« デジカメ裏話 その4(最終回) | トップページ | あると便利なUSBグッズ »

2009.03.06

中国戦の素人考察

 昨晩の baseballWBC東京ラウンドの中国戦を観た。

 順当勝ちしたが、随所に“らしからぬ”凡ミスと、大味で非効率な攻撃が見られた。

 得点も(たった)4点と、中国の変則投法のピッチャーに戸惑った感も見受けられた。されど、これも国際試合。見たこともないようなフォームと動くボールを武器にするピッチャーが今後も続々と登板する。
 しかし、光るプレイも随所にあって、イチローの好守、先制点を誘うL中島のディレードスチールは、中国バッテリーを戦術面で揺さぶった。

 今大会は、「ダブルエリミネーション方式」という聞きなれないトーナメント方式。 2敗すると敗退が決まるシステムらしい。

 勝てば、アメリカラウンド進出が決まる次回試合は、土曜日。
 いやはや、目が離せませんなぁ eye

|

« デジカメ裏話 その4(最終回) | トップページ | あると便利なUSBグッズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/44257323

この記事へのトラックバック一覧です: 中国戦の素人考察:

« デジカメ裏話 その4(最終回) | トップページ | あると便利なUSBグッズ »