« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »

2008年6月22日 - 2008年6月28日

2008.06.25

遠足の軌跡

 昨日の札幌は、朝は曇天ながら、正午前から、この時期特有の脳天直撃的紫外線を帯びた太陽が戻りました。
 最高気温も26.3度と、暑さに弱い北海道民には、汗ばむくらいの遠足日和。

 さて、今回の遠足を迎えるにあたって、秘策を練っていた自分でして、その秘策を遠足前日の晩に妻と娘に提案したところ、「面白そうheart04」と、こちらの想定外の快いお返事。

 夜が明けて、一応、娘に昨晩の提案を聞いてみるが、再度OKとのこと。 ただし、リュックサックの奥に入れてほしいとのことで、敷物が入っている小ポケットに秘密兵器のGPS(SONY GPS-CS1KSP)を入れた。

 このGPSは、12000円ほどで入手可能。 15秒毎に緯度経度、速度、標高のログを取得。 その取得したログは、軌跡(トラッキングデータ)として表示可能なサービスが用意されています。

 ということで、娘のリュックに忍ばせたGPSのログから抽出した2種類の奇跡表示を用意しました。
 なお、GPS精度の都合で、静止時のデータが近辺にワープすることがあります。 これは、動いているのではなく、GPS誤差によるものですのでご理解よろしくです。

oneSightField プレテストサービス(WEB上で軌跡の無料表示ツール)

 奇跡表示http://sightfield.jp/CS1K/track.php?id=61e9940307d05d6bbb32e03833292fd8

twoGoogle Earth

 KMLファイル(「WGS20080623.kml」をダウンロード )で、軌跡を表示

 KMLへの変換は、trk2kmlを使用

 この安価なGPSの土木業界への応用があればコメント等でお知らせいただけると、創意工夫の輪が広がるんだけど、・・・・気長に期待しています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008.06.24

雨天も前向きに

 我が家には、小学5年生になる娘がいます。

 先々週の金曜日、前日までの晴天が、あいにくのrain。 その日は、楽しみにしていた小学校の遠足だったわけですが、あえなく延期。 中止じゃなくて、延期です。

 夕方に近所の駄菓子屋で予算200円のおやつを調達。 数日前からも、テルテル坊主で晴天祈願していた娘は、早朝から降りしきる雨に、がっくりと肩を落としています。 いつものノーテンキではなく、熱くなった目頭で、テンションが上りません。

 そんな娘に、父親は気持ちを察して言いました。
 「楽しいことが10日先になったんだよ。 10日後は、きっといい天気になるよ。 それとも、今日の雨の中での寒い遠足がいいの? 10日後の晴れの中での遠足と、今日の雨で寒い遠足。 どっちが楽しいの? パパなら、10日後まで楽しみが伸びたな~って思うよ。」

 娘は10日後の遠足の方が楽しいと答えました。 それは、親にいい含まれた結果かもしれません。 でも、楽しいイベントは、その準備段階や楽しい当日をイメージすることでより一層の幸せを感じると思います。

 楽しみが少しだけ先延ばしされましたが、今日の天気予報も上方修正。

 6月24日 最高気温22度。降水確率気にする必要なし。

 今日は、絶好の遠足日和のsunになりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.22

夏至の夜のさっぽろテレビ塔

 昨日は、夏至でした。
 各地の日の出、日の入り時刻は以下のようになっています。

 札幌 日の出時刻 3:55 日の入り時刻 19:18
 (北緯  43° 2′東経 141°21′)

 東京 日の出時刻 4:26 日の入り時刻 19:00
 (北緯  35°39′東経 139°44′)

 広島 日の出時刻 4:58 日の入り時刻 19:26
 (北緯  34°23′東経 132°27′)

 夏至の日に限っては、札幌は広島の日の出より1時間も早いんです。ですから、北海道の5月中旬~8月下旬頃は、半ラウンドの早朝ゴルフ後の出社も可能です。

 さて、話は変わりますが、夏至の日のイベントとして定着しつつあるキャンドルナイト。 昨晩、札幌市内でも「さっぽろキャンドルナイト 2008」が行われました。

 キャンドルナイトの由来は、2001年にカナダで始まった自主停電運動です。
 日本では、当初100人程度の参加でしたが、省エネ、平和、あるいは世界のいろいろな場所で生きる人々のこと・・・、一人ひとりがそれぞれの想いを胸に、ゆるやかにつながって「暗闇のウェーブ」を地球上に広げよう』というこの取り組みは、参加者から、キャンドルナイトで体験できる「いつもと違う時間」の持つ想像以上の深い意義の感想が寄せられ、近年の環境保護の背景が相まって、徐々に根付き始めているところです。

 この日、20時からのライトダウンに協力した札幌の名所は、

  ・時計台
  ・札幌市資料館
  ・赤レンガ
  ・JRタワー
  ・モエレ沼公園ガラスのピラミッド
  ・ススキの交差点

  Photo
  北海道新聞社WEBサイトより

  ・テレビ塔

  Dcf_0206
  テレビ塔東側から撮影

 この日外出していた自分は、午後7時50分頃にテレビ塔を東側から撮影。 非日常的な風景に、感動しました。 この日、大通公園の街灯の点灯数も少なくしていたようで、公園全体が薄暗く感じました。

 次回のキャンドルイべントは、7月7日のガイアナイトです。 わずかな時間ですが、自宅の照明をローソクに変えて家族との会話を楽しみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »