« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

2008年10月19日 - 2008年10月25日

2008.10.25

ノベルティグッズとは

 贔屓のチームが敗戦したその夜、ある建設ブロガーさんの現場を見学に行きました。

 そこで、いただいたものが、これです↓↓↓

 R0013619

 R0013620

 聞くところによると、なんと自作ノベルティ heart02

 忙しい時間を割いてのまめな手作業に頭が下がります.

 (低入札防止の)お守り代わりに、工事積算ソフトのUSBキーに付けさせていただきます(笑)

 ところで、ノベルティとは、「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指します。

 ただし原義は「珍しい事象や物」ということらしいです。

 非常に珍しいものありがとうございました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.10.23

「○○ポコ」で表彰・・・?? その1

 最初に、

 「○○ポコ」で検索された方へ

 ここは、まじめなサイトです(笑)

 さて、勘違いして覗きに来られたかった方には、丁寧にお断りを入れたので、ここからが今日の本題です(笑)

 昨日、自分の出身大学の教授から講壇の依頼をいただきました。 今年で3年目となる臨時講師としての社会貢献は、大学3,4年生の必須科目「建設マネジメント」の1時限を担当させていただいています。

 教授曰く、「だいひまじんさんは、ソフトとハード両面でのお話が面白い!」と、おだてられての講壇ですが、自分としては、講義中の”ソフトとハードの区分け”がピンときません。 しかし、毎週顔を合わせている教授の講義とは、違うのは確かです。

 つまり、教科書的な机上話ではなく、現場で起きている話ができるのが教授と学生にとって価値があるのだと思っています。

 さて、去年の講義を振り返ると、実は90分という時間を持て余しそうだったので、この方を講義に誘って各45分の講義をしました。 私の推薦のこの方の講義が、はずれるわけがありません。 学生諸君は、熱心に現場での地域密着の話を聞いてくれました。

 昨年の実績が実って、この方は、今年7月に同大学の臨時講師にソロデビューしました。

 次回「その2」に続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.22

エコピープル

 今夏、ここに書いた「eco検定」が、12月21日(日)に行われます。

 昨日、インターネットで受験申込みしました。 もちろん試験料は、自腹です。

 Photo

 資格取得の意義としては、
 企業の社会的責任(CSR)対応や今後の環境ビジネスの展開に向けて、知識を活用できるようになります。また、取得する社員が増えることで、企業のイメージアップにもつながります。ISO取得後の継続学習の一環として、社員の意識改革や自己啓発にも役立てられます。
 と、書かれていますが、まあ難しく考えないで、試験勉強を通じて少しでも環境についての薀蓄が語られればとの想いで受験します。

 しかし勉強は、まだです。 これから開始です。

 eco検定のHPを見ると、直近の7月20日試験の合格率は、なんと79.7%と以上に高い合格率を示しているので、今のところ高を括っています。 反対に不合格者20.3%は、パレートの法則によるところの8:2と酷似しています。

 この不合格者2割が、パレートの法則の主要な一部として、この試験に対してどのような意味を成しているのか皆目見当が付きません(笑)が、試験当日はこの2割にドボンしないよう、これからテキストを買って猛勉強です。

 試験結果は、2月6日に到着します。

 試験機関の商工会議所はeco検定合格者をエコピープルと呼んでいます。
 エコピープルとは、幅広い環境問題に対する基本的な知識を有し、そこから生まれる問題意識を日常の行動に移そうとしている方々、あるいは既にそうした活動を行っている方々に対する敬意を込めた名称だそうです。

 敬意を込められても謙遜してしまいますが、晴れて合格となったあかつきには、私のことを「エコピープルさん」と、3歩下がって呼んでください good

 Ecopeople_img_large

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.10.19

対戦成績を五分に戻した

 パ・リーグクライマックスシリーズ(CS)2ndステージが始まった。

 県営大宮球場で行われた初戦は、F先発グリンが、ボコボコのグランドコンディション以上に、ボコボコに打ちのめされたが、昨日のダルビッシュの右打者の胸元をえぐるようなツーシーむで1勝目。 今日は、序盤5点のリードを復活マウンドの武田久ほかのリリーフ陣で守り切った。 打線も2番に鶴岡を起用し、これがみごと的中!

 対戦成績を五分に戻した!

 明後日の第4戦は、互いに王手をかけた一戦になるが、これからの3試合は痺れた試合が続くだろうが、第6戦の先発が予想されているダルビッシュに繋ぐことができれば下剋上の完了なのだ!

 余談になるが、道内ローカルTV局がパワプロでCSの結果を大胆予測したところ、第6戦で日ハムが優勝との結果。 パワプロでのCS予測は、昨年も第5戦でのセギノールのホームランと優勝を的中させているだけに、今年の的中率も高いと思われる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »