« チャンピオンフラッグの下で | トップページ | 札幌市中央区で汲める仕込み水 »

2007.03.22

新幹線顔ってなんだ?

 2012年の開業に向け、北海道の工事が進行しています。

 まだ、筆者が小学生の頃に夢見た新幹線の北海道乗り入れがあと数年後に迫っています。 しかし、現工事は函館止まり。 北の大都市札幌まで延伸しなければ、新幹線の十分な効果は得られません。

 具体的には新幹線が札幌まで延伸すると、東北・関東がぐっと身近な土地になります。

 札幌からの所要時間(360km/h運行の場合)
  →新函館 45分(現在、特急3時間22分)
  →新青森 1時間19分 ねぶたが気軽に観に行ける
  →盛岡   1時間58分 冷麺とわんこそばを日帰りで楽しめる
  →仙台   2時間35分 気軽に楽天戦でのファイターズ応援が可能
  →大宮   3時間34分 大宮アルディージャとの試合観戦
  →東京   3時間57分(空路の場合4時間程度 空港での待ち時間40分とする)

 札幌駅から東京駅までの場合、飛行機だと4時間程度かかるので、新幹線と空路は競合する。 その場合、空路は運賃で有利な設定にすると思われるが、時速300kmからの北海道とみちのくの車窓は壮観なことマチガイナイ。 日本を南北に縦走する約1000kmの道のりから見る車窓は、新幹線の大きなと強みとなるだろう。 季節によっては、山々の新緑や紅葉を楽しめる。わずか4時間の間に、車窓の季節が変化するのは大きな魅力です。

 その北海道新幹線を札幌まで延伸する北海道新幹線大使として、北海道日本ハムファイターズの森本稀哲選手が選ばれました。

 早速、そのホームページを覗くと・・・・・・

 新幹線ヒチョリ選手激似!

Pic01 Pic02
写真:
北海道新幹線WEB

 キャッチコピーも「ひちょりよりふたり」、「みんなの熱意が北海道新幹線を加速する」ときたもんだ(笑)

 この記事の最後の締めですが、1998年開通の青函トンネルをフルスペックで活用する高速陸路の早急な着工と開通を私たち北海道民は夢みて待ち焦がれているのはマチガイナイ。

|

« チャンピオンフラッグの下で | トップページ | 札幌市中央区で汲める仕込み水 »

コメント

うひゃひゃひゃひゃ!
ナイスセンス!!ですね、画像も、コピーも。

そうですか、アルディージャとの試合観戦ですか。
あれ、お宅様はJ2では?
(敢えて浦和と書かないところが・・・)
あ、そうか!天皇杯のことだったんですね。
それとも、新幹線が開通する頃には、どちらも同じリーグに
いるということ?
(なーんだ、練習試合のことだったのか。)

投稿: どぼん | 2007.03.22 11:28

ひちょりよりふたり・・
なんというすごいキャッチコピーなんだろう。

北海道新幹線を無駄という人が大変多いのが悲しいですよね。あんなに便利で安全な乗り物は無いのに・・
確かに巨額の建設費用が掛かりますが、その経費よりも開通したときのメリットのほうがはるかに大きいでしょう。
均等な国土の発展のためには北海道新幹線の早期札幌延伸は国策としてぜひやって欲しいものです。
その次は旭川までの延伸ですね(^^;

投稿: カルゴン | 2007.03.23 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/14339116

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線顔ってなんだ?:

« チャンピオンフラッグの下で | トップページ | 札幌市中央区で汲める仕込み水 »