« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »

2008年7月6日 - 2008年7月12日

2008.07.11

現場は3Dについて来られるのか?

 平成20年6月20日に開催された国土交通省CALS/EC推進本部作業部会の資料が公開されています。 AP2008の策定に向けての動きが活発化しており、ここでは新たなキーワードとともに図面の高度化について論議されているようです。(既に西暦2008年も後半に突入。 AP2005の時のようにAP2008発表が2009年初頭にずれ込むのだろうか?)

・ICT
・生産性向上

 「ICT(Information and Communication Technology)」は、2005年を始点とする「u-Japan構想」で使われ始めました。 従来のIT(Information Technology)の「情報」に加えて「コミュニケーション」(共同)性が具体的に表現されているのが特徴です。

 「生産性の向上」についても、建設CALS/ECを推進する際の大きな効果として挙げられていましたが、ここに来て一段と語気が強まったような印象を受けました。

 さて、西から強い太陽が差し込む事務所で、斜め読みながら作業部会の資料を拝見させていただいたところ、下記の表記に驚愕させられました。

 設計段階から施工の効率化を図るよう3次元データの活用を国土交通省CALS/EC新計画に位置づける。
 平成21年度に3次元データを活用した試行工事を実施する。

 ついに3次元への突入がAPに盛り込まれるのかsign03 3次元は、必然的な流れだが、現実論を考えたとき、はたして設計会社は、施工会社へ正しい3次元データを供給できるのか? 一般の土木業者が3次元データを活用できるのか? 図面修正のスキルは? 3次元データの2次元化という逆説もあり得ないか・・・etc.

 総じて、土建業は、3次元への本当に突入に対応できるのか?

 自分程度のレベルで恐縮ですが、現時点での3D導入には疑問符が山積します。
 先に進むべき道があるのは、重々承知していますが、今一度、現状における電子納品の活用や、情報共有の問題点等、過去に試行を進めてきた建設CALSのプログラムについて、洗いなおす必要があると思います。 現にAP2005も十分に達成できていない現状なんですから・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.07.10

技術所見のレビュー

 週末から作成していたNEWテーマの技術所見2件は、昨日の社内レビューを無事通過しました。

 社内レビューに諮る技術所見(案)の作成。 設計図書の把握、現地踏査、そして、個人的なお付き合いの中から得られた情報を元に、技術所見(案)を作成するのに費やした日数は2.5日。 これら技術所見(案)の準備プロセスを費用換算するといくらになるのか? 同業者の方だと察しがつくと思います。

 さて、レビューが始まると、冒頭からつまずきが発生。 それは、レビュー参加者が工事の内容について理解不足だったこと。 技術所見の作成ポイントとキーワードの把握について、参加者が共通意識を図られないまま、無駄な40分ほどの時間を過ごしてしまいました。 新しい工法についての所見作成と言えども、これはロスタイム(4人×40分=160分=0.3日)です。 

 しかし、レビューに参加していた一番偉い人は、さすがです。
 レビュー開始時からの意見交換で、自分の思い込みがこの工事が求めている技術所見と乖離していることに気がつきました。 自分は、ここで安堵しつつ、やっとレビューのスタートラインに立てた安堵感を得ると共に、本来の目的である文書の修正が、スムーズに進みました。

 今回は、NEWテーマの技術所見作成でした。 従って、設計図書と現場の把握を含めた情報収集について、自分の能力を十二分に発揮?した成果だと自負しております (このくらい自分をヨイショしないと、技術所見を一から書くことをやってられません。ホント大変なんですよdash

 今日は、来週に迫ったQMS審査の準備を行います。

 北国の暑い夏はこれからが本番です!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.07.09

サミットブログパーツを貼りました

 北海道洞爺湖サミットは、本日を持って閉会します。

 サミット1ヶ月ほど前からの札幌市内は、全国からの警察車両が一同に終結し、市内にいながら全国を旅した気分になりました。(東京以北の車両が札幌市内で見かけなかったのが疑問ですが・・・)

 今朝は、わが家の上空をヘリが洞爺方面に飛行するのを見かけ、今日が最終日との実感が湧きました。最後まで、トラブルなしで帰国していただきたいです。

 ところで、北海道洞爺湖サミットを覗くと、面白いブログパーツを見つけましたので、左サイドバーに貼付けました。 クリックしてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.08

久しぶりのNEWテーマ

 先週末から、ある工事の技術所見を書いています。

 お題は、「真空圧密ドレーン工法」の負圧シール層についての施工方法と管理。 久しぶりのNEWテーマです。

 この工法は、軟弱地盤での急速載荷が可能。 つまり円弧すべりを防止するための段階載荷が不要と、NETISを取っているだけあって軟弱地盤の盛土工法として、今回提案する工事地域では施工実績が多い工法です。

 しかし、「真空圧密ドレーン工法」の経験が皆無の自分。 インターネットや施工実績のある知り合いの技術者から教えてもらった情報で、技術所見を書くしか、自分には手だてがないんですね。 たった一人で、書いてます。
 これも零細企業の宿命と思いつつ、自分にできる限り説得力のある所見を目指してます。

 社内レビューは水曜日。 たたき台もないゼロの状態、しかも自分には経験がない工法。
水曜日は技術所見を書く苦労を知らない面々が、自分の書いた技術所見に対して、その労苦を労うでもなく、否定的な意見が飛び出すかと思うと、やり切れない思いです。

 技術系の文章って、素案的たたき台があれば、文書のストーリーと、それを効果的に演出するキーワードの整理が容易なんだよね。 レビューで否定的な意見を言う彼らは、一から書く労力を知っているのか甚だ疑問視する。 仮に労力を知っていても、「あなた。ゼロからの状態で提案書書けますか?」と、襟首つかんで問いただしたくなるよね!

 「おい、次回はあんた書いてみろ!」 と、刺々しい捨て台詞を残して、けつを捲りたいけど、こんなところで切れちゃ単細胞人間になるので、俺はこんなところでは切れたくない。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.07.07

【建ブロの日 私が短冊に書きたいこと】

 今月のテーマについて、昨日から悩みに悩んでいました。 しかし、午前中に出席した安全大会で、今日、この日に書くべく短冊が決まりました。

※安全大会で、短冊のテーマを決めた理由は追求しないで下さい。

R0012347 

 自分の身長は180cm。体重は82kg前後。 少々肉付きはいいですが、FATではありません。 が、来る7月19日からの北海道人にとっては、強烈な酷暑の中開催される「建ブロの会 in 広島」に向けて、シェイプアップしなければなりません。

 この方からも熱烈応援されています。何よりも、自分の目標は、座右の銘として戒めなければ意味がありません。

 以上の理由から、今年の短冊は「シェイプアップ」とさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.06

「メガカツカレー」を食らう

 今日は、週末日曜日です。久しぶりにB級グルメの話題を少々・・・。

 先日、この方の世話役として某大学の工学部校舎に行ってきました。

 約2時間の所用が滞りなく終了。 時間は、すでにお昼時。せっかくなので、今回の所用に同行されたこの方の部下数名と学食でランチをすることになりました。

 大学の学食といえば、リーズナブルなメニューとボリューム満点のメニューが特徴。 その期待通り、ほとんどのメニューが400円以内。 その安さとメニューの充実ぶりに、自分も、もう一度学生に戻りたくなる衝動にかられました(笑)

 そんな、リーズナブルなメニューの中に、カツカレー540円(たぶん)と、リーズナブル軍団の中に、ひときわ異彩を放つメニューを発見eye よーくメニューを読むと「メガカツカレー」と書かれている!

 (自称)グルメファイターのこの方が、指をくわえて素通りするわけがありません。 さらに、この方の部下1名も「メガカツカレー」に挑戦することになったことも、あえてここで書くまでもないことです。

 さて、一見大人買いとも思える「メガカツカレー」

 2名は、立て続けにメガカツカレー」を注文。
 注文を受けた調理場のおばちゃんは、なぜか少々焦った様子を見せるが、調理場の2名と専用大深皿と秤で二人前のライスを盛り、そして二人前のカツを盛り付け、最後に二人前のカレールーをかけた。 

  「メガカツカレー」にカレーをかけるおばちゃん
  「メガカツカレー」にカレーをかけるおばちゃん

 少々異様と感じたKYに、3番目に並んでいる自分は、おばちゃんに「メガカツカレー」の売れ行きを聞いてみた。

 学食のおばちゃんの話では、new 販売当初は、良く売れたけど、最近はよほどの腹ペコじゃないと注文がないのよぉ~。 最後の方を食べるのが大変みたいよcoldsweats01とのこと。

 最近は、食べ盛りの学生でさえも敬遠するようだcoldsweats02

 さて、おばちゃんと軽いジャブをかわした自分は、普通盛りのカツカレーを注文。

だいひまじん「僕は、カツカレー。普通盛りね」

おばちゃん「ホッ・・・coldsweats01

  メガの三連チャンが回避された安堵感からか、おばちゃんの口からため息が漏れたsweat02 これが「メガカツカレー」のすべてを物語っていた。

 カレー比較
 深皿に盛られた「メガカツカレー」と「普通サイズのカツカレー」

※上の写真だが、メガと普通サイズは同一に写っているが、メガは深皿で、ライスはカレールーの下に埋もれている。

 さて、今回の「メガカツカレー」の結末だが、なんなく完食した2名は、学食出口のデザートコーナーを横目に帰路についたことを、自分は見逃さなかった(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »