« 札幌市の電子納品試行が始まる | トップページ | 「星に手のとどくキャンプ場」はポテンシャルが超高いキャンプ場なのだ »

2007.09.21

河川工事で試行「TSによる出来形管理」

 国土交通省で取組んでいるICT(情報通信技術)を用いた施工合理化、品質向上ですが、新たにトータルステーションを用いた出来形管理として『河川土工』の試行工事が始まります。基本的には、平成19年3月に公開された『道路土工』の出来形管理に準拠しているようですが、詳細は下記サイトをご覧下さい。

▼国交省記者発表
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/01/010914_.html

▼トータルステーションを用いた出来形管理 情報提供サイト(国交省 国総研)
http://www.gis.nilim.go.jp/ts/index.html

 国交省発表によると、今年度は全国4箇所で試行工事が行われ、その中には北海道での工事も1件含まれています。 極寒冷地でのトータルステーションでの出来形管理は、筆者にも大変興味深い話題です。

試行工事【北海道】
・工事名(所轄事務所)
 石狩川改修工事の内 東野幌築堤外工事(石狩川開発建設部千歳川河川事務所)
・全体工期(TSを用いた出来形管理期間)
 H19.9.20~H20.2.26(H19.11上旬~H20.1下旬)
・工事概要(施工延長及び盛土量等)
 L=800m、45千m3(盛土)

|

« 札幌市の電子納品試行が始まる | トップページ | 「星に手のとどくキャンプ場」はポテンシャルが超高いキャンプ場なのだ »

コメント

中国地方では技術提案で”TSによる・・・”で管理しているところが何現場か出ています。

しかし、管理方法次第では業者には大きな負担となります。
工事スタートから管理方法理解し、行動されたほうが良いでしょう。

あと、測量が分かっていない人はこの管理は難しいと思います。

投稿: もぐら | 2007.09.21 22:21

当社ではトータルステーションの買取をしておりますので、是非ブログに遊びに来てください★

投稿: 株式会社 エコランド | 2011.01.16 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/16451685

この記事へのトラックバック一覧です: 河川工事で試行「TSによる出来形管理」:

« 札幌市の電子納品試行が始まる | トップページ | 「星に手のとどくキャンプ場」はポテンシャルが超高いキャンプ場なのだ »