« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006年12月17日 - 2006年12月23日

2006.12.23

サンタがやってくる

 小学生の2人に1人がサンタクロースの存在を信じている。 これは今年11月に首都圏で行った調査結果です。

 サンタクロースを信じている 男子49.9%、女子51.9%

 「信じている」の学年別内訳 1~3年生72.0%、4~6年生27.7%

 「信じている」の変化具合 男子 2年生74.4% → 3年生48.7%
                   女子 3年生64.1% → 4年生35.0%

 アンケートの結果、男子は3年生、女子は4年生になるとサンタ信じ度が急降下。 兄姉がいる子供ほど早い時期にサンタ=父母の図式にたどり着いています。

 小3女子の父親として筆者は、今年もサンタがやってきたと信じさせる一工夫(ベランダに足あとをつける等)も必要。 でも、そろそろサンタの存在に疑問符を持って成長して欲しいのも親心。 イブの夜は一人で寝ると宣言している娘。 この機会に少しずつ親離れして欲しいと思うのであった。

 今年のサンタさんからのプレゼントはこれです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.21

人間の能力

 今日は、以前某会議で出された資料を紹介したいと思います。

 この資料では、同類親和の法則で似た者同士が集まり、それらの集合体がマイナス思考の者ばかりだとドボンしちゃうよという簡単なことを伝えていますが、含蓄がある文書なので、あえて紹介さえていただきます。

 人聞の能力には大きな格差があると考えがちであるが、その差とは能力の格差ではなく意識の格差である。 意識の格差とは人生観の格差でもある。 自分の将来に明確な目標を抱いている者は、自己を成長させようとする意識が確立しているから何事においても前向きである。 しかし、マイナス思考の意識をもっている者は、将来の人生目標が描けないから中途半端な行動しかできないのである。 人生に目標がない者は、過去に体験した範囲でしか判断できないから前向きになれない。

 人間には同類親和の法則というものがある。「自分と同じレベルの者同士が交わる」という法則である。 後ろ向きの考えをしている者は、後ろ向きの考え方をした者同士で交わるから人生、経営にも失敗して後悔する。 人間集団である会社、家庭、学校などにおいては、前向きなところには前向きな人が集まり、後ろ向きなところには後ろ向きの人が集まるのである。

管理人より
 上記文書の出典元が明らかでないため、サイト掲載について問題がある場合は記事を削除します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.19

写真加工検出機能付きのBIGJOB

来年1月13日、工事現場用デジタルカメラ「FinePix BIGJOB HD-3W」 が発売になります。

発売元は富士フィルム。

新機能として特筆するべきは、

         画像加工 検出機能!

 撮影時に「画像加工検出」をONにすると撮影した画像を暗号化して記録。添付のソフトにより、加工の有無を確認するとのこと。この機能をOFFにすることもできるので、現場に合わせた使いこなしも可能となっています。

 昨冬、工事写真の改竄が問題になってから約1年。 この事件を受けて『デジタル写真管理情報基準(案) 国土交通省  平成18年1月版』では、「写真の信憑性を考慮し、写真編集は認めない。」と明文化されました。

 今なら創意工夫として「写真改竄の防止方策」報告できますね。

 工事用カメラを更新するときには要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CALS/EC MESSE 2007日程発表

先週、CALS/EC MESSE 2007のシンポジウム&セミナー日程が発表されました。

Constitution_p01

セミナーは下記3種類
(当サイト記載の図表並びに説明文はCALS/EC MESSE 2007より引用)

(継続教育について)
各セミナーは「CALS/EC資格制度」の継続教育の評価対象講習会で、任意の3講座以上の受講により、「更新講習など継続教育取扱要領 別表1の科目(2)」として10ポイント相当に評価されます。

先進/導入事例セミナー
 建設分野における先進的なIT活用事例/研究事例や、情報共有などのCALS/ECへの対応を図る中で実現した“実際の業務において効率化できた事例”を紹介するセミナーです。
1.25
[THU] 会場:TFTホール300│定員:180名

S-1
10:20~10:50
「簡易施設データベースシステム」の構築について
国土交通省 近畿地方整備局
港湾空港部 港湾物流高度化企画官 大月 克己
S-2
11:00~11:30
電子納品における工事検査と日々の打合せ簿整理について
-佐賀河川総合開発工事事務所での取組事例-
国土交通省 九州地方整備局
佐賀河川総合開発工事事務所 調査設計課 技官 片渕 公淑
S-3
11:40~12:10
GISを活用したCADデータのリサイクル
-下水道台帳情報システム(SEMIS)の利用-
東京都 下水道局
施設管理部 管路管理課 施設情報管理係 主任 梶井 暁子
S-4
12:20~12:50
ここまで来ている自治体におけるGISの活用
-複数の注目事例の紹介-
(財)日本建設情報総合センター GIS研究部 次長 平井 政二

実務者セミナー
 現場の実務者を対象に役立つ情報を提供するセミナーです。
1.26 [FRI] 会場:TFTホール300│定員:180名

J-1
10:30~11:00
780現場に聞いた電子納品の現状
(社)日本土木工業協会
公共工事委員会 CALS/EC部会 運用課題WGリーダ 豊田 哲也
J-2
11:30~12:00
建設現場で使えるIT活用テクニック
(社)東京建設業協会
IT研究会 委員 浅賀 泰夫
J-3
13:00~13:30
電子納品における受注者の苦労と工夫
(社)建設コンサルタンツ協会
情報部会 CALS/EC委員会 委員 花田 眞吉
J-4
14:00~14:30
電子調達における入札参加者の苦労と工夫
(社)建設コンサルタンツ協会
情報部会 CALS/EC委員会 委員 市場 嘉輝
J-5
15:00~15:30
地質情報の利用に向けて
-Web-GISの普及活動と資格制度導入-
(社)全国地質調査業協会連合会 情報化委員会 委員 得丸 昌則
J-6
16:00~16:30
公共測量と電子納品
国土交通省 国土地理院
企画部 測量指導課 課長 下山 泰志

CALS/EC入門セミナー
 CALS/ECの市町村への展開を考慮して企画するCALS/EC初心者向けセミナーです。
1.26[FRI] 会場:TFT東館9階 905室│定員:80名

N-1
10:20~10:50
「1」からわかるCALS/EC
(財)日本建設情報総合センター
CALS/EC部 主任研究員 奥田 暁
N-2
11:00~11:30
「1」からわかる電子入札
(財)港湾空港建設技術サービスセンター
研究第一部 主任研究員 繁里 孝弘
N-3
11:40~12:10
「1」からわかる電子納品
(財)日本建設情報総合センター
CALS/EC部 主任研究員 日比野 繁信

上記いずれも先着順での受付です。

現時点でのCALS/ECの評価並びに今後の展望等、情報盛りだくさんですので興味のある方は来場されてはいかがでしょうか。

Pict2873 Pict2877

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006.12.17

『Priea(プレア)』から写真が届いた

先週お知らせした無料L版プリントサービス Priea

その写真が届いたので、簡単にレポします。

 一番気になるスポンサーのロゴ等の大きさ。すなわち目障りにならないかということからのレビュー。

■レビュー■
・ロゴタイプ(写真左下参照)は、左隅のロゴは気にならない。 素人見解だと宣伝効果少ないかも?
・ハーフタイプ(写真右下参照)の写真は、広告面積は半分と大きいが、注文の祭にスポンサーを選べるので、写真にマッチしたスポンサーを選択すれば画像とのマッチングが図られる。
・色合いは、80点かな(少し辛口ですが)。 印画紙使用のため経年劣化に耐えられると思います。
Pict5012

Pict5016  Pict5018

今回、初めて注文しましたが、なにせ「無料」

次回も注文に値するサービスだと思います。 現場写真を撮影して現場近くに配布するのも利用方法の一つかもしれませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »