« 兼業建設業 | トップページ | 地質・土質調査成果電子納品要領(案)および測量成果電子納品要領(案)の改訂について »

2008.12.17

呆れた喫煙

 このブログもお世話になっている日経BP社近くの東京メトロ「白金高輪駅」での白煙事故。

 原因を調べると、電車の折り返し地点にある側溝内に多数捨てられていたたばこからの発火が原因らしい。 発火の原因は、そこに捨てたたばこ以外に考えられづらい。

 自分も10年ほど前までは、喫煙者だったが、煙草をやめてから喫煙による非喫煙者を含む様々な弊害に気付くことが多くなった。

・くわえ煙草歩行による子供への事故
・同じく、歩行者への不快感(野外でも煙の臭いが漂う)
・煙草のポイ捨て
・同じく、煙草の雨水桝へのポイ捨て

 路上へのポイ捨ては、スモーカーのマナーとして論外だが、道路の雨水桝へのポイ捨てを何度も目にしたことがある。 雨水桝は、直接河川に流入する場合も多く、直接的な環境被害の元凶と言い過ぎではないだろう。

 雨水桝へのポイ捨てに見られるように、人間は、自分が発生させたゴミが自分の視野から見えなくなれば満足する習性があるのが事実。 今回の地下鉄での白煙事故も、社内規定違反とともに、路線外の側溝に捨てておけば大丈夫的。側溝には水が溜まっているから消火するとの自己勝手な推測によるものが大きいと断言できる。

 いずれにしろ、安易な喫煙と煙草の処理がもたらす大きなリスクを、今回の地下鉄発煙事故を通じて痛感したのであった。

東急メトロのコメント
http://www.tokyometro.jp/news/2008/2008-m35.html

|

« 兼業建設業 | トップページ | 地質・土質調査成果電子納品要領(案)および測量成果電子納品要領(案)の改訂について »

コメント

今回の事件はちょっといただけないですね。
タバコは指定の場所でマナーを守って吸いましょう。

投稿: カルゴン | 2008.12.17 19:58

先日ある大会が有って体育館に行ったのですが、喫煙場所は何故か体育館の入り口の外。子どもたちやお客さんもみんな入口で煙草の洗礼を受けてから入ります。(笑)

「今日は何の大会ですか? タバコ喫煙大会です!」 と答えなければならないほど、多くの人が入口で吸っています。(入りにくい・・・・)

公共施設では喫煙場所も考えて欲しいかな?と煙草を吸わない人の意見でした。

投稿: もぐら | 2008.12.17 22:37

>カルゴンさん
プロ意識の欠如の一言に尽きますね。恥ずかしいです。


>もぐらさん
そうそう、出入口付近が喫煙場所ってありますよね。

飲食店でも、玄関フード内が喫煙場所というのを見かけます。 タバコの煙を浴びての入店または食事後にタバコ臭い場所を通過して帰宅。 
非喫煙者には、辛いですよね。

投稿: だいひまじん | 2008.12.18 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/43441796

この記事へのトラックバック一覧です: 呆れた喫煙:

« 兼業建設業 | トップページ | 地質・土質調査成果電子納品要領(案)および測量成果電子納品要領(案)の改訂について »