« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »

2009年8月16日 - 2009年8月22日

2009.08.21

新世界 twitter

 今日は、金曜日。 夏休み明け早々の一週間としては、レッドゾーン寸前upまでのエンジン全開dash。 明日から一息つけるのが嬉しい。

 ところで、先週の夏休み期間に、twitter 始めました。
 i-phone3Gと相性が抜群のようです。 今月上旬、2年ぶりにケータイを換えましたが、i-phone3Gは、ビジネスユースの機能要件であるバッテリーの持ちに大きな不安があり、残念ながら普通のケータイをチョイスしました。 (未練は残る) 

 話は、戻ってtwitterのユーザー初期登録。 認証時のお化け英単語が読みづらくて苦労しました(笑)

 ログインしても、何をすべきかわかりません。 とりあえず、潜伏中のブロガーと広瀬香美、そしてホリエモンをフォロー eye

 居心地もすぐれないし、しばらく静観ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.19

集団感染

 2位と6.5ゲーム差(8/18現在)をつけ、首位ブッチギリの我がファイターズに、思わぬ刺客が・・・・。

【新型インフルエンザの集団感染】
 http://www.fighters.co.jp/news/detail/854.html

 最初の感染者は、ルーキーの大野捕手 そこから魔の手がレギュラークラスに蔓延 昨日の試合前の検査で、陽性が判明した選手・コーチなど4名は、札幌市内の合宿所と旭川市内のホテルに分散されて隔離状態。

 様態は比較的軽いとの情報なので、1週間程度で回復するだろうから、登録抹消するわけにも行かず、今月一杯は少ない選手で、試合を進めていかなければならないだろう。

 実は、この日記を書いている自分も、15日頃から喉が痛い。 やばいかも coldsweats02

【速報】 中田翔内野手が、一軍昇格up  20日に一軍合流sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.18

命名 今年は『なまスゴ打線』

 STV(札幌テレビ放送)が募集していたファイターズ打線の命名だが、週末14日の札幌ドームでの投票により決定したようだ。

得票数1位に輝いたのは、『なまらスゴイっしょ打線』

 投票結果は、こちら

 最終候補

 ネーミングが、今年の逆転打線の関連性はありますが、ファイターズファンとしては、ビミョーなネーミングです(笑) 
 でも、「ビッグサーモン打線」や「ジンギスカン打線」よりは、いいかも・・・

 なぜ、STVが旗振りをして打線名の公募を行ったのか?

 事の発端は、梨駄監督からの依頼とのこと。 当然、球団も公募について事前承認しているだろうし、今日放映の「どさんこワイド」では、梨田監督も打線名を色紙に書いてPRしたようなので、ファンの間でも『なまらスゴイっしょ打線』が、プラカードなどになって、レフスタを賑わすだろう。

 ところで、2009年の『なまらスゴイっしょ打線』 の11年前、1998年の強力打線は、『ビッグバン打線』  当時解説者だった原辰徳氏が、「ボリュームがハムではなくステーキだ」と言う理由から『ビッグステーキ打線』と呼んでいたが、定着しなかったようだsad

 原氏が提唱した『ビッグステーキ打線』が根付かなかったのは、トホホ(笑)だが、『なまらスゴイっしょ打線』のファンの反応には、これから期待することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.17

「SXF確認機能検定」ソフトが、これからのスタンダード?

 まだ、お盆休みの最中の方も多いことかと思いますが、北海道の小中学校は、今週半ばから2学期が始まります。 うちの子供も小学校最後の自由研究と宿題のラストスパートをかけているところです。

 さて、お盆休みにも(まじめに)出社していた自分は、SXF最新情報ブログで、2009年10月より、「SXF確認機能検定」が開始される情報を入手しました。


以下、OCFWEBサイトからの引用文

 CALS/ECの電子納品フォーマットであるSXF仕様に関連した開発者向け資料として、「SXF表示機能及び確認機能要件書(案)」が公開されています。(最新版は、平成21年3月)
⇒SXF Ver.3.1仕様書、SXF表示機能及び確認機能要件書(案)のページ

 これは、SXFデータを取り扱うソフトウェアが、SXFデータを表示・印刷したり、データの内容がCAD製図基準(案)に則っているかの確認をしたりする際に、共通して備えているべき機能要件をまとめたものです。 市販ソフトウェアがこの要件書に準拠することで、ソフトウェアによって異なる機能や結果によるトラブルを防ぐことができます。


 OCFは、SXFブラウザVer.3.20(国総研)を使用した際の、目視確認とCAD製図基準(案)チェック機能の不具合についても記載しています。

 実は、SXFブラウザの開発停止?についての情報を耳にしていた最中の「SXF確認機能検定」の発表です。 つまり、SXFブラウザの将来について、自分なりに情報不足だった部分が、今回の新たな機能検定の登場によって、明確化されたことになります。

 「SXF確認機能検定」合格ソフトが、今後、SXFの目視確認と基準(案)チェックの標準ソフトとなりえる可能性が、極めて大きいことから、公式に使用できるSXFビューア&チェックソフトについて、今後のCAD製図基準(案)とガイドライン、手引きで発表される運用方法が気にかかります。

 Photo
 SXF確認機能検定の位置付け(OCFより)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »