« 測量用語の基礎知識 | トップページ | にせ物はど~れだ? »

2007.01.21

えっつ・・・初体験! で、お味は?

 週末のローカルネタ、地元北海道新聞の記事です。

 「じゃがポックルの売れる理由」(2006.1.11朝刊)
 要約するとこうだ。

 2002年にじゃがポックルの前身ピュアじゃがを発売。北海道のジャガイモ本来の新鮮な味わいで、仕入れ業者の評判は上々。全国各地の客室乗務員に試供品を配って、口コミでのPRとアンケートを実施。その結果、名前を現在のじゃがポックルに変更。併せて、サクサク感を出すなど、改良を加える。

 それと、パッケージを今のような平らな箱に変更。その他、北海道のスター大泉洋のドラマ出演時と併せて2004年7月頃から爆発的に売り上げが増加。現在は、発売当初の15倍の生産量とのこと。

 そのじゃがポックル北海道内の人は以外と知らない人も多い。現に筆者も昨年秋に初めてその存在を知った。その後、市内で探すがなかなか見つからない。そこで、この商品の人気を知った。

Pict5321  先週金曜日に自ら聞き取りした情報を頼りに市内の某お土産店でじゃがポックルを発見! 買い物のあと、車に乗るなり食べてみた。残念ながら一袋目ではその味に感動を覚えなかったが、やはりお化け商品。 帰宅後に妙にその味が気になり再び食べた。 再食すると、旨い!

 じゃがポックルの発売元のカルビーのヒット商品かっぱえびせんも、あの絶妙な長さ、塩がまぶされる筋の形状は、美味しさを計算し尽くした結果だ。

 じゃがポックルが、北海道のお菓子の代名詞となる大いなるポテンシャルを秘めている製品だと感じた。

|

« 測量用語の基礎知識 | トップページ | にせ物はど~れだ? »

コメント

私は、手に取ったその箱の大きさから、長~くてでっかいお菓子なんだろうなって想像しておりました。
まさか、内容物は、6つ(でしたっけ)の小袋だとは知らなかったのです。
ですから、私が来るべき日に備えて、この箱を大切に保管していたのにもかかわらず、知らぬ間に子供たちに盗み食いされてしまっていることにも気づきませんでした。(封を開けた痕跡がわかりにくいのです)
大威張りで家族を従えて開封の儀式をしたところ、中には小袋が2つだけ。
私がおいしさに感動するには、最初の一口で十分でした!

投稿: どぼん | 2007.01.22 09:44

>どぼんさん
実は、初めて入手できたうれしさで、社員に2袋配ったところ、なんと2本食いする者が・・・。愕然としました。 
「それNG! 1本食べたあとは1分のインターバル。ゆっくり食え」ゆっくりと味わうのがじゃがポックルの真髄だと思うんですがねぇ~

量が少ない割りに高いので、これは大人のお菓子と決めた方がいいような気がします。

投稿: だいひまじん | 2007.01.22 10:00

>それNG!
分かります。「味わって食べろよな!」と子どもに言いました。

貴重な”じゃがポックル”を我が家では昨年2箱食べました。
(私は中の1袋のみです)
実は1箱めはこんなに貴重とは知らず、「うまいな~」とバクバク食べていました。
2箱目は正月に親戚一同で味わいながら食べました。

投稿: もぐら | 2007.01.22 13:42

ははは。
ポッキーやプリッツの3本つかみ禁止!と同じことですね。
(つい3本つかんでしまいませんか?)

大人のお菓子案に賛成!
せめて箱には、「一本300回(肩たたき)」と書いておいてほしいですね。(グリコか!)

投稿: どぼん | 2007.01.22 13:44

>もぐらさん
じゃがポックルは、大人の秘め事的スナック菓子なのは間違いないです。ですから、R15指定菓子としましょう。
若年層は、見てはいけない、買ってはいけない、まして食べてはいけない! 北海道ではそのような条例を制定します。買う時には身分証明書見せろってね(笑)

>どぼんさん
実は、じゃがポックルを大人買いしたんです。
お一人様2個までの限定販売だったので、妻と娘を連れて行ったんです。結果、9時半の開店時間に6個買いました。しかもクレジットカードで(笑) 〆て5040円なり!

大人買いでしょ~ ^^;

投稿: だいひまじん | 2007.01.22 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/13606161

この記事へのトラックバック一覧です: えっつ・・・初体験! で、お味は?:

« 測量用語の基礎知識 | トップページ | にせ物はど~れだ? »