« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »

2007年2月18日 - 2007年2月24日

2007.02.23

「技術所見」の点数を工事評点に加点せよ

 国交省の入札時に必須となる「技術所見(簡易な施工計画)」。 

これを作成するのには相当のマンパワーが必要となります。

 高い点数を取れば、開札時に有利となる場合もあります。

 反面、「請負工事契約書」には、技術所見内容が記載された「特別契約書」が添付され、提案事項の履行が義務付けされます。 履行できない場合は、状況に応じて最大5点の減点。 だから、いいことばかりを書き過ぎると工事受注後に、自分の首を絞めることになる

 現時点での総合評価(北海道開発局)は、その加点が4点~6点程度で、加点による逆転もあまり見受けられない。 すなわち、最低価格での応札業者が落札するケースが多い。 だから、技術所見も極めて現実的なことしか書けないし、高得点狙いの冒険をすると後々工事評定点に影響し、それは、将来の入札の際の足かせになる恐れもあります。

 前段が長くなりましたが、何を要望したいかというと、

 「技術所見(簡易な施工計画)」での加算点を工事評定点に組入れて欲しい

 ということです。

 入札のために作成する「技術所見(簡易な施工計画)」は、除算方式での評価店算出に使われて、あとは、これを守れよ!でおしまい。 契約事項に盛り込まれているので、実施しても何の加点もない。 立派なことを書いて、現場の職員が、一生懸命がんばってそれを実現しても、工事評定点では、何のインセンティブも得られない。

 総合評価方式では、工事評定点での加点もある。 「技術所見(簡易な施工計画)」の加点を工事評定点に組入れて、技術力のある会社がWINとなるような仕組みを作っていただきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.22

絶対お勧め!両面カラースキャナーScanSnap

 ScanSnapは、Abobe Acrobatを同梱した両面カラースキャナー。 

 コストパフォーマンスが非常に高いシートフィードスキャナーです。 

Scansnap_s510_fis510_2

特徴

・Abobe Acrobatと名刺管理ソフトを同梱

・一度に複数枚の両面カラースキャニングが可能

・シンプルかつスピーディー A4両面カラー18枚/分を読み取り可

・最小名刺サイズの読み取り可

・机においても邪魔にならないサイズ

A3版スキャニング可能になった!

 最新版のS510モデルは、最近発売になったAbobe Acrobat 8 Standardを装備して4万5276円(楽天)。 Acrobat8だけでも3万4720円(amazon.co.jp)なので、僅か1万円ちょっとでこんな便利なスキャナーが手に入る。

筆者が自信を持ってお勧めするスキャナーです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.21

河川用語の紹介

 昨日、イエイリ建設ITラボさんで、当サイトの右サイドバーにある水位観測が紹介されました

そこで、今日もお水関係の話題なのです。

河川用語の紹介

河川情報センターホームページ

Wwwmlitgojp_2

京浜河川事務所 水質用語集(水質について豊富です)

Wwwkeihinktrmlitgojp_1

  私もまだまだ分からない河川用語がたくさんありますが、このようなサイトを押さえておくと仕事に役に立つでしょう。

| | コメント (0)

2007.02.20

いよいよ来週決行 業界初の試み Do?Boku

 2006.2.13の記事「小さな会社における力量の向上」で紹介した、

 業界初の同業者コラボ企画
 Do?Boku 開催まであと6日!

     

Do_boku

 当社発表者のH君のスライドの出来具合が気になるところですが、今日彼から「切削ドラムが回転するアニメは、Powerpointアニメを使っているのかなあ?」と聞かれました。 彼が示すアニメは、今日、一緒に受講してきた講習会の中で説明されたランブルストリップスの施工機械の稼動部の説明なのですが、このスライド実に良くできていて、イラストだけでは表現しづらい要点は、アニメを用いていました

 いずれにしろ、当日の発表会が今からとても楽しみです。

 あと、お楽しみの懇親会の場所も探さなきゃならないし(実はこれが情報交換で一番重要)、レジュメも用意しなきゃならないし、コーディネイトする側も結構忙しいです。 懇親会は大通駅付近を候補にしています。 自腹参加なので、20名ほどの良いお店(安いのが大前提)があったら教えて下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007.02.19

DWGビューア

 ペーパー空間を利用したDWGファイルは、AutoCADやLTが必要でした。 仮にDWGファイルを読み込むビューアがあっても印刷が不便。

 今日紹介する「DWG TrueView」はオートデスクが無償提供するDWGビューア。

 最新バージョンではAuto CAD2007形式のDWGファイルにも対応。 印刷設定もAuto CADと同じと至れり尽くせり。

 [マルチシートDWFをパブリッシュコマンド]で連続印刷もできるとのことなので、LTユーザーも試してみてはいかがだろう。

 それにしてもAuto CAD バージョンアップ出し過ぎ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.02.18

北海道限定 チョコかっぱえびせん

 今日は、北海道内のローソンで発売中のチョコかっぱえびせんの紹介です。

Pict5703

 しおチョコ仕上げのこの限定品は、北海道内のローソンで発見。セブン○、セイコー○では発売していないようです。ファミ○では、まだ未確認。

 パッケージ
 茶色いパッケージが特徴。ぱっと見、アレ?これ何って思ってしまいました。 ちなみに店頭では、大量陳列されているのですぐに見つけられると思います。

Pict5646_1

 外観
 普通のかっぱえびせんに、チョコをたぶんスプレーのようなものの噴射によりコーティングしていると思います。(チョコへのどぶ付け製法なら、かっぱえびせんの斜筋模様が消えてしまう)

Pict5704

 
 旨い。
 パッケージのキャッチコピーのように、従来の塩味とチョコが微妙にマッチングして、お互いを引き立てています。 カテゴリー的には、ロイズのチョコポテチと同じで、ミスマッチながら、チョイ悪スナック菓子って感じかな

Pict5706 

 値段
 1カップ30g入りで、166円。 ジャガビーが40gで、145円なので、かなりの高級品。 この商品の顧客ターゲットは、じゃがポックルで高級志向のスナック菓子に目覚めた大人 と考えた方が良さそうです。

 注意事項
 内容量が少ない。でも、忘れられない味なので、リピーターは多いと思われます。 ただ、チョコ使用のスナック菓子なので、冬季限定品かもしれない。 それと、子供もハマル味付けなのでむやみに茶の間のテーブルには出せない。この点を注意の上、購入されるとよろしい。

 最後に
 「やきそば弁当 チョイ辛」、「ひちょり厨房」の大ヒットなど、これからますます北海道b級グルメからは目を離されないのです。 北海道限定品を日常的に食べたい方は、北海道に移住せよ!

| | コメント (3)

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »