« 総合評価の実践セミナーが開催される | トップページ | 現場が丸見え »

2008.11.18

KYでのリスクアセスメント

 国交省が平成20年3月に発表した「平成20年度における建設工事事故防止のための重点対策の実施について」では、建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS・コスモス)の導入を推しています。

 COHSMSでは、統計的データおよび現場でのひやりハット等をもとに、リスクの見積もりを行い、安全活動に反映させることを推奨しています。

 その実施方法の一つとして、最近、毎朝のKYでのリスクアセスメント活用を目にします。 自分の会社の現場でも、自作のKYボードにリスクの見積もりを記入して、安全目標立てています。

 まだ、リスクの見積もり記入欄がないKYボードをお持ちの方に朗報です。リスクの見積もり付きのホワイトボードが発売されます。

 ビニールタイプ
 ビニールタイプ
 

 ホワイトボードタイプ
 ホワイトボードタイプ

 上記2点は、緑十字展2008(2008.10.22~24)で撮影しました。

 いずれも新発売の商品のようです。

 いつも同じ内容に偏ってしまうKYに、リスクアセスメントを加えてみてはいかがでしょうか?

|

« 総合評価の実践セミナーが開催される | トップページ | 現場が丸見え »

コメント

今年2回ほど、現場パトロールに同行する機会があり、その中で決まって「リスクアセスメント」のチェックがありました。
3箇所程度の現場ですが、どこも試行錯誤といった印象を受けました。

従来のKY活動と具体的にどこがどう異なるのか、私もなかなか理解できないでいます。
安全はもちろん必要不可欠ですが、現場の負担が大きくなり過ぎないかも心配でした。

バランスの取れた現場管理につながればいいのですが。

投稿: 青いうみねこ | 2008.11.18 21:02

KYという言葉を見ると、どうしても「空気読めない」だと思ってしまいます(笑)
困ったものです。

投稿: カルゴン | 2008.11.19 11:36

>青いうみねこさん
従来、何気に出していた危険が、数値化されるので現場での危険度認知の意識が高まると思います。

> カルゴンさん
KY(空気読めない)ですね(笑)
僕の場合は、KY(かみさん読めない)の方がいいかも・・・。

投稿: だいひまじん | 2008.11.19 18:28

KYですね。
危険予知ですね。
でも今風に言ったら、空気が読めない
ジャーク的に、「空気が読めない」
バージョンを作ったら売れますかね(笑)?

投稿: 安全太郎 | 2008.11.21 09:35

>安全太郎さん

最近は、ダブルKYだそうです。
その一つの「漢字が読めない」バージョンも売れるかもしれません(笑)

投稿: だいひまじん | 2008.11.21 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/43119957

この記事へのトラックバック一覧です: KYでのリスクアセスメント:

« 総合評価の実践セミナーが開催される | トップページ | 現場が丸見え »