕事を終わらせる予定です。

 さて、建設ブロガーの会統一テーマとして設定している今日のタイトルですが、自分が選んだ建設流行語大賞は、

    設計変更仕分け

 12月上旬のある日、北海道開発局の工事を担当している札幌周辺の現場代理人を集めて、ある講座が開催されました。 2時間半程度の講座の主な内容は、設計変更に関すること。 すなわち、「設計変更ガイドライン(案)」に基づき、設計変更で計上できるできないの仕分けについて説明が行われました。

 今回の講座に基づいた設計変更仕分けが、来年1月に、発注事務所で行われます。 予め、発注者が用意した雛形に、設計変更内容と請負者が積算した変更金額をもって、設計変更の可否について協議するものです。
 ただし、設計変更対象の前提となるためには、「打合せ簿」による事前協議結果の提示が不可欠となっています。 つまり、請負者が、監督員の承諾を得ずに勝手に実施した内容は、設計変更対象となりません。

 来年実施される設計変更仕分け協議の効果は未知数ですが、設計変更で見れる見れないが、その理由を含めて明確になることは、意義はあると思います(社長を同行させても良いことになっているらしい)

 落札率が90%を下回る中で、サービス工事は根絶しなければなりません。先般、政府が実施した事業仕分けの会場で鳴り響いた怒声が出ることはないでしょうが(笑)、きちんとしたジャッジが行われることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »