« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

2007年5月20日 - 2007年5月26日

2007.05.26

明日に延期の大運動会

 北海道では、今週末と来週末は運動会WEEKとなります。

 なぜ、この時期に運動会が?
 本州では、秋なのに・・・。
 それに合わせたビデオカメラの新機種リリースも秋なのに・・・。
 なぜ、北海道の運動会は、5・6月なの?
 その答えは、こちら(道路工事中につき)を覗いてください。 とても詳しく書かれています。

 運動会といえば、早朝鳴り響く号砲! 近所でバンバンバン。 一呼吸おいてさらに多数のバンバンバン。 10秒ほどの間に、市内各所から打ちあがる号砲が、朝の凛とした住宅街に響き渡ります。 必然的に運動会モードのスイッチが入りますね(笑)
 しかし、今朝は昨日からの雨空模様で少々回復しても重たい雲が空を覆って、さらに木々が強めに揺れているので、運動会日和というわけには行きません。

 ということで、今日の運動会は中止。 明日に延期になります。

 そのおかげで、朝食は豪勢でした(笑)

 さて、こちら(道路工事中につき)でも紹介されているクラーク博士ですが、日本初の運動会が北海道で開催された前年の明治10(1877)年4月16日にわずか、8ヶ月の在任期間を終えて、札幌から本国のアメリカヘの帰途に着かれました。
 あまりにも有名な‘Boys Be Ambitious’(青年よ、大志をいだけ)は、旧国道36号線の「旧島松駅逓所」で、早春の道が雪融けを札幌から25km離れた島松まで馬を並べてクラーク博士を見送りに来た職員・生徒達に惜別の言葉として伝えられました。

その記念碑が、札幌本道(旧国道36号)旧島松駅逓所で見ることができます。

旧島松駅逓所

旧島松駅逓所(H19.5月13日撮影)旧島松駅逓所

クラーク博士記念碑(撮影日 同上)クラーク先生記念碑

クラーク教授の肖像と惜別の言葉(撮影日 同上)
クラーク教授の肖像と惜別の言葉

と、いうことで千歳⇔札幌間を国道36号経由で走ると、恵庭市島松付近で表示の案内看板で、旧島松駅逓所に行くことができます。

この記事のきっかけとなる情報提供をいただいたnikumaruさま。 ご協力ありがとうございます^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.25

4文字拡張子にご注意

 2007年2月にWindows Vistaが発売され、まもなく約4ヶ月が経過しようとしています。

 筆者の勤務先でも2台のVistaマシンが稼動しており、いずれもOffice2007がインストールされていてますが、そのOffice2007で作成した4文字拡張子のファイルを社員共有のファイルサーバーに保存されているのを見つけました。

 Office2007の4文字拡張子
   ・Word2007ドキュメント .docx
   ・Excel2007ブック .xlsx
   ・PowerPoint2007プレゼンテーション .pptx

 いずれもXML化に伴う拡張子の変更ですが、まだ旧バージョンのOfficeが大多数の環境化において、4文字拡張子は異端児です。 従って、現時点ではOffice2007ユーザーが、下位バージョンのユーザーに対して可読性を保つ必要性があります。 つまり、長い物に巻かれなければ、ドキュメントの共有化は図れない訳です。

■対処方法 [Office2007ユーザー向け]

 ・互換モードでファイルを保存する

 互換モード互換モードの方法をダウンロード
 2007 Officeには、互換モードという新機能があり、以前のバージョンの Office との下位互換性を実現できます。 この新しいモードでは、以前のバージョンの Office アプリケーションで表示できない 2007 Office リリースの機能はすべて無効になります。
 また、バイナリ形式で保存したときに正しく変換できない機能も無効になります。 どの機能が無効になるかは、アプリケーションの種類と選択したコンテンツによって変わります。

■対処方法 [Office2003以下ユーザー向け] ※可読性の確保

 ・Microsoftの互換機能パックをインストールにより、開いて編集が可能

 上手に説明できませんが、Office2007のファイルをクリックすると、筆者使用の2003からメッセージが出て、互換機能パックのインストールができました。 しかしながら、2003でファイルを編集後に2007にリリースされた機能は無効になると思われます(要確認が必要)

電子納品における4文字拡張子の問題点

 標準化が大前提の電子納品では、4文字拡張子のファイルはNGです。

参考:「電子納品要領(案)H16.6月

 ごく近い将来にOffice2007がディファクトになります。 それに合わせて電子納品要領も柔軟に対応されることと思いますが、それまでの間は、3文字拡張子にこだわって、社内の多数派であるOffice下位バージョンユーザーの可読性確保に努めましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007.05.24

家族への気遣い

 今日5月24日は、あの事故から1年。 それは、平成18年5月24日(水)7:35頃、通勤途上で発生。

 当日の朝は、雲ひとつない晴天でとても気持ちの良い朝だったが、通勤途上で発生した交通事故で結果的に家族と仕事仲間へ心配と迷惑をかけてしまった。

 今朝は、その気遣いから通勤は公共交通機関を利用。

 今年の運動会は明後日の土曜日。 昨年は、病床で観戦できなかった運動会だが、 朝7時に四方で打ち上げられる号砲を病床で聞いたのはまだ記憶に新しいところです。今年は、小学校の校庭で砂まみれになるお弁当を頬張りつつ、健康と家族の大切さを改めて噛み締めることになりそうです。(でも天気予報では雨模様とのこと)

 いずれにしろ、交流戦初戦のYG戦を2連勝した日ハムの勢いを自分の活力として(笑)、今日は節めの一日としてより有意義な時間を過ごしていきたいと思います。

 それにしても、一年前の交通事故現場の地下鉄駅前の歩道。 歩道上にはみ出している車で、見通しが利かない危険な場所だと思います。

Pict3570

  この事故を通じて得たことは多岐にわたるが、それ以上に交通事故によるBLOG中断をきかっけに意を共にする仲間ができたことを今では自分の財産と思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.05.21

総合評価におけるCPD(継続教育)の点数

 先日、北海道開発局から入札公告された簡易総合評価方式の土木工事ですが、評価基準にCPD加点が盛り込まれました。

※CPDとは、継続教育のことを示します。 詳細は、こちら

【評価対象となるCPD実施団体と取得単位数】

 具体的には、下記3団体のCPDにおいて各実施団体が示す推奨単位数を満足していることが条件となります。

 (社)全国土木施工管理技士会連合会
     20ユニット/年もしくは100ユニット/年

 (社)土木学会
     5年間で250単位(年間50単位以上)

 (社)日本技術士会
     150CPD時間/3年以上かつ30CPD時間/1年間以上

 どの団体が効率的にCPD単位を取得できるか? 皆さんCPD加入団体を決める時に悩まれた方もおられる筈。 筆者は、(社)土木学会のCPDに加入。  (社)全国土木施工管理技士会連合会は、「受講証明書」などのエビデンスが必須。 虚偽申請はもちろんご法度ですが、(社)土木学会の方がCPDを取得できる機会が多いように思います。 むろん、技術士所有者は当然(社)日本技術士会ですね! 筆者の場合、取得CPD単位の承認は受けていませんが、過去1年間で75単位を登録しています。単位数が多いのは、CALSでの講師経験が多いことが一因です。

【簡易総合評価方式での加点】

 さて、CPDは簡易総合評価でどの程度評価(配点)されるか? 筆者の入手した入札公告では0.5点。 なんと意外と低評価。 筆者の目論見では、CPDの単位積上げには最低一年要することから1~1.5点程度と推測していましたが、0.5点とは低い。 この理由は、未だCPDの準備がされていない技術者の救済措置か? いずれにしろ、多忙の中、コツコツと積上げた自己努力はもっと評価して欲しいと思います。

【最後に】

 品確法施行時から評価項目として挙げられていたCPDが、評価メニューとして登場したのは評価できるが、0.5点とは少し寂しすぎはしないか? せめて、1~1.5点の加算点がないと会社挙げてのCPDの取組みに水をさすような気がします。
 本来は、自己研鑽のためのCPDですが、技術者個々の知識向上のモチベーション向上のためにもさらなる評価向上を願います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.05.20

超多忙に付き

 GW明けから超多忙で、BLOGの更新もままならない状態です。 実は今日の日曜日も悲しいながらお仕事です。なんとかあと1週間ほどで投稿を再開したいと思います。

 ところで、その前に10万番の切番が発生しそうです。100,000を踏まれた方はキャプチャー画面をメールで送っていただけるとありがたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »