« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月20日 - 2008年1月26日

2008.01.24

明日からCALS/EC MESSE

 1月24,25日の二日間、東京有明で、CALS/EC MESSE 2008が開催されます。

 筆者は、今日の朝一の千歳発 air_plane で上京し、セミナーなどで(積極的に)情報収集の予定ですが、問題は、今未明から週末にかけての札幌周辺の空模様!
 ※この記事は、昨日書いて予約投稿したものです。

 明日のお天気は雪だるまが傾くほどの大荒れ! 降水確率も80%!
 平常通りのフライトになるのか? 高速道路は通行できるのか? 総じて予定通りの行程が可能か? とても気がかりです。

 さて、予定通り、正午前に有明TFTに到着したときの予定です。

1/24(木)
 12:20 S-3 GPS情報化施工
 14:00 A-1 総合評価アップ
 15:30 A-2 ワンデーレスポンス

 ※今年は、シンポジウム未参加

1/25(金)
 10:30 J-1 情報共有
 11:30 J-2 測量成果
 13:00 A-4 SXF技術者の有効利用
 14:00 A-5 総合評価・情報化施工 or 14:00 J-4 詳細設計CAD現状
 16:00 J-6 CADデータ利活用

 MESSE終了後は、
 17:30 建ブロの会 in 東京 2008 [有限責任法人 建設情報化協議会(CIC)]

 Pict5399
  2007年シンポジウムの様子

 MESSE会場で、身長180cmの筆者を見かけたら、気軽に声をかけて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.23

1級土木の合格率 札幌がトップ!

 1級土木施工管理技士の実地試験合格発表があった。

 合格者数と合格率の全国平均は各々、12,899人・36.7%となっている。

 北海道の受験地2箇所は、札幌737人・44.1%、釧路133人・38.1%である。

 H19

 Photo
 出展 http://www.jctc.jp/kentei/0118d/attribute.html

 筆者が受験していた頃(昭和60年代)は、北海道と沖縄が合格率の底辺だったが、今年の札幌の合格率が全国トップ。釧路も全国平均を上回って五指に入っていたことに、驚いたとともにうれしく感じた。

札幌の合格率がトップなのは、このブログも多少なりとも合格率アップに寄与した?(笑)

 1級土木施工管理技士試験時期の7月と10月は、北海道における土木工事の最盛期。 その多忙な最中、試験勉強のために机に向かうことは、それなりの努力が必要である。

 これからの土木業界の縮小は避けられない中で、新たに資格を取得した若手技術者は、工事で得られる喜びを自己の栄養として、前向きな技術者としてがんばっていただきたいと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.22

フィールドサイン

 フィールドサインとは、山中等で見かける動物の糞、爪あとや足あと等、野生動物の残した痕跡のことです。

 今日は、札幌市南区にある「国営 滝野すずらん丘陵公園」で見つけたフィールドサインを紹介します。

 ここ「国営 滝野すずらん丘陵公園」は、市営地下鉄南北線真駒内駅からバスで約40分の札幌南部の山間地帯に、アシリベツの滝やオートリゾート滝野(キャンプ場)などの施設を、現在までに計画全体の49%にあたる192.3haを開園しています。

 滝野公園アクセスマップ
 滝野すずらん丘陵公園アクセスマップ(公式サイトより)

 入口の駐車場料金所で(普通車400円)を支払い、公園内へ車を移動。 先ずは、橋を渡った奥にある東口駐車場に駐車して、カントリーハウスへ行ってみます。
 ここカントリーハウスの入り口には、公園のマスコット「きのたん」がお出迎え! 室内にはレストランもあり、温かいメニューを食べることができます。

 きのたん
 カントリハウス入口の「ジャンボきのたん」

 この「ジャンボきのたん」の左足には、手術した跡があり「手術をしたので乗らないでね! 糸が見えてるでしょ」との可愛いメッセージが書かれています。 元気の良いチビッ子も、けが人は労わってあげましょう!
 「きのたん」からのメッセージ 
 「ジャンボきのたん」からのメッセージ
  手術跡

 手術跡の糸
 
 この「ジャンボきのたん」の直ぐ横はレンタルコーナー。
 ここでは、スノーシュー(無料)や大人用の防寒着や双眼鏡もレンタルできる(何れも無料)ので、冬のトレッキング用品に困ることはありません。 少し離れたハウス内では歩くスキー(有料)もレンタルしています。

 それと日ハムファンに朗報ですが、、レンタルコーナーの横には北海道日本ハムファイターズのヒルマン元監督のサインもあります。 ヒルマン元監督は、ここの公園を大変気に入っていて、休日に家族と訪れることが多かったと聞いています。

 ヒルマン元監督直筆サイン
 ヒルマン元監督直筆サイン

 さて、スノーシューをレンタルして、真冬の公園内を散策してみましょう。

 出発して少しのところで、最初のフィールドサインが見つかりました。 これは、何でしょう?
 Sign1
 この足あとは?

 ここから場所は離れますが、再び足あとを発見!
 足あと2
 これは何でしょう?
  P1020424
  これは?

 今回、比較的きれいな足あとは3つしか発見できませんでしたが、新雪の雪原では、森に住む動物の行動を発見するには好条件です。

 フィールドサインを覚えるために、足あと木製コースターを製作するイベントもありましたので紹介します。
 木製コースター
 木製コースター

 作り方は非常に簡単で、用意された切り株に足あとが刻まれた型抜きを使って着色するだけ。僅か数分で完成します。
 足あとのテンプレート
 足あとの型抜き

 フィールドサインを詳しく知りたい方は、下記の書籍が最適です。
                              

 最後に、日本の滝百選に認定されているアシリベツの滝の氷爆です。
 アシリベツの滝
 アシリベツの滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »