« またまた技術所見 | トップページ | 世界初 室内SSラリージャパン »

2008.10.31

「○○ポコ」で表彰・・・?? その2

 その1を書いてから早くも1週間が過ぎました。 今日は、その続きでが、惜しくも最終回となるのでご容赦ください。

 さて、昨年の講義が好評だったこの方は、今年7月に同大学の臨時講師としてソロデビュー。 今度は、積寒地舗装の講義です。 「建設施工 リアル・プロセス」と銘打った90分の講義は、科目の舗装構造に関する内容はたったの5分ほど。 その他の時間は、土木工事のリアルな楽しさを学生さんに熱く語るひと時となりました。

 土木工事は会社経営のために行う一方、私たちエンジニアは、工事で出来上がった道路や橋を生活の一部として使われるユーザーへの配慮を第一に考えて仕事をしなければなりません。
 つまり、完成後はもとより、工事中にあっても地域との連携は重要なことです。 さらに工事を行う際には、多くの法令を順守しなければなりません。 交通渋滞も最小限になるよう工夫しなければなりません。 また、昨今は環境保護や、二酸化炭素の排出への配慮について、先進国を中心に求められています。

 今回の講義タイトル「建設施工 リアル・プロセス」は、このような難題への克服を、ユーモアな地域密着を方針に実践された内容について、これからの土木エンジニアの使命として熱く語られました。 センスとユニークさとその仕事への情熱は、工事中また工事完了後の住民から大きな感謝を受けました。

 さて今年、この方が担当した工事が、ある発注者から表彰されました。それは、遠くから応援していた自分にも喜ばしいことです。

 ここで、話はその1に戻りますが、先日、自分に臨時講師を依頼された教授に、「〇〇〇さんの工事が表彰された。」ことをお伝えさせていただきました。
 60歳過ぎの教授からレスポンス良く返された言葉が、「「○○ポコで表彰かい!」でした(笑)  自分は整然と受話器に向かって、「そのようです。」と返答させていただきました。 教授も多いに納得されていた様子です。

 実はこの方は、講義の序盤に幼少時の写真をパワーポイントに忍ばせていたのでした。 それが、学生さんとのパイプとなり、講義の最後まで学生さんを惹きつけました。その写真はここでお見せすることはできませんが、なかなかの形状であったことを、最後にご報告させていただきます。

|

« またまた技術所見 | トップページ | 世界初 室内SSラリージャパン »

コメント

○○の中には何が入るのでしょうね??・・・(笑)

投稿: nikumaru | 2008.10.31 17:32

>nikumaruさん
秘密にしておきたかった「○○」の中ですが、
答えは、このようになっております。
http://www.fishbone.gr.jp/~yuri/peko/

投稿: だいひまじん | 2008.11.01 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/42935084

この記事へのトラックバック一覧です: 「○○ポコ」で表彰・・・?? その2:

« またまた技術所見 | トップページ | 世界初 室内SSラリージャパン »