« 「WBC焼きそば」って?? | トップページ | 水際作業の安全対策 »

2009.05.25

デジカメ同期型のハンディGPSに新型が登場

 3年前に登場し、当ブログでも紹介したデジカメ同期型のハンディGPS CS1K(15,540円)
 自分も、ドライブや現場調査なので重宝しています。

 そのCS1Kの後継機が登場していることを知りました。 ググってみると、すでに4月に発売されていた模様。 情報収集が、手抜かりでした weep

GPS-CS3K 希望小売価格: 18,900円
 Gpscs3k
 出典:http://www.sony.jp/gps/products/GPS-CS3K/index.html

GPS-CS3Kの主な特徴(SONY公式サイトより)
pencil 高感度のGPSユニット
pencil 衛星受信状況などを確認できる、わかりやすい液晶画面
pencil “スタミナ”約15時間で、長時間連続使用が可能
pencil 手軽に持ち歩けるコンパクトタイプ
pencil メモリースティック デュオ/SDカードスロット搭載で、写真と位置情報のマッチングも簡単search
pencil RAW画像・動画にも対応
pencil Google(TM)の世界地図に写真や動画を表示できる付属ソフト

 カメラと一緒に持ち歩くスタイルは、従来機CS1Kと同じですが、改良点の中で特筆すべきは、GPS-CS3K本体にメモリースティック デュオ/SDカードスロットを搭載したことで、メモリーカードを直接に差しこむだけで、撮影した写真(JPEG)と取得した位置情報を、パソコンなしで簡単に書きこみできる。

  Gpscs3k_005_3
 本体のカードスロット(メモリースティック デュオ/SDカードスロット)

 
出典:http://www.sony.jp/gps/products/GPS-CS3K/feature_2.html
  
 従来機CS1Kは、ログデータをパソコンに取り込んで、付属ソフトでの書き込みが必要だったのですが、その煩わしさから解放されます。

 撮った写真が、パソコンいらずで位置情報付JPEGが生成できる機能は、
はっきり言って、極上の便利さです。

 自分の住む北海道は、面積83,456.58km²(日本の総面積の約2割超)と広大です。 観光スポットや山菜のポイントも多数あり、観光や仕事で画像データに位置情報を付加させることは、備忘録としても非常に効果的です。
 それが、従来機より簡単にできるよう改良されたGPS-CS3K

 自分的には、ずばり、妻に内緒でも欲しい親父ITグッズです。

 昨今の建設業界の厳しい受注環境の中、2万円の捻出は、厳しいです。

 GPS-CS3Kのフィールド実験に、協賛していただけるスポンサーを募集中です。

|

« 「WBC焼きそば」って?? | トップページ | 水際作業の安全対策 »

コメント

大いに気になりますねぇ~。(笑)

投稿: 温泉マン | 2009.05.25 07:30

>温泉マンさん
今まで以上に、活用方法が広がりましたね~。

投稿: だいひまじん | 2009.05.25 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/45091372

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ同期型のハンディGPSに新型が登場:

« 「WBC焼きそば」って?? | トップページ | 水際作業の安全対策 »