« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

2008年12月28日 - 2009年1月3日

2009.01.02

建ブロの日 【初夢】

 今日は、2009年最初の建ブロの日になります。
 
いつもは、ぞろ目日の建ブロの日ですが、昨日は元旦なので2日(内緒ですが、自分の誕生日です)にスライドしました。
 さて、今月のテーマ【初夢】ですが、皆さんはいい夢を見られましたか?
 初夢に見ると縁起が良いものとしては、「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび)」があげられます。Wikipediaによると、この3つの組み合わせは、江戸時代初期にはすでにあったそうです。
 それら諸説の中には、、徳川家縁の地である駿河国での高いものの順という説があります。富士山、愛山、初物のなすの値段というのが、その理由。
 さて、地元札幌には、激盛で有名なスパゲティー屋さんがあります。
 その名は、『ビバ!スパゲティー富士山(フジヤマ)』
 今日のお題にピッタリの店名です。鷹の爪と茄子が入ったスパがあれば表彰台独占のお店です。
 この日は、偶然にも大感謝祭 全品半額!!。 店に入ると、半額というとこともあり、かなりの混雑具合。
 R0014427
 さて、この日は、ここの看板メニュー?の「サクラ」を注文。同時に入店した男性2名は、いずれもフジヤマサイズを注文。初心者の自分は、少し遠慮して、ジャンボサイズを注文。
スパ麺のグラム量
 ・レギュラー 360g
 ・ジャンボ 480g
 ・フジヤマ 550g
 ・モンブラン 650g
 ・キリマンジャロ 770g
 ・チョモランマ 1,000g 
 R0014425 
 店内のメニューは、フジヤマまでしか書かれていない。チョモランマの値段が気になる。
 R0014421 
 「サクラ」ジャンボサイズ
 上の写真は、自分が注文したジャンボサイズですが、隣の客が注文したフジヤマと大差ないように見えます。でも、スパ麺は、一品毎に秤で計量しているので、それなりの量はあるんでしょうね。
 
 R0014423 
 店内では、コック二人が調理に忙しそう
 さて、ここのお店は、大盛店にありがちな雑さを感じさせません。雑よりも、お客に対する心配りの数々に感動します。 その一例として、店内の壁には、このような社訓が書かれています。



【社 訓】
1.フライパンはプレヒート!! 1.具材は、豪快に!! 1.盛り付けは、大胆に!! 1.極熱極冷でご提供!! ・お気軽にお申し付け下さい!!  お水が欲しい  苦手な具材がある ・割り箸、スプーンが欲しい ・おしぼりが欲しい ・テイクアウトにタバスコを付けて欲しい ・小松菜を抜いて欲しい ・カレーにキムチを乗せないで欲しい ・しいたけを抜いて欲しい ・薄味、濃味にして欲しい
 

店長の心配りがふさわしいフジヤマは、初夢のチャンピオンということを、ここのお店で実感した次第です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009.01.01

2009年のカウントダウンに見られる秒の不一致考察

 Ya_006

 fuji 新年明けましておめでとうございます fuji

 テレビのカウントダウンとともに、2009年がやってきました。

 でも、地デジもBSデジも、約2秒~3秒(BSの場合は、衛星との距離が長いため0.5秒程度長くなる)のタイムラグ(遅延)があるので、2秒フライングするのが正しいあけおめなのかもしれません。

 このタイムラグは、録画番組の場合は、時間調整での送信が可能だが、スポーツ中継や新年のカウントダウンの場合は、そうはいかないだろう。

 この2秒の遅延は、AD変換、DA変換に要する時間なので、送受信機器の処理速度が向上すれば、タイムラグは短くなるものと考えられます。

 さて、時間の話題をもう一つ。

 今日は、うるう秒による時間調整が行われます。

 うるう秒は、元旦の午前8時59分から9時00分の間に1秒のうるう秒が加えられ、かいつまんで書くと、8時59分60秒があるんです。

 2006年以来のうるう秒なので、興味のある方は、標準時刻のサイトで確認されてはいかがでしょうか?

 新年早々から、秒単位の細かいことを書いてしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.12.31

今日が、大晦日か!

 大晦日のこの時間。 紅白を観ながら、新年を迎えつつある日本の空気を感じようとしているけれど、明日が元旦っていう気持の高ぶりがないです。

 そんな中でも、時間は刻々と刻まれて、あと1時間40分で2009年。

 今年は、業界的に風速25mの逆風が吹き荒れました。 そんな厳しい環境の中、何とか生き延びている自分ですが、読者の皆さんには、日ごろ感謝しています。

 来年の状況もさしたる追い風は吹かないでしょうが、少しでも業界内の状況に触れられるブログになるよう努めます。 みなさんよいお年をお迎えください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »