« ドキッとした | トップページ | 3連休の暇つぶしに »

2009.07.03

PDFの閲覧倍率と、電子化による創意工夫のお願い

 去る6月30日、北海道開発局の工事(業務)仕様書が改訂された。
 改訂されたのは、「土木工事数量算出要領」を含めた8文書。

 北海道開発局の仕様書ダウンロードページ
 北海道開発局の仕様書ダウンロードページ

・土木工事数量算出要領(道路・河川編) 
・道路・河川工事仕様書   
・港湾・漁港工事仕様書   
・空港工事仕様書   
・農業土木工事仕様書   
・電気通信工事仕様書   
・測量調査・地質土質調査仕様書   
・設計業務共通仕様書

 この内の「道路・河川工事仕様書」をサラリと拝見したが、改訂箇所がイマイチつかめない。

 その「道路・河川工事仕様書」を閲覧(印刷)するPDFファイルを開いて驚くのは、161%で表示される超ビッグサイズの表紙。 ディフォルトの拡大率では、閲覧困難だろう。 このサイズのままストレスを感じずに読める方がいたら教えていただきたい。

  印刷しての使用を前提にしているとしても、使う側に立つと、もっと適切なサイズがあるのではないだろうか?

 電子納品のPDFは、以前、拡大率100%と定められていた。 自分的には100%が適正サイズと思うのだが、いかがなものだろう。

 と、愚痴は言うものの、仕様書の改訂部分を調べなければならないのも現実問題で、

電子化された仕様書なのだから、改訂箇所にジャンプする機能を設置していただければ、この上ない快適な仕様書となる。と、誰もが思いつくことではないだろうか?

 決してマメとは言えない自分が、このような公の場で(お上に)意見するのは、甚だ気が引けるが、紙でできないことを電子で行う。 このスタンスが肝要である。
 建設CALS/ECの恩恵をもっと身近なものに感じるため、工事(業務)実施のために必要不可欠な仕様書に、使い勝手の向上を図る工夫があってもよろしいのではないだろうか?と、感じざるを得ない金曜早朝であった。

|

« ドキッとした | トップページ | 3連休の暇つぶしに »

コメント

私も開いてみました。

私の場合、Acrobat Reder9では、画面横幅に合わせて一杯に表示されて133%、Acrobat Pro7では、1画面1ページで75%表示になります。

ファイル自体は表示も倍率もデフォルトとなっていました。

結局表示するAcrobat等の環境によって、表示のされ方が違うみたいですね。

また、印刷も拡大縮小をしなければA4でした。

投稿: ちょーろー | 2009.07.03 08:18

>ちょーろーさん
>私の場合、Acrobat Reder9では、画面横幅に合わせて一杯に表示されて133%、Acrobat Pro7では、1画面1ページで75%表示になります。

デフォルト設定のPDFだと、表示側の閲覧ソフトの環境に左右されるのかなぁ~?

投稿: だいひまじん | 2009.07.03 11:55

北海道ではありませんが、建設関連業界の片隅にいる者です。
ちょっと前から読ませていただいておりました。

>改訂箇所にジャンプする機能を設置していただければ、

昔の電子納品ごく初期の官製のPDFには、「しおり」さえ無かったのですから(受注者には要求していたけれど・・・)、今は多少は官の意識も変わったのでしょう。

改訂部分へのジャンプは言われるように快適ですが、せめて改訂内容に関して別のリスト文書でもつくってくれれば良いのに、と思います。

他の基準類にも共通する話ですね。

投稿: いさた | 2009.07.05 00:45

>いさたさん
コメントありがとうございます。
ぜめて改訂一覧若しくは改訂箇所がわかる工夫は、欲しいですね。

投稿: だいひまじん | 2009.07.07 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/45520637

この記事へのトラックバック一覧です: PDFの閲覧倍率と、電子化による創意工夫のお願い:

« ドキッとした | トップページ | 3連休の暇つぶしに »