« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007年10月14日 - 2007年10月20日

2007.10.20

スポーツマンシップ

シンジテマシタ~

 シンジテマシタ~

 ヒルマン監督のこの熱い想い通り、パリーグCS 2ndステージは北海道日本ハムファイターズが、千葉ロッテマリーンズのエース成瀬(パリーグ相手に無敗)をセギノールの3ランを皮切りに、類まれな組織力の発揮により攻略し、日本シリーズへの進出を決定しました。 

 試合は、CS不振の4番セギノールが右打席から放ったスピンの効いた打球が、なんとセンターオーバーの3ラン(レフスタで観ていた筆者も打球の伸びとスタンドインにビックリ)を皮切りに、5回までにファイターズお得意の連打攻勢でマリーンズを圧倒。
 最終9回は、守護神マイケルが粘るマリーンズ打線を見事に抑えてのCS優勝!

 紙テープの嵐
 優勝の瞬間 1塁側内野スタンド

Img_primary 試合後の感動の一コマ

 感動のシーンは、優勝セレモニーを終えたあと、マリーンズナインがライトスタンドに陣取った熱烈マリサポへの挨拶が終わったのちに起こりました。 実はファイターズナインは、ライトスタンドへ足を進めていたマリーンズナインの背後に近寄っていたのです(ストーカーではありませんよ)。

 マリサポへの挨拶を終えたマリーンズナインと、背後からのファイターズナインは、1塁ベース後方で交差し、そこでお互いの健闘を称えあっての握手と抱擁が始まったんです。 

 抱き合うバレンタイン監督とヒルマン監督(公私を通じて仲が良い二人)

 成瀬選手とダルビッシュ選手の秘密会話

 その他主力選手同士の握手と抱擁は、ドーム内に残っていた両チームのファンにとって予想外のプレゼントでした。

 挨拶を終えたMに近づくFナイン
 マリサポに挨拶を終えたマリーンズナインに近づくファイターズナイン

 感動
 お互いの健闘を称えあう (感涙)

 スポーツっていいなあ~

 心からそう思える感動のシーンを目のあたりにして、筆者もこの日3度目のジワリ涙

 3月の開幕戦での激闘引分けから6ヶ月半後、パリーグ頂点を目指した両雄姿の5試合に渡る激戦。 そして、試合の幕切れでの両者の健闘の称えあうシーンは、2007パリーグのフィナーレとして最大の感動を覚えました。

※10年前、この両チームが超満員のスタジアムでリーグの覇権争いを演じることを誰が予想したでしょうか? 2007年秋、千葉と北海道のプロ野球チームが熱烈なファンを見方にリーグの頂上を目指しての熱戦を繰り広げている事実がここにある!

Img_primary 昨今の暗いプロスポーツ界

 最近、亀田家や朝青龍問題で、暗い話題の多かったプロスポーツ界でしたが、札幌ドームでのお互いの健闘を称えあうシーンは、スポーツの素晴らしさを全国に伝えてくれたと信じています。

 これもマチガイナ~イ 事実

 元々スポーツとは、その技術だけを競うだけでなく、対戦者や対戦チームの健闘を称え合い純粋な気持ちで人間性を磨く場でなければならないはず。
 そしてその真摯な想いをぶつけ合ってる姿を見て、我々は初めて感動を共感するものだと思います。
 スポーツの本来あるべき姿を、プロ野球CSという国内スポーツの最高峰の舞台で再確認することができましたし、スポーツのあるべき姿(お互いを称え、尊敬する)について今一度考え直す機会を与えてくれたスポーツマンシップに溢れる両チームに大きな拍手です。

 ライトスタンドへの挨拶
 ライトスタンドの両ファンへの挨拶

 最後に、チケット発売日に真摯な電話攻勢でチケットをゲットしてくれた妻にも感謝感激です(笑) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.18

ジャガポックル VS 落花生

今宵は、パ・リーグ クライマックスシリーズ(CS)2ndステージ第5戦

ファイターズとマリーンズの日本シリーズ出場をかけての大一番

 CS第1戦
 CS第1戦

 筆者は既に家族分のチケットを入手済み! 妻が先行販売の電話攻勢でゲットしてくれました。 従って、その日の夕食はホカ弁。 正午の解禁から夜までずっと電話をかけていたので夕食を作る時間がなかった(笑) 北海道ではこの時期よく見られる光景です。←ウソです・・・^^; まあ、広義でとらえれば、これもファイターズが北海道にもたらす経済効果の一つかもしれません(笑)

 話しはもとに戻って、明日の先発はFダルビッシュとM成瀬。 1点を争う投手戦になるのは必死です。 ファイターズも成瀬には抑えられていて、明日の攻略二期待がかかりますが、チームの特攻隊長として、F森本、F田中(賢)の出塁の如何がゲームの勝敗を左右するでしょう。

 帰宅途中にハム党の友人からTELがありました。
 にちゃんねるで、「明日は、賢介を応援するためにスタンドをピンク色に染めるファン主導のアイデアが出ているらしい。」との情報。 ピンクなら何でも良くて、例えば、第1戦に配布の応援ボードピンクの色紙、あげくの果てはソフランでもイイのとアホなことを聞いてくる輩もいるらしいです。 残念ながら、ペットボトルと缶の持込禁止の札幌ドームでは、入場口の持ち物チェックでNGです(笑)

 今からワクワクのCS第5戦。 勝利の美酒を浴びるのは、北海道〔ジャガポックル〕か?千葉〔落花生〕か?

 マリサポ
 マリーンズのファン (通称マリサポ)

 通勤途中の大型理髪店で、従業員数名がスポーツ紙に注視している光景を発見!
 地元北海道そして札幌では、今夜の勝敗の行方についての話題で持ちきりの一日になりそうです。

 メッセージ
 ドーム内のカレーショップで見かけたメッセージ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.16

GIS関連サイトの紹介

 筆者の会社では、「JACIC情報(JACIC発刊)」を購読しています。

 最新号の「JACIC情報87号」は、GIS関連の興味ある記事が多数掲載されていました。その記事の紹介は、筆者の時間の都合でできませんが、GIS関連サイトについてお知らせしまのでぜひともご覧ください

gコンテンツ流通推進協議会

・国内の情報・通信企業が集まって設立した協議会サイト。
・地理空間情報の商用利用についての情報が得られる。

電子国土ポータル

・国土地理院提供のサイト全国の2万5千分1地形図に相当する背景図や、数値地図2500プラグ印ソフトを無償提供している。
・地理空間情報の掲載方法のヒントが得られるポータルサイト。

GIS技術資格認定局

・地理情報システム学会内のGIS技術資格認定局(GISCD)が認定する「GIS上級技術者」資格の認定制度を紹介しているサイト。
・学会内のアック分科会の個別サイトも閲覧できる。

内閣官房・測位・地理情報システム等推進会議

・内閣官房内に設置された「測位・地理情報システム等推進会議」に関する情報を公開している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »