« 建設ITガイド | トップページ | 「メガカツカレー」を食らう »

2008.07.01

QMSの審査が近づいてきた

 私の勤務する建設会社は、今月の中旬にISO9001(QMS)の第3回更新審査が待ち受けています。

 私は、QMSを否定するつもりは全くありませんが、審査が無事に終了するよう、今一度、工事の品質記録を整理する手間が大変です。

 今年の更新審査。事前に審査会社から提示された審査内容を見ると、非常にタフな中身となっています。

・過去3年間の継続的改善と有効性確認
・品質目標
・設計・開発
・建設部施工プロセス

 この中の「設計・開発」は、施工会社が一番不得意とする要求事項。
 設計のインプットとアウトプットは必然的に生じますが、ユーザーの要求と設計のインプットを合わせて行う設計プロセスとアウトプットの検証、そして妥当性の確認と続くルーチンワークは、オーダーメイドが主体の施工会社にとって負担です。

 明日の内部監査では、「設計・開発」のプロセスで生じる品質記録について、監査員に相談することにします。

|

« 建設ITガイド | トップページ | 「メガカツカレー」を食らう »

コメント

私どもの会社もISO9001&14001を取得していますが、本当に時間と書類に追われる毎日です。
書類も取得する前と比べて倍以上に増えています。
決して悪いとは言いいませんが、仕事に支障を及ぼして
しまうならヤメタほうが・・・(心の声)

投稿: 安全太郎 | 2008.07.03 09:01

お初です。

安全太郎さんと同意見です。
導入時は、良い仕組みだと思っていましたが、、、、

投稿: dera | 2008.07.04 08:36

>安全太郎さん
面倒な品質記録も、「あとから役立つのだぞ」と、心に言い聞かせ、前向きに作成していますが、あまり役に立たない記録には力が入りませんね(心の叫び)

>deraさん
ウチの場合は、過度に重たくならないシステムを目指しましたが、審査のたびに、少しづつ重たくなっているような気がします。
いいとこはいいのですが、使いづらい要求事項もあるのは否定できないと思います。

投稿: だいひまじん | 2008.07.04 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/41695657

この記事へのトラックバック一覧です: QMSの審査が近づいてきた:

« 建設ITガイド | トップページ | 「メガカツカレー」を食らう »