« 今さらですが・・・ 資格者活用について本腰か!? | トップページ | 大きな一歩、されど・・・、インセンティブも必要 »

2009.06.10

全国初の「住民参加型入札」を考える

 去る6月6日土曜日、北海道開発局小樽開発建設部発注の交差点工事の入札で、全国初の住民参加型総合評価入札が行われた。

 住民参加型総合評価入札とは、工事施工場所の自治体の市民が工事入札業者が行う工事の施工・創意工夫・自社の実績等についてのプレゼンテーションを参考に、自分が工事を任せたい企業を選出し、総合評価落札方式の加点として扱うもので、今回は、札幌市のお隣の喜茂別町の国道交差点改良工事(B等級・1億~2.5憶)の道路工事を対象に全国初の試みとして行われた。
 

 プレゼンの模様(北海道建設新聞社紙面より)

 工事詳細(e-kenshinより)
 試行対象は230号喜茂別町喜茂別市街交差点改良。
 後志管内の一般土木Bが対象で、施工延長は460m。歩道拡幅や右折レーン設置などを行う。3月31日に入札公告され、5月12日に開札。5月29日に評価値上位3社が選出された。

 プレゼン参加企業は、3社。 この3社は、プレゼン会場の喜茂別町役場で初めて公表されもので、草別組(岩内町)、協成建設工業(岩内町)、桜組(京極町)の3社である。

 今回のプレゼンの結果、桜組が、21票中17票を獲得。くしくも桜組の本社京極町は、喜茂別町の隣町。 羊蹄山の名水が有名な人口3500人ほどの農村地帯。

 入札金額に目を移すと、同工事の予定価格は1億6907万円で、各社の入札価格は協成建設工業1億6700万円、草別組1億6350万円、桜組1億6000万円と、プレゼン1位の桜組が最低応札者となっている。
 なお、応札額は、予定価格の94.7%であり、工事内容の詳細は、ここで知るすべがないものの、昨今の工事の落札率からは高い部類に入る。

 さて、全国で初めて試行された住民参加型総合評価入札だが、住民の公共事業に対する理解促進効果は、十分期待されるものの、入札手続きに要する日数とそれに関係する一般住民の募集、そして参加企業の負担など、同入札システムが受発注者ともに、膨大な負担となることについて、今後議論するべきである。

 なにより、住民支持数1位を獲得すれば、1億規模の工事で1千万円の応札額を逆転できるほどの大きなウェイトを占めていることを考えれば、一種のパフォーマンス。 ○○○劇場的な、絵にかいた餅をプレゼンすることにもなりかねない。さらに、過度なパフォーマンスと、それに便乗した演出ビジネスの登場!

 住民参加により、公共事業の理解度向上が飛躍的に向上することは望めるものの、今回のような地方町村での工事。 その投票に際して、親族・姻族がいないことを確認しても、どうしても地元ひいきになるのは、利害関係から仕方のないことだと思う。

 北海道建設新聞の紙面にも書かれているように、事業主体の国交省は、今回の試行結果の課題を早急に取りまとめ、今後の同種入札の拡大に向けての課題と、対象工事と地域について検証し、住民投票の公平性を確保する必要があると考える。

|

« 今さらですが・・・ 資格者活用について本腰か!? | トップページ | 大きな一歩、されど・・・、インセンティブも必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/45291092

この記事へのトラックバック一覧です: 全国初の「住民参加型入札」を考える:

» 住民参加型総合評価 [道路工事中につきご協力を]
毎週金曜日は「1週間」を振り返り、出来事や話題などについて書いています。 以前、ココで書いた、住民参加型総合評価入札が6月6日に行われました。(詳細はコチラ)  私的意見としては「よくやった!」と思います。 まず、プレゼンを担当した建設会社に対しての「よくや....... [続きを読む]

受信: 2009.06.12 00:58

« 今さらですが・・・ 資格者活用について本腰か!? | トップページ | 大きな一歩、されど・・・、インセンティブも必要 »