« 「○○ポコ」で表彰・・・?? その2 | トップページ | Docuworksのバージョンアップ »

2008.11.01

世界初 室内SSラリージャパン

 昨日30日から札幌ドームを主会場に2008ラリージャパンが始りました。

 今年で5回目となるラリージャパンは、昨年までの開催地十勝から,今年は札幌市を中心とする道央圏に変わりました。

 ラリーHQ、メディアセンター、サービスパークが設営されている広大な札幌ドームの敷地内には、テントが所狭しと並んでいます。

  Pa300262

■ラリーHQ
 大会期間中、ラリーのすべての指揮・運営が行われる大会本部を「ラリーHQ」といいます。 HQは「ヘッドクオーター」の略です。

■メディアセンター
報道関係者のための施設

■サービスパーク(サービス会場)
 車両の整備などを 『サービス』 と呼び、サービスのためにラリールート上に設けられた場所です。サービスのために登録されたチーム員のみが作業を行います。

 ドーム2階の野外コンコースには、日本メーカーのワークスチームが来場者向けのサービスを行っています。ここでは、フラッグをもらえるので、SSの前には必ずゲットしたいです。

 なにより、2008ラリージャパンの目玉は、室内での2台同時走行によるSS(スペシャルステージ)に尽きます。

 new世界初、屋内2台走行によるSS

  Pa300275_2

 ドーム内に設けられたコースは、全長1.5km、幅5~8m。普段は、プロ野球とJリーグに使われているドームが、SSのコースに進化を遂げましたgood
 札幌ドームの特徴であるホバリングステージの出入り口を開放したままのコース設定です。

  Pa300292

 コンクリートむき出しのスリッピーな路面を高速でコーナリングする4輪ドリフト。

 迫力あるレースを期待します。

|

« 「○○ポコ」で表彰・・・?? その2 | トップページ | Docuworksのバージョンアップ »

コメント

いやあ楽しかったです。
やっぱり夜も無理して行けば良かった・・
来年もぜひ札幌ドームでやって欲しいですね。

投稿: カルゴン | 2008.11.04 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/42970773

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初 室内SSラリージャパン:

« 「○○ポコ」で表彰・・・?? その2 | トップページ | Docuworksのバージョンアップ »