« 夏休みの思い出 その3 | トップページ | 命名 今年は『なまスゴ打線』 »

2009.08.17

「SXF確認機能検定」ソフトが、これからのスタンダード?

 まだ、お盆休みの最中の方も多いことかと思いますが、北海道の小中学校は、今週半ばから2学期が始まります。 うちの子供も小学校最後の自由研究と宿題のラストスパートをかけているところです。

 さて、お盆休みにも(まじめに)出社していた自分は、SXF最新情報ブログで、2009年10月より、「SXF確認機能検定」が開始される情報を入手しました。


以下、OCFWEBサイトからの引用文

 CALS/ECの電子納品フォーマットであるSXF仕様に関連した開発者向け資料として、「SXF表示機能及び確認機能要件書(案)」が公開されています。(最新版は、平成21年3月)
⇒SXF Ver.3.1仕様書、SXF表示機能及び確認機能要件書(案)のページ

 これは、SXFデータを取り扱うソフトウェアが、SXFデータを表示・印刷したり、データの内容がCAD製図基準(案)に則っているかの確認をしたりする際に、共通して備えているべき機能要件をまとめたものです。 市販ソフトウェアがこの要件書に準拠することで、ソフトウェアによって異なる機能や結果によるトラブルを防ぐことができます。


 OCFは、SXFブラウザVer.3.20(国総研)を使用した際の、目視確認とCAD製図基準(案)チェック機能の不具合についても記載しています。

 実は、SXFブラウザの開発停止?についての情報を耳にしていた最中の「SXF確認機能検定」の発表です。 つまり、SXFブラウザの将来について、自分なりに情報不足だった部分が、今回の新たな機能検定の登場によって、明確化されたことになります。

 「SXF確認機能検定」合格ソフトが、今後、SXFの目視確認と基準(案)チェックの標準ソフトとなりえる可能性が、極めて大きいことから、公式に使用できるSXFビューア&チェックソフトについて、今後のCAD製図基準(案)とガイドライン、手引きで発表される運用方法が気にかかります。

 Photo
 SXF確認機能検定の位置付け(OCFより)

|

« 夏休みの思い出 その3 | トップページ | 命名 今年は『なまスゴ打線』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/45923567

この記事へのトラックバック一覧です: 「SXF確認機能検定」ソフトが、これからのスタンダード?:

» 「SXF確認機能検定」が、始まります [CALSスクエア北海道]
 CALSスクエア北海道のキムタケです。短いお盆休みも終わり、今日から仕事復帰の方も多いのではないでしょうか。次の長期休暇は、9月のシルバーウィークです。それまで、お仕事がんばりましょう。  ところで、オープンCADフォーマット協議会(OCF)のWEBサイトを見ていた....... [続きを読む]

受信: 2009.08.21 19:10

« 夏休みの思い出 その3 | トップページ | 命名 今年は『なまスゴ打線』 »