« 2007年7月1日 - 2007年7月7日 | トップページ | 2007年7月15日 - 2007年7月21日 »

2007年7月8日 - 2007年7月14日

2007.07.12

便利になったCALS/EC情報の入手

 数名の建ブロの方々も書かれているCALS/EC情報提供ホームページ。 7月11日が正式公開。

 このサイトは、国交省CALS/EC AP2005の目標-14「取組状況の公開と研修テキストの共有による全国的展開の促進」に基づいて公開されているようです。

 注目すべきコンテンツは、
・お役所での教育資料が掲載されていること。
・情報の一元公開により、ここにアクセスすれば、CALS/ECのすべてがわかる的サイトになっていること。
・RSSによるPUSH型サイトになっていること。

 従来は、CALSに関するレア情報は、各サイトを循環しないと入手できませんでしたが、これからはこのサイトのRSSを登録していれば、情報の更新が察知できる。

 現時点では公開が始まったばかりで、過去情報が蓄積されているだけですが、これから逐一新着情報の更新がされる際に非常に便利なサイトになるでしょう。

 但し、大野さんのBLOGにも書かれているように、電子納品要領やCAD製図基準(案)は、CALS/EC電子納品に関する要領・基準で、確認しなければなりませんのでご注意下さい。

CALS_EC情報提供ホームページ.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007.07.09

建ブロの日【建設ブログを始めたきっかけ】

 あるイベントの開催告知を目的に、複数の建設ブロガーが企てた6.6同時多発宣言。

 その6月6日は「建設ブロガーの会 in 北海道」(「建ブロ会」)の告知を10以上のサイトで同時広告。 その影響の大きさは建ブロ会でも取上げられ、今後、ぞろ目日を『建ブロの日』として、同じテーマについて各建ブロが斬ることとしました。

 そのような中、『建ブロの日』第二弾として選ばれたテーマは、【建設ブログを始めたきっかけ】

 と、前振りはここまで。

 

【建設ブログを始めたきっかけ】
 当サイトは2004年12月1日に開設。

 開設のきっかけはごく単純で、CALS/ECエキスパートを取得したこと。 そして開設の目的としては、ブログのタイトルの通り、当時徐々始まってきた電子納品を中心とした建設CALSに関する情報を業界に提供するのが目的のほか、当サイト記事の反応を見て、土木工事現場のHPのありかた(書き方)の方向性を模索するというのも心のうちにあった目的の一つかもしれません。

 当時は、受発注者共に電子納品に関する知識がほぼゼロに近い状態(全く勉強されていない)だったので、発注者からは「電子納品要領」以上に過大な要求が受注者に寄せられると懸念。 正しい電子納品のあり方を訴えるべきとこのサイトを開いたのでした。 その後の電子納品は、未だに理不尽な(電子納品の目的から逸脱した過大な)要求がありますが、筆者の他にも受注者へ課せられる過大な負担のについて訴えるサイトが登場したことから、当サイトでは土木関連の有益情報を主流とする傍ら、地域貢献を兼ねた北海道観光・B級グルメ情報をも提供するようになりました。

 現在、建ブロサイトの一元的紹介を機に集結した建ブロが、情報交換や土木業界の将来について熱く語っています。 しかし、このような全国の建ブロさんたちと連携が取れていることは個人的ブログを立ち上げて、自己の存在を主張したからです。

 今後も現在と同様に、会社というごく小さな組織を飛び出して、全国の建ブロの皆さんとの情報交換や意見交換を通じて、自分に元気を貰う。そしてみなさんに元気と情報を与えられるサイトであればと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月1日 - 2007年7月7日 | トップページ | 2007年7月15日 - 2007年7月21日 »