« 工事書類の簡素化 今度こそ確実な実現を願う | トップページ | チャンピオンフラッグの下で »

2007.03.16

円盤をデジタルに変換する

 最近、仕事が忙しくて込み入ったことを書けません。
 残念です。 そんな中、今日はCALS斬りっ!としては、珍しい話題を記事にしました。

---------------------------

 筆者が学生の頃(昭和50年代)の円盤といえば、空飛ぶ円盤(UFO)または、アナログレコードのことを指していました。

 空飛ぶ円盤といえば、アダムスキー型、葉巻型等が代表的ですが、今日の話題とは関係ありません(笑)

 昭和生まれは、アナログレコードに想いがある

 筆者も若かりし20台頃までは、自称オーディオマニアで、いつかは自宅地下室にJBLパラゴンなど、海外有名メーカーのステレオをずらりと並べたオーディオルームを作るのが夢でした。 しかし、当時は学生=貧乏でいつかはという夢も何処かへ忘れていました。 十分大人になった今でも、夢はかなっていません。 というか贅沢品への消費は無理な状態です。

 そんな中、日経BP総合を覗いたら、レコード音源を簡単にデジタル化できるミニコンポの記事が載っていました。 このコンポは、レコードプレーヤー、CDプレーヤー、FM/AMラジオと、USB端子とSDスロットを搭載して、レコードとCDの再生音をUSBフラッシュメモリーやSDメモリーカードに録音できる。 

 アナログレコードのデジタル化作戦にはうってつけ!

 以上の機能で、実売予想価格は1万9800円前後。

Audio20070312a

 アナログレコードの音質に重要なファクターであるカートリッジ(いわゆるレコード針部分)は、価格相応と推測できるが、

 手持ちのレコードを安直にデジタル化するのであれば買いであろう! 

 筆者も昭和生まれの仲間を集めて買いたいものである。

|

« 工事書類の簡素化 今度こそ確実な実現を願う | トップページ | チャンピオンフラッグの下で »

コメント

あ~これは激しく欲しいです。
アナログレコードが押入れに眠ったままなので・・

投稿: カルゴン | 2007.03.16 09:15

就職が決まって故郷を後にする時、愛着のあるLPレコードを、
想いを込めて親友に預けました。
ひょっこり親友宅を訪ねて、一緒に聴いてみたいものです。
だけど、ステレオはもう処分しちゃってるだろうな。
もしまだあったなら、喜し狂ってしまうことでしょう。

このコンポでは、当時の音は出ないんだろうな。
「安直にデジタル化・・・」という言葉の意味が
よーくわかる気がします。

投稿: どぼん | 2007.03.16 09:16

>カルゴンさん
デジタル化するという目的で共同購入しませんか。仲間を募って!

>どぼんさん
当時の音はこのシステムでは無理でしょう。カートリッジもスピーカーもこの値段ではしょぼい筈です。
このオーディオ機器は、リスニングではなく、ダビング機器と捉えた方が適切でしょう。ユーザーの大部分もダビング(デジタル化)が目的だと思います。

デジタル化して、車の中でガンガン鳴らしましょうよ!

投稿: だいひまじん | 2007.03.16 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工事書類の簡素化 今度こそ確実な実現を願う | トップページ | チャンピオンフラッグの下で »