« ブルー・トラック・テクノロジー | トップページ | KYでのリスクアセスメント »

2008.11.14

総合評価の実践セミナーが開催される

 一昨日は、あるソフト会社が主催する「総合評価セミナー」に行ってきました。

 さて、そのセミナーのテーマとして取上げられた総合評価落札方式が、国交省の一般的な工事に導入されて、そろそろ満2年を迎えようとしています。 総合評価落札方式は、入札前の技術提案が評価点の重要な要素になりますが、その書き方についてのセミナーは、これまでに幾度となく行われているようです。

 自分も仕事がら、4回ほど参加させていただき、書き方の理屈だけは身についた(つもり)ようです。 

 しかし、講師の説明を長時間聞くだけの座学的セミナーは、そろそろ満腹です。
 技術提案の作成者は、次なるステップが必要です。

 下の雑誌のコピーは、「日経コンストラクション」の誌面で、写真のセミナーは、技術提案を実際に作成する実践的なセミナーです。 つまり、頭と手と口を使って、体全体で技術提案のステップアップを図る画期的なセミナーが紹介されています。

 このような実践的なセミナーが、北海道で行われるとの情報を得ました。

 『総合評価の技術提案力強化セミナー』

 主催は、CALSスクエア北海道

 来年1月28日と30日に北海道の帯広市と札幌市で開催されるようです。
 CALSスクエア北海道のブログによるとセミナーの申込み開始は、12月中旬とのことですが、複数の会社の技術者がチームとなって、与えられた工事の課題について取組む。 刺激的です。 他社の技術者の考え方も学べます。 総じて、土木技術者のレベルアップにつながるのではないか! そうのようなプラス思考満載のセミナーとなるでしょう。

 20081016113831542__1_2
 「日経コンストラクション2008.8.22」より

 担当する講師は、「日経コンストラクション」の総合評価実践塾の執筆者 吉田信夫氏を招いての朝10:00~夕方4:30までの長丁場。
 自分も参加したいです。

Seminar2
セミナーでのアドバイスの模様(写真出典:ケンプラッツ)

 

|

« ブルー・トラック・テクノロジー | トップページ | KYでのリスクアセスメント »

コメント

(あれ、TBが届いてないや、なんでだろ)

私、吉田先生のセミナーは、3回も聴きました。
でも、飽きません。

今回は、実践をするのですね。
秘術提案書を作って意見交換とか添削指導があるのですね!

いい企画です!!!

って、CSHさんのブログにコメントを書かなきゃいけなっかったような気が・・(笑)

だいひまじんさんも参加されるのですよね、いーなー。

投稿: どぼん | 2008.11.14 18:35

あはは タイプミス

秘術だってさ(爆)

投稿: どぼん | 2008.11.14 18:36

>どぼんさん
工事受注の入り口になる講習会です。
問題点も出てきている総合評価ですが、当面はこの状態が続きそうです。

投稿: だいひまじん | 2008.11.14 18:52

話を聞いているだけではまだ勉強不足。やっぱり実践方式が一番身に付きますね。

私も参加したいですね。でも・・・遠い!(笑)

投稿: もぐら | 2008.11.15 17:21

> もぐらさん
頭と手を動かすことが、技能向上には不可欠ですね。実際に体験することが大事。
そのようなセミナーが、北海道で開催されるなんてラッキーです。

投稿: だいひまじん | 2008.11.16 10:03

参加したいけど、現場が真っ最中につき
抜け出すことは不可能です。残念です。

投稿: dera | 2008.11.17 19:03

>deraさん
50人程、そちらで集客いただければ、追加セミナーも可能かもしれませんよ( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: だいひまじん | 2008.11.17 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/43103674

この記事へのトラックバック一覧です: 総合評価の実践セミナーが開催される:

» セミナーの開催予告 [CALSスクエア北海道]
 CALSスクエア北海道は、来年1月下旬に道内2箇所で、総合評価対策セミナーを開催します。 このセミナーは、総合評価落札方式の入札で作成する「施工計画(技術提案)」を実際に作成することにより技術提案力を向上させるセミナーです。  講師は、「日経コンストラクショ....... [続きを読む]

受信: 2008.11.14 08:14

« ブルー・トラック・テクノロジー | トップページ | KYでのリスクアセスメント »