« 電子納品ホームページ(国交省)のアンケート募集中 | トップページ | コンサにゴン »

2009.12.22

作業時の照度基準

 今日12月22日は、冬至。 一年で一番夜が長いこの時期の現場作業は、照明器具が必要不可欠です。

 先ずは、本題に入る前に、今年(2009年)の冬至と夏至の比較をしてみましょう。

主な都市の日の出日の入り時刻
2009冬至 日の出 日の入 夜の時間 昼の時間
札幌 7:03 16:03 15:00 9:00
仙台 6:50 16:20 14:30 9:30
東京 6:47 16:32 14:15 9:45
名古屋 6:57 16:45 14:12 9:48
大阪 7:02 16:52 14:10 9:50
広島 7:13 17:04 14:09 9:51
福岡 7:19 17:15 14:04 9:56
那覇 7:13 17:43 13:30 10:30
2009夏至 日の出 日の入 夜の時間 昼の時間
札幌 3:55 19:18 8:37 15:23
仙台 4:13 19:03 9:10 14:50
東京 4:25 19:00 9:25 14:35
名古屋 4:38 19:10 9:28 14:32
大阪 4:45 19:14 9:31 14:29
広島 4:58 19:26 9:32 14:28
福岡 5:09 19:32 9:37 14:23
那覇 5:37 19:25 10:12 13:48

 札幌はこの時期、全国で一番日没時刻が早いことがわかります。

 さて、タイトルにある「作業時の照度基準」ですが、『労働安全衛生規則』第604条で定められていることをご存知でしょうか?

(照度)
 第六百四条  事業者は、労働者を常時就業させる場所の作業面の照度を、次の表の上欄に掲げる作業の区分に応じて、同表の下欄に掲げる基準に適合させなければならない。ただし、感光材料を取り扱う作業場、坑内の作業場その他特殊な作業を行なう作業場については、この限りでない。

作業の区分 基準
精密な作業 300ルクス以上
普通の作業 150ルクス以上
粗な作業 70ルクス以上

 一般的な土木工事では、70ルクスを確保するのが一般的だと思います。照明機器の配置においては、上記基準を満たすよう計画されると良いでしょう。

 また、その照度の検証方法としては、照度計での実測が可能です。照度計は、一台3万円程度なので、会社で一台用意しておくと便利でしょう。

         
        照度計 testo540
        (
楽天市場へリンク

|

« 電子納品ホームページ(国交省)のアンケート募集中 | トップページ | コンサにゴン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/47084653

この記事へのトラックバック一覧です: 作業時の照度基準:

« 電子納品ホームページ(国交省)のアンケート募集中 | トップページ | コンサにゴン »