« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »

2007年12月30日 - 2008年1月5日

2008.01.04

建ブロの日【2008、新たな年への意気込み】

 今日は、2008年最初の建ブロの日。 

 前回の建ブロの日が12月12日だったので、今日まで僅か3週間のインターバルしかありません。 更に追い討ちをかけかのように筆者の脳内は、明らかに「おとそモード」
 今朝の通勤の地下鉄も極空きの、日本全国緩んだ空気の中、今日のお題「新たな年への意気込み」について思いつくままに書かせていただきます。

 さて、ここからが本題です。
 筆者宅に届く某月刊誌に、「過去の偉大な科学者達がブレイクスルーを超えたときのように、過剰なまでといわれるほどの経験や知識を一旦捨て去ることで、画期的ひらめきが起きる」と書かれていました。
 これは、光ファイバーの技術革新を積み重ねる際に、ひとつの思考方法としてのブレイクスルーを用いた典型的な事例で、光ファイバーのような高度な技術開発はもちろん、日常経験する会社業務(例えば、商品開発、品質管理、営業、経営戦略)などありとあらゆる分野でブレイクスルー思考の応用が可能です。

 さて、当サイトの読者が多い土木建設業界でのブレイクスルー応用はどうなのか?

 平成17年施行の品確法から始まった総合評価落札方式の技術加点では、営業プロセス(入札前)において、将来、顧客に納品する製品の製作段階での約束(履行)事項を記載するのが主流となっています。

 この技術提案の際にも、ブレイクスルーは使えるのではないかと思います。

 さらに、前述の経営戦略。 当然の如く外部環境の変化は、大きなビジネスチャンスに繋がるので、会社が将来に向けての経営戦略を練る際にもブレイクスルーは有効な思考パラダイムだと思います。

 すなわち、「今までこうしていたからこれでいい」 という、閉鎖的な経験工学は、かつて経験したことがない大きな時代の変化流れの中にあって、既に時代遅れ! 言い換えれば「過去の延長線上に未来はない!」と断言できます。
 
従って、現場最先端の我々土木技術者は、ブレイクスルー思考常に自己の思考回路に組み込んで、仕事を進めていく必要があると思います。

 ここまで、偉そうなことを書き並べましたが、まだブレイクスルーについては、学習途上の筆者ですが、【2008、新たな年への意気込み】のキーワードとして、あえて、ブレイクスルー思考を念頭においた超プラス思考の中、日々の仕事に取り組みたいと感じた1月4日建ブロの日でありました。

参考書籍
「ブレイクスルー思考のすすめ」(丸善ライブラリー)
       

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.01.01

新たな12年がスタート

 新年明けましておめでとうございます。

 昨晩は、初めて紅白を最後まで観ただいひまじんです。

 さて、
 今日から2008年が始まりました。 今年はの年。
 は、十二支の第一番で先頭の干支です。

 なぜ、が十二支の先頭なのか?

 それは一説によると、
 神が「元旦の日に、新年の挨拶に来た順の12番目まで一年間の動物の大将にしてやる」というお触れを出したそうだ。

 牛は歩くのが遅いので前日から神の家に歩いて向ったそうで、牛小屋の天井でこれを知った(鼠)は、牛の背中に飛び乗り、神の家の門まで乗っていった(それを牛が知っていたか否かは定かではない)。
 早く到着した牛は、門が開くのを待っていると、やがて門が開き、鼠は真っ先に飛び降り一番になった。 二番手は牛。 その後、寅、兎と続く。

 昨年の干支、亥は何かの理由で出発が遅れて猪突猛進で神の家に着いたと勝手に想像している(笑)

 話は変わるが、猫が十二支に入っていない理由を?と、娘に聞かれた。 じつは、挨拶に行く日を忘れた猫は、鼠に問うた。 鼠はわざと一日遅れの日を猫に教え、結果、猫は十二支の中に入れなかった。 猫は、それを恨んで今でも鼠を追いかけているらしい。

 一つ不思議なことが・・・。
 十二支にランクインしている辰や蛇が上位に入っている理由だが、筆者には皆目不明なのでこの話の結末をお知りの方はご一報願いたい!

 P1020149
 筆者宅の正月花

 今年一年、皆様に幸あることを祈願します。

 今年も当サイトをごひいき宜しくお願いします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007.12.31

年末TO DO完了

 まだ、脳内がお仕事モードだった27日に、年内のTo Doリストを整理しました。
 それらの中で未完だった3項目がようやく終了

 ・会社の掃除は済んだか?
   28日午前中に完了!
 ・自宅の掃除は済んだか?
   先ほど完了!
 ・年越し用の蕎麦粉は調達したか?
   牡丹蕎麦を29日に購入。 そして、昨日を12人前打つ (汗)

  牡丹蕎麦
  
自家製手打ち蕎麦

 今日大晦日は、お昼に年越し蕎麦を食べ、とりあえず年内のけじめはつけられました。 あとは、風呂に浸かって、家族との年越しで今年に感謝するだけ。

 思い起こせば、今年は過去に経験したことのないほどの、地理的に広範囲の新たな巡り合いがありました。 それは、東京での建ブロの会に始まり、6月の北海道ラウンドと建設ブロガーの方々と忌憚のない意見の場を形成することができました。 ただただ、皆さんに感謝です。

 このように自ら情報を発信し出した現場技術者。 まだまだ微力ですが、ブレークスルーに直面している建設技術者に少しでも明るい日差しが当てられる様・・・・。 との大それたことは考えていませんが、変化の兆しを感じて動き出す感性が必要です。

 来年が楽しみな年になるよう、今晩はゆっくりと一年を解雇したいと思います。

 みなさま、今年一年ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »