« アイスキャンドル | トップページ | ブログの日 »

2008.02.05

除雪の機械が勢ぞろい

 1月中旬は超小雪(積雪量が少ない)の札幌市内は、先月1月24日からの大雪で例年以上の積雪量(2/3時点になりました。
 札幌市は、世界中の大都市でもまれな豪雪地帯ですから、除雪体制もそれなりに整備されています。しかし、道幅の狭い生活道路等の除雪に関してはまだまだ改善の余地があります。

 ところで、先月31日から千歳市で、『2008ふゆトピア・フェア in 千歳』が開催されました。筆者は、創意工夫や環境対策のアイデア探しの目的で覗いてきました。
 会場は、室内と野外の2箇所に分かれていて、野外会場には除雪機械がメーカー毎に多数展示されていました。

除雪機編

 下の写真2枚は、ロータリー除雪車です。 路肩に堆積した雪を遠くに飛ばすほか、ダンプトラックに積込むことができます。

 コピー ~ P1020598.JPG
 ロータリー除雪車

 コピー ~ P1020594.JPG
 ロータリー除雪車

 次の写真は、家庭用の除雪機械です。これは、ロータリー式ではなく前方のバケットで雪を運搬するタイプです。

 家庭用除雪機
 家庭用除雪機

 また、下の写真は、業務用ですが、会社の駐車場など、比較的中規模の広さの除雪ができます。 この機械は外国製で、特徴として作業用アタッチメントが豊富です。除雪機械のほかにも、夏場は草刈、送風機、切り株の除去など様々な用途に使えるのが特徴です。

 VENTRAC
 VENTRAC

融雪・滑り止め編

 さて、除雪周辺機器の紹介に移りますが、下は、融雪剤の小型散布機です。写真手前は手押しですが、写真奥は、軽車両での散布が可能です。

 散布機
 小型散布機

 下の写真は、歩道用防滑材「わたぼうしくん」。国道等の滑り止め収納ボックスに入っています。 内容物は炭酸カルシウムです。
 ネーミングがユニークですね(笑)

 わたぼうし
 わたぼうしくん

 最後に、北海道開発局が展示した「ゆき太郎」。
 機械のフロントから雪を取り込んで、長方形の雪のかたまりに固形化する機械です。GPSと視覚センサの情報をもとに自動運転で除雪作業をすることもできるそうです。

 ゆき太郎
 ゆき太郎

番外編

 除雪機械ではありませんが、不思議なのぼりを見つけました。
 「日野特製おでん」・・・???

 日野おでん
 日野特製おでん

 ※日野特製おでんなど、展示会場でのグルメ情報があればお知らせ下さい。

|

« アイスキャンドル | トップページ | ブログの日 »

コメント

「わたぼうし」は意図的ですか?(笑)
http://blog.livedoor.jp/solisoli/archives/50782566.html

「ゆき太郎」もちょっと被った・・・(笑)

投稿: nikumaru | 2008.02.05 12:32

>nikumaruさんhappy01
ネタが被りましたが、今日のネタは既にお見通しでしたよ・・・(笑)

投稿: だいひまじん | 2008.02.05 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/17938427

この記事へのトラックバック一覧です: 除雪の機械が勢ぞろい:

« アイスキャンドル | トップページ | ブログの日 »