« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日

2007.10.11

GISイベントの紹介

今月、札幌市周辺で2件のGISに関するイベントがあるようなのでお知らせします。

 第16回地理情報システム学会研究発表会
  日程 : 2007年10月20日(土)~21日(日)
  場所 : 北海道大学・学術交流会館
  http://www.rakuno.ac.jp/dep07/link/gis/gisday2007.html

 
   拡大地図を表示

 

 GISDAY in 北海道 2007
  日程 : 2007年10月22日(月)
  場所 : 酪農学園大学
  http://www.rakuno.ac.jp/dep07/link/gis/gisday2007.html  

  拡大地図を表示

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.10

建ブロの日【コメント投稿について】

 毎月のぞろ目日は、建ブロの日。

 1ヶ月は瞬く間に訪れて早くも10月10日、今日は一昔前の体育の日です。 このところのハッピーマンデー(HM)で少々お疲れ気味の筆者。 この1ヶ月間に3度のHM、小学生の娘にいたっては先週10/1の開校記念日を挟んで、4週連続のHM
  「こんなに休んでいいのか日本! 小学生はもっと勉強せえい!」と、思わず心で叫んでしまいそうです。 体力の低下が顕著(これ以上低下すると危険とのこと)&知力の低下も気になります。

 ところで、今月のテーマは「コメント投稿について」と既に建ブロ隊長からお達しが出ています。

 自分のサイトへのコメント数は、記事に意図的に突っ込みどころを設けていない(笑)ので、コメントは少なめです。 とはいえ、筆者が予期せぬ記事に意外とコメントが多かったりして、「文章って読み手側によって受け取り方が違うんだなあ!」と、BLOGをはじめてから気付く部分も多く、日常のお仕事の中でも、できる限り読み手側に対して親切な文章を心がけています。
 でも、理系の性でしょうか、未だに納得できる文章にすんなりとたどり着いたことがありません。

 (早くも)結論ですが、リアルでの面識がある方からのコメントは、文中にその方の性格と想いとが想像できますが、それ以外の方からのコメントに対しては、当たらず触らずになっているのが、筆者の現状かと思います。 しかしながら、コメントをいただくのはブログを運営する上でも励みになりますし、読者の生の声を聞く機会としてこれからもできる限り誠意を持って対応したいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007.10.08

焼きそばタワー

 体育の日の今日は札幌B級グルメの紹介をさせていただきます。

 またこの記事のサブタイトルは、

  ~日ハム 中田君に捧ぐ ~  としていることを付け加えておきます。

 ところで、高校生ドラフトで、他球団との競合する一位指名を引き当てた日ハム。 「残りものには福がある」を具現化したくじ運(笑)の藤井球団社長に拍手です。

 指名された超高校級スラッガーの大阪桐蔭・中田翔外野手も、サードを熱望してる様子。 長打率の低迷と確固たるサードレギュラーが不在のチーム事情を察すると開幕スタメンサードも十分あり得そうです。

 開幕当初からの一軍定着が期待できる中田選手が、レギュラーシーズン中の移動の拠点となる札幌のグルメ事情を知っておくことは、地域密着をポリシーとするハム戦士としては大切なことです。

 以上のことを踏まえて、朝飯で丼4杯を平らげる大食漢の中田選手に是非ともお知らせしなければならないお店があります。

 やきそば屋
 (札幌市中央区大通西4丁目1番地 地下鉄東西線大通り駅コンコースの焼きそばタワーが目印 )

焼きそばタワー
焼きそばタワーが目印

店構え
店入り口と自販機

30年前からの人気店

 ここ「やきそば屋」と同系列のお店は、「しなの」との屋号で、南2西1の長崎屋地下2階(現 丸井今井南館)に長年に渡って営業していました。
 30年前、当時高校生だった筆者も(当時半ドンだった)土曜日のお昼によく食べに行ったもので、当時としては珍しく行列のできるお店でした。 向かいにあったカレーショップが閑散としている中、「しなの」はいつも列ができているほどの人気店でした。
 その後、長崎屋はビッグオフとなり、現在の丸井今井南館に改装時に「しなの」はそこから姿を消したのです。 ちなみに筆者は現存している「しなの」系「やきそば屋」はここの一店しか知りません。

やきそばタワーが目印

  「やきそば屋」は、大通りの東西線西側改札口を通り抜ける札幌銀行本店のテナント店です。 目印は、地下通路でひときわ異彩を放つ焼きそばタワー。 30年前は、ジャンボが一番のボリュームメニューでしたが、若者人気のお店らしく激盛メニューがズラリと用意されています。
 筆者はスーパージャンボが限度

並
並(1玉) ・大盛(1.5玉) ・ジャンボ(2玉)

ジャンボ
スーパージャンボ(2.5玉) ・ミラクルジャンボ(3玉)

ウルトラジャンボ
ウルトラジャンボ(4玉) ・これでも食らぇ(未調査)

死んでも知らねぇ(未調査)

シンジラレねぇー
信じられねぇ(9玉) これが最大

食べ方(味付けの極意)

 自販機で腹具合に合わせたボリュームの焼きそばの食券を購入したら、店内のカウンターで焼きそばが供されるのを待ちましょう。
 最初に断っておきますが、ここの焼きそばは味付けがされていません。 つまり、テーブルに用意された様々なソースを駆使して自分なりの味付けを追及するんです。
 筆者のお勧めは、ソース+酢+ラー油+紅しょうが ←昔はこれしか用意されていなかった。今でもこれが一番好き!

 お初の方は、両隣のお客が味付けに使っているソースをチェックして、My味付けのイメージを膨らませておきましょう。

 味付け自由なので、飽きずにかなりの量を食べることも可能です!

各種ソース類
用意された味付け
(これ以外にも紅しょうが・ピーマンあられ・マヨネーズ・粉チーズが用意されている)

お勧めメニュー

 普通盛から始まって、とてつもない大盛りメニューまで用意されていますが、これ以外にも長年に渡って開発されたお勧めメニューが用意されています。
 その中でお勧めは平日ランチタイムの焼きそばランチ(410円)。 これには、10円or20円をカウンターで現金払いすると大盛りorジャンボに麺を増量してもらえる嬉しいサービスが用意されています。

お勧めメニューのサンプル
おすすめメニューのサンプル

焼きそばランチ(ジャンボ20円増)
焼きそばランチ(麺をジャンボに増量+20円)

最後に

 「やきそば屋」は、前身の「しなの」時代からの味付けが長年継承されています。 といっても、味付けはお客の好みだが(笑)
 客層は、運動会系の若者をはじめ、30年以上慣れ親しんだ味を求めて髪の毛が薄くなったり、小腹が出たお父さん方も多数訪れています(笑)  このように、地元を代表するB級グルメの「やきそば屋」は、これからも安価で美味しい焼きそばを提供し続けてくれることでしょう!

おまけ

店主のコメント
↓↓↓ 店主のコメント ↓↓↓

やきそば屋は
  こんな店です!

〈安い 多い 旨い 早い〉をモットーに
焼きそばにこだわりを持つ焼きそばの店です。
メニューは焼きそばの具・盛り・ソース
をお好みで自由に選んで頂ける
チョイスメニューとなっています。
焼きそばの盛りは、お客様の空腹度に合わせ 並、
大盛り~普通の胃袋では、たち打ち出来ない
「これでもくらェ」・これ以上、皿に盛り上げられな
いというボリュームで話題騒然の「信じられねェ」まで9
段階、具の種類も数多く、肉・玉子・イカ・お好みミニなど
14種類となっています。お好みの具をアレコレとお好
きなだけお選び下さい。また当店の焼きそばは従来の
ソース焼きそばと違い味付けなし、あっさりと仕上げてます
ので秋がきません。和風・中華風・ノーマル味
など6種類のソースを自由にかけ、お好みの味を
お楽しみ下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »