« 新たな12年がスタート | トップページ | 感動の牡丹そば »

2008.01.04

建ブロの日【2008、新たな年への意気込み】

 今日は、2008年最初の建ブロの日。 

 前回の建ブロの日が12月12日だったので、今日まで僅か3週間のインターバルしかありません。 更に追い討ちをかけかのように筆者の脳内は、明らかに「おとそモード」
 今朝の通勤の地下鉄も極空きの、日本全国緩んだ空気の中、今日のお題「新たな年への意気込み」について思いつくままに書かせていただきます。

 さて、ここからが本題です。
 筆者宅に届く某月刊誌に、「過去の偉大な科学者達がブレイクスルーを超えたときのように、過剰なまでといわれるほどの経験や知識を一旦捨て去ることで、画期的ひらめきが起きる」と書かれていました。
 これは、光ファイバーの技術革新を積み重ねる際に、ひとつの思考方法としてのブレイクスルーを用いた典型的な事例で、光ファイバーのような高度な技術開発はもちろん、日常経験する会社業務(例えば、商品開発、品質管理、営業、経営戦略)などありとあらゆる分野でブレイクスルー思考の応用が可能です。

 さて、当サイトの読者が多い土木建設業界でのブレイクスルー応用はどうなのか?

 平成17年施行の品確法から始まった総合評価落札方式の技術加点では、営業プロセス(入札前)において、将来、顧客に納品する製品の製作段階での約束(履行)事項を記載するのが主流となっています。

 この技術提案の際にも、ブレイクスルーは使えるのではないかと思います。

 さらに、前述の経営戦略。 当然の如く外部環境の変化は、大きなビジネスチャンスに繋がるので、会社が将来に向けての経営戦略を練る際にもブレイクスルーは有効な思考パラダイムだと思います。

 すなわち、「今までこうしていたからこれでいい」 という、閉鎖的な経験工学は、かつて経験したことがない大きな時代の変化流れの中にあって、既に時代遅れ! 言い換えれば「過去の延長線上に未来はない!」と断言できます。
 
従って、現場最先端の我々土木技術者は、ブレイクスルー思考常に自己の思考回路に組み込んで、仕事を進めていく必要があると思います。

 ここまで、偉そうなことを書き並べましたが、まだブレイクスルーについては、学習途上の筆者ですが、【2008、新たな年への意気込み】のキーワードとして、あえて、ブレイクスルー思考を念頭においた超プラス思考の中、日々の仕事に取り組みたいと感じた1月4日建ブロの日でありました。

参考書籍
「ブレイクスルー思考のすすめ」(丸善ライブラリー)
       

|

« 新たな12年がスタート | トップページ | 感動の牡丹そば »

コメント

今年もよろしく御願いします!
ブレイクスルーでのHIT狙いですね(笑)

投稿: カルゴン | 2008.01.04 14:53

>カルゴンさん
今年もよろしくです。
ブレイクスルーでは、きれいなHITよりも、驚きのHITの方が”向き”ですね(笑)

投稿: だいひまじん | 2008.01.04 15:03

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申しあげます。

ブレイクスルー・・・(メモメモ)

投稿: まいせつ蜂 | 2008.01.04 18:51

かわいげがないほど、おとそをいただいておりまして、ブレイクスルーがする~しております。
今年もよろぴく!

投稿: どぼん | 2008.01.04 20:27

>まいせつ蜂さん
今年は、是非ともF2F願います。

>どぼんさん
おとその力を借りて、ブレイクするのも大切ですね。予想以上の良いアイデアが生まれそうです。

投稿: だいひまじん | 2008.01.05 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/17572692

この記事へのトラックバック一覧です: 建ブロの日【2008、新たな年への意気込み】 :

« 新たな12年がスタート | トップページ | 感動の牡丹そば »