« クリスマスプレゼントの二重納品?に苦悩する | トップページ | 今年もお世話になりました »

2009.12.28

2009年 私の選んだ建設流行語大賞

 今日が、仕事納めという方が多いと思います。
 自分も大そうじは、26日に終わらせているので、今日は溜まっている仕事を年明けに繰り越さないよう、少しでも仕事を終わらせる予定です。

 さて、建設ブロガーの会統一テーマとして設定している今日のタイトルですが、自分が選んだ建設流行語大賞は、

    設計変更仕分け

 12月上旬のある日、北海道開発局の工事を担当している札幌周辺の現場代理人を集めて、ある講座が開催されました。 2時間半程度の講座の主な内容は、設計変更に関すること。 すなわち、「設計変更ガイドライン(案)」に基づき、設計変更で計上できるできないの仕分けについて説明が行われました。

 今回の講座に基づいた設計変更仕分けが、来年1月に、発注事務所で行われます。 予め、発注者が用意した雛形に、設計変更内容と請負者が積算した変更金額をもって、設計変更の可否について協議するものです。
 ただし、設計変更対象の前提となるためには、「打合せ簿」による事前協議結果の提示が不可欠となっています。 つまり、請負者が、監督員の承諾を得ずに勝手に実施した内容は、設計変更対象となりません。

 来年実施される設計変更仕分け協議の効果は未知数ですが、設計変更で見れる見れないが、その理由を含めて明確になることは、意義はあると思います(社長を同行させても良いことになっているらしい)

 落札率が90%を下回る中で、サービス工事は根絶しなければなりません。先般、政府が実施した事業仕分けの会場で鳴り響いた怒声が出ることはないでしょうが(笑)、きちんとしたジャッジが行われることを期待します。

|

« クリスマスプレゼントの二重納品?に苦悩する | トップページ | 今年もお世話になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/47128860

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 私の選んだ建設流行語大賞:

» 2009年 仕事納めとなりました [CALSスクエア北海道]
 今日は、全国的に仕事納めの12月28日。 その忙しい中、建設ブロガーの会メンバーが、統一テーマで投稿を行っていますのでご紹介します。  テーマは、「2009年 私の選んだ建設流行語大賞」  9月の政権交代により、コンクリートから人へと国の予算執行に大きな舵が...... [続きを読む]

受信: 2009.12.28 15:52

» 2009年 私の選んだ建設流行語大賞 [RCEの「北海道ひとりで登山」]
久々の建ブロ会統一タイトルによる投稿です。ちょっと出遅れましたが、私も投稿いたします。私が選んだ建設流行語大賞は・・・「コンクリートから人へ」さて、土木業界が随分悪者にされている訳ですが、政治家の皆さんも分かっていて悪者にしているのか、それとも分からない....... [続きを読む]

受信: 2009.12.29 00:33

« クリスマスプレゼントの二重納品?に苦悩する | トップページ | 今年もお世話になりました »