« 2009年 私の選んだ建設流行語大賞 | トップページ | 今年の格言 »

2009.12.31

今年もお世話になりました

 年末年始休暇も3日目の今日。
 札幌市内は、昼前から雪模様snowsnowsnow 明日、明後日と大荒れの天気になるようなので、これから帰省する方、また年明けにUターンされる方の足が、乱れそうです。

 さて、大晦日の今日は、昼から恒例の蕎麦打ち。その後、実家に蕎麦と少しばかりのおせち料理などを届けた後、帰宅途中にある神社で、今年の家内安全のお礼の参拝を済ませてきました。
 午前0時過ぎには、初詣の客でごった返す境内は、この時間、しんしんと降り積もる雪が、周囲の雑踏を打ち消し、凛としていました。

 P1000561

 毎日新聞WEBサイト(2008.12月)に、丑年の経済格言が載せられていました。
 ◇相場格言でみれば、丑年は下がりやすい。
 ◇過去の丑年は戦後経済史に残る出来事が多かった。

 今年の丑年は、遠からずこの格言に言われる年だったのではないでしょうか。

 あと8時間足らずで、新年を迎えるとともに、年末年始休暇も折り返し地点を迎えます。 今年一年間、CALS斬りっ!をご愛顧いただきありがとうございました。 みなさん、良いお年をお迎え下さい。

 

|

« 2009年 私の選んだ建設流行語大賞 | トップページ | 今年の格言 »

コメント

本年は大変お世話になりました。
お蕎麦も無事に終了されたようで…
恒例行事があるって、いいですね。
メリハリつきますよね。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
来年こそ、北の大地へお邪魔できますよう
初詣でお祈りしてこようと思います。

投稿: abrazo | 2009.12.31 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/47163780

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もお世話になりました:

« 2009年 私の選んだ建設流行語大賞 | トップページ | 今年の格言 »