« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »

2006年11月19日 - 2006年11月25日

2006.11.25

ばばあのレストラン

 先日お知らせした「ばばあのレストラン」に行ってみました。時刻は18時過ぎ。当日の札幌市内は雪模様。Pict4783
 サッシを開けて店内に入ると、奥の調理場から年配の女性店員が登場。 筆者がメニューの弁当を品定めして、店員さんに聞いてみた。Photo_14

筆者
「どれが早くできますか?」

店員返答
「うちはどれも時間がかかるんですぅ~。」

 おお、チラシ通り(ばばあですので、お時間がかかることがありますのでご了承下さい。)のご返答。
 で、メニューに迷っていると、「うちのザンギ弁当ボリュームありますよ!」とのお声がけでザンギを注文。(ザンギとは、鶏のから揚げのこと。北海道ではザンギで通用します)

 奥では、調理の方が別にいる模様(あとで息子さんだと気がついた)。
 ここで、店員さんに、ここのお店が気になった理由を説明。
 
筆者
 「ずいぶんインパクトのあるお店の名前ですが、ばばあはどなたなんですか?」
店員
 自分を指差す 「私です。」
筆者

 (少々納得しながらも)「なぜ、ばばあなんですか? まだお若そうですが?」
店員改め、ばばあ
 「孫もいるんですぅ。」

筆者
 「そうなんですか・・・(汗) ここのお店の名前、通る人を引きつけますね。 逆にお客さんが(ビビッて)退いちゃったりして。」
 ばばあ
 「・・・・・・?」

 チョッとわかりづらいユーモアに会話も途切れてしまったので、来店の目的であるBLOGへの掲載をお話し、店内の撮影許可をもらしました。

筆者
 「悪いことは書きませんから」

ばばあ
 快く了解。

 店内に入ってから気になっていた要所を撮影。 その中でもナンバーワンは、調理場ののれんに掲げられている
               ばばあの出入口 やられた_| ̄|○

 さらに、追い討ちをかけるようにかかげてあるばばあの小言

 じかんたっぷり

 あいじょうたっぷり

 かんしゃたっぷり     ばばあより

 はめられた。店名もさることながら、店内もそれに負けないほどのディープインパクト! やばっ
Pict4789

 弁当ができる間、暖かい番茶もいただき、できあがったザンギ弁当もボリュームタップリでとても美味しくいただいたことを付け加えておきます。 ばばあが見たければ一度来られるがヨロシイ そういう暖かなお店でした。

  最後にやさしそうなばばあの笑顔には、ばばあのイラストの面影がありましたばばあ

 ばばあのレストランレポおしまい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.22

ディープインパクト

 ディープインパクト。 小惑星が地球に追突する映画ではありません。 もちろんサラブレッドの名前でもありません。

 札幌市中央区石山通り沿い。 10月13日(金)に開店したお店。 これほどまで、強烈かつ印象的なお店を筆者は知りません。

        Photo_13

 偶然通りかかりに、この店を発見した時、そのあまりにも強烈な店名に茫然自失
開店のチラシに書かれた、店名のショックにさらに追い討ちをかける言葉。

私ども『ばばあ』はおいしいものを食べることが大好きです。

そこで私たち ばばあは、お客様ひとりひとりを自分の息子・娘・孫と思って、こだわったおいしい物をご提供させていただきたいと、この度開店することとなりました。
是非ご来店下さいませ。

 さらにダメ押しの一言が・・・・・・・・

※尚、ばばあですので、お時間がかかることがありますのでご了承下さい。

Photo_15 

やられた。これほど強烈なコピーには最近お目にかかっていない!

でも、店に入るのにはかなりの勇気が必要!

週末にトライしてみます。

商品:お持ち帰り弁当、惣菜(店内に食事コーナーもあるとのこと)
場所:札幌市中央区南24条西11丁目石山通り沿い
開店時間:AM11時からPM7時
定休日:日曜日

近くまで行けば絶対に迷いません。必ず目に飛び込む超ディープなインパクト

シンジラレナ~イ

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006.11.21

「魅惑の北海道セット」WEBだけじゃつまらないっ!

 最近の建設ブロガーで話題となっているご当地グルメ。 建設総合ブログさんを通じて(以前からという方が正しいかも)知り合ったブロガーさんに北海道日本ハムファイターズの日本一を記念(後付けの理由ですが)してささやかな北海道の味覚を送らさせて頂きました。

 本日届いたもようです。

 グルメBLOGサイト 見附主義さん
   今回初めてB級グルメが登場!

Photo_7

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006.11.19

日ハム優勝パレードで活躍した土木機械

 昨日、札幌駅前からススキノにかけての約1.3km。駅前通りで行われた北海道日本ハムファイターズ優勝パレード

 筆者は、家族と午前7時半(パレード開始3時間半)に一番多く紙吹雪が舞う南一条交差点前で待機。 午前8時の通行止めから20分ほどして所定の位置にバリケードが設置され、持参のチビイスに座りながら、周囲の方々と談笑。 そこで仲良くなった方は、帯広から観に来られたとのこと。 まさしく北海道の名にふさわしい集客ぶりです。

Pict4716

Pict4723

 パレードは、11時に札幌駅を出発。 時速約2kmでススキノへ南下。 筆者の観戦ポイントへは11時20分頃に通過。 スカイバス2台を含めたパレードの列は、ビルの屋上からの1t以上の紙吹雪に包まれて、きれい、すばらしい、大感激!
これ超えるこれ以上形容詞があれば教えて欲しい
     すばらしいの一言
(ホント感激しすぎて書き様がありません)
 選手の皆さんもすばらしい笑顔で、沿道に集まった14万3千人、そしてビルの窓から手を振っていた人も合わせて約15万人に最大級の感謝をしていました。
 本当に大感激でした。わずか10分ほどの車列でしたが、涙腺もゆるむ大感動を満喫しました。

Pict4740

なんと、市民が自主的に紙吹雪を片付け始めた!

 パレードの演出に不可欠な紙吹雪。 日之出ビル前の歩道上は、その膨大な量から路面が見えないほどの紙吹雪で埋め尽くされていました。 これをボランティア3000人で清掃するにはあまりに酷。 そうするとパレードの観戦を終えた市民総出の紙吹雪の収集が自然に始まったではありませんか。 中には、来年のために紙吹雪を袋に入れているおばさんもいましたが、多くに市民が、腰を低くして、中には歩道にひざを付いての紙吹雪収集。 パレードに最大級の感動をしたのですが、このあと片付けの様子に、再度感動。 筆者もだれに指示されるでもなく、必然的に紙吹雪の収集に身を低くしていました。

Pict4745 

 さて、パレード終了後は車両通行の開放もスムーズに行わなければなりません。 そこで、登場したのが道路清掃用のスイーパー。 あらかじめ車道路面を散水後、4台が並列になっての走行。 社会のお役に立っている建設マン。 これにも妙に感動。

Pict4750

Pict4749

 偶然にも11月18日土木の日に行われた日本一パレード。 そこでパレードの成功を祝うがごとく清掃作業に携わる建設マン。 建設産業の必要性を垣間見た祭りの跡でございました。
Pict4756

※掲載写真のEXIFには、緯度経度情報が付加されています(清掃後の写真除く)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »