« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2009年1月18日 - 2009年1月24日

2009.01.22

北風と太陽

 早朝、札幌を出発。 東京有明で開催のCALS/EC MESSEに出かけています。

 明日の東京の最高気温は、15度との情報。 北海道では、初夏の気温です! 昨日、先陣を切って上京したこの人からのメールでは、コート不要とのこと。

 さて、この東京の初夏を思わせる暖かさを知った時に、ふと「北風と太陽」を思い出しました。 物語は、皆さんご存じのとおりの内容ですが、物語の教訓として、説得は暴力に勝るということがあげられます。

 学校や会社、すべての組織に当てはまることですが、上から目線での押し付けは、組織を停滞させてしまいます。

 昨日の深夜18分の演説で国民のハートを鷲づかみしたオバマ氏。 氏の演説は、国民に対して責任を求めると共に、国民目線で話し口が印象的でした。

 的外れのカップラーメンの値段やホテルバーでの晩酌も個人の自由ですが、貧困社会が問題化している日本。 昨晩、オバマ氏のような政治家を求める報道が繰り返されていたのを、日本国民は、どのように感じたのでしょうか。

 自分的には、羽田に着いてからコートをどうしようかが、一番の課題ですが…coldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2009.01.19

今週はシンポジウムがあります

 今週 木、金曜日の二日間、東京有明でCALS/EC MESSE 2009が開催されます。

 CALS/EC MESSE 2008の模様
 CALS/EC MESSE 2008の模様
 

 初日午後(13:00~16:00)は、「建設ICTによる建設生産システムの変革 ─可能性から現実へ─」と題したシンポジウムが用意されています。 個々の取り組みが可能性から現実へと進みつつある今、それらの総合的な活用による建設生産システムの改革に期待が寄せられることから、このテーマが選ばれたようです。

 自分は、昨年のシンポジウムは聴講しませんでした(一昨年のシンポジウムのディスカッションが非常に不愉快だったため欠席)が、聞くところによると、航空会社からCALSを斬る視点は、評判が良かったようです。

 そのシンポジウムのアンケート結果がCALS/EC MESSE2007,2008のホームページに掲載されています(下図参照)。 今年のシンポジウムも楽しみです。

 2007
 2007 シンポジウムアンケート結果(CALS/EC MESSE2007 HPより)

 2008
 2008 シンポジウムアンケート結果(CALS/EC MESSE2008 HPより)

 CALS/EC MESSE 2009は、シンポジウムの他にも、各種セミナーが用意されています。 今年のセミナー内容は充実しているようで、同行者と分担して情報収集にあたります。 なお、太字のセミナーは、自分も聴講する予定です。

clip CALS/EC入門セミナー
 1.22(木)
 ・「1」からわかるCALS/EC
 ・「1」からわかる電子納品
 ・「1」からわかる情報共有

clip 受注者のための電子納品新要領・新基準解説セミナー
 1.23(金)
 ・納品要領(土木設計業務、工事)・基準(CAD、デジタル写真)編
 ・道路工事完成図等作成要領編

clip 発注者先進/導入事例セミナー
 1.23(金)
 ・空港舗装巡回等点検システムの概要について
 ・受注者の意欲を活かす長野県の電子納品
   -スキルに応じた支援と評価-

 ・新潟県における建設CALSの取り組み
   -新潟県CALSシステムの概要と課題-

clip 実務者セミナー
 1.23(金)
 ・建設現場における情報セキュリティ
   -土工協&建築協が発表した情報セキュリティガイドラインを解説する-

 ・情報化施工の人材育成
 ・ライフサイクル全般にわたる情報利活用に向けて -道路設計の視点から-
 ・基盤地図情報整備と電子国土Webシステムを利用した情報共有
 ・電子納品要領(案)の改訂とJIS(工学地質図) -地質成果の再利用との係わり-
 ・『工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件(案)Rev.2.0』策定と今後の展開

clip テクニカルフォーラム
 1.22(木)
 ・情報共有成功の鍵はワンデーレスポンスにあり
  -情報共有をどう活用すればいいの?実例をもとにそのような疑問をすべて解消します-
 ・群馬県建設業協会に聞く!
  民意主導の災害情報共有システムで地域貢献
 ・道路工事完成図等作成要領に基づく図面作成対応法
  -新発売!EX-TREND 武蔵 完成平面図作成支援CADのご紹介-

 1.23(金)
 ・OCF検定の概要とSXF Ver.3.1対応について
  -図面の電子納品の高度化に向けて-
 ・SXF技術者検定試験
  -CAD図面の電子納品エキスパート-
 ・導入ノウハウ伝授!!建設ICT「情報化施工(TS出来形)」
  -パートI(プレゼンテーション)-
  県市町村レベルでも簡単に導入可能なTSによる出来形管理のすべてが解ります
 ・導入ノウハウ伝授!!建設ICT「情報化施工(TS出来形)」
  -パートII(実演)-
  県市町村レベルでも簡単に導入可能なTSによる出来形管理のすべてが解ります

 MESSE会場では、CALS/ECを通じて交流が始まった方々も来場します。 MESSE後は、各地域の情報交換で盛り上がることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »