« 家族への気遣い | トップページ | 明日に延期の大運動会 »

2007.05.25

4文字拡張子にご注意

 2007年2月にWindows Vistaが発売され、まもなく約4ヶ月が経過しようとしています。

 筆者の勤務先でも2台のVistaマシンが稼動しており、いずれもOffice2007がインストールされていてますが、そのOffice2007で作成した4文字拡張子のファイルを社員共有のファイルサーバーに保存されているのを見つけました。

 Office2007の4文字拡張子
   ・Word2007ドキュメント .docx
   ・Excel2007ブック .xlsx
   ・PowerPoint2007プレゼンテーション .pptx

 いずれもXML化に伴う拡張子の変更ですが、まだ旧バージョンのOfficeが大多数の環境化において、4文字拡張子は異端児です。 従って、現時点ではOffice2007ユーザーが、下位バージョンのユーザーに対して可読性を保つ必要性があります。 つまり、長い物に巻かれなければ、ドキュメントの共有化は図れない訳です。

■対処方法 [Office2007ユーザー向け]

 ・互換モードでファイルを保存する

 互換モード互換モードの方法をダウンロード
 2007 Officeには、互換モードという新機能があり、以前のバージョンの Office との下位互換性を実現できます。 この新しいモードでは、以前のバージョンの Office アプリケーションで表示できない 2007 Office リリースの機能はすべて無効になります。
 また、バイナリ形式で保存したときに正しく変換できない機能も無効になります。 どの機能が無効になるかは、アプリケーションの種類と選択したコンテンツによって変わります。

■対処方法 [Office2003以下ユーザー向け] ※可読性の確保

 ・Microsoftの互換機能パックをインストールにより、開いて編集が可能

 上手に説明できませんが、Office2007のファイルをクリックすると、筆者使用の2003からメッセージが出て、互換機能パックのインストールができました。 しかしながら、2003でファイルを編集後に2007にリリースされた機能は無効になると思われます(要確認が必要)

電子納品における4文字拡張子の問題点

 標準化が大前提の電子納品では、4文字拡張子のファイルはNGです。

参考:「電子納品要領(案)H16.6月

 ごく近い将来にOffice2007がディファクトになります。 それに合わせて電子納品要領も柔軟に対応されることと思いますが、それまでの間は、3文字拡張子にこだわって、社内の多数派であるOffice下位バージョンユーザーの可読性確保に努めましょう。

|

« 家族への気遣い | トップページ | 明日に延期の大運動会 »

コメント

こんにちは。現場主義さんからながれてきましたすぎすぎです。四文字拡張子はUNIXでは認識できないので、要領案が変更されることはないと思います。それより電子納品の運用すらままならない現状では、特に国交省はひどい状態ですが、電子納品そのものの継続について、真剣に検討されるべきだと思ってます。

投稿: すぎすぎ | 2007.05.30 05:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/15189438

この記事へのトラックバック一覧です: 4文字拡張子にご注意:

» youtubeでダウンロード [youtubeでダウンロード]
youtubeでダウンロードできるものについて調べたり、無料や有料でダウンロードできるものを調べたりしている私です。なにか参考になればいいけど、時代に取り残されそうです・・。 [続きを読む]

受信: 2007.05.25 15:00

« 家族への気遣い | トップページ | 明日に延期の大運動会 »