« 背番号1のあの人 | トップページ | 一太郎ビューア »

2007.02.07

東区にある唯一の山

 札幌市東区のモエレ山。 区内唯一の山です。 ここの山はゴミ捨て場の跡地に盛土等により造成した山で、イサムノグチ氏デザインにより約20年近くの歳月を経て、平成17年にグランドオープンしました。

ところで、そのモエレ山の正確な位置(緯度、経度、標高)が決定との発表がありました(国土地理院北海道地方測量部)

----以下、発表文----

 国土地理院は、平成19年1月9日、モエレ沼公園※(札幌市東区)のシンボルであるモエレ山に、札幌市の協力を得て、二等三角点「当別太」の標石を設置し、GPSを使用した測量により、正確な位置(緯度、経度、標高)を決定しました。

 三角点には、モエレ山を訪れる市民の方などに三角点について理解を深めていただくため、三角点を中心とした直径2mの円形状モニュメントを設置しました。

 モニュメントには、東西南北の方向がわかるよう、東・西・南・北を示す方向線が入ってます。また、札幌市内にある三角点の配置が一目でわかる概略の位置図や三角点設置の経緯や意義などについての説明を表示しています。

 二等三角点「当別太」は、明治43年にモエレ山の東方約1Kmに設置され、この間、様々な測量の基準として使用されてきました。しかし、近年、三角点周囲の状況も変化し、利用しにくい環境になったため、見晴らしが良く、利用しやすいモエレ山に移設しました。

下の写真は、ガラスのピラミッド[2007.2月 撮影]

Pict5483 二等三角点「当別太」の決定した位置
 緯度:北緯 43度 7分19.5秒
 経度:東経141度25分33.6秒
 標高:61.7m

記者発表
http://www.gsi.go.jp/WNEW/PRESS-RELEASE/2007/0119.htm

モエレ沼公園
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/

|

« 背番号1のあの人 | トップページ | 一太郎ビューア »

コメント

日経コンストラクションで見ましたが、
ガラスのピラミッドって冬になるとこんな景色なんですね。
ガラスは持つのですか?

暖かいときに見に行きたいものです。

投稿: 主義 | 2007.02.08 08:16

モエレ沼公園って素晴らしい施設ですね。
海、ビーチ、ピラミッド・・・
ここってほんとに北海道なんですか?

萌えれ山という言葉が、頭から離れなくなってしまいました。

投稿: どぼん | 2007.02.08 09:31

ここでも萌え系の話になりますか。
(別に深いわけはありません)
でもなんでこんなに北海道は観光名所が多いの!
楽しみだ。

投稿: もぐら | 2007.02.08 20:36

>主義さん
北海道の雪は軽いのでガラスは大丈夫だと思いますが、建物内部を覗いたら、以外と単純構造でした。


>どぼんさん
良くぞ気がついてくれました! 萌え~れ山
ここは指定管理者制度の施設ですが、玄関で「お帰りなさい」をここの売りにできそうです(笑) 

>もぐらさん
札幌の南西部には、萌えわ山もあります。
http://www.sapporo-dc.co.jp/moiwa/index.html

投稿: だいひまじん | 2007.02.08 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/13612924

この記事へのトラックバック一覧です: 東区にある唯一の山:

« 背番号1のあの人 | トップページ | 一太郎ビューア »